フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■今日の1曲 [Battles] | トップページ | ■ファイナル・デッドコースター [映画] »

2007.04.17

■雨宮一彦の帰還 [小説 MPD-PSYCHO編]

雨宮一彦の帰還―多重人格探偵サイコ
大塚 英志/著『多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還』(2003)角川文庫

刑事・笹山徹が小学生の時の家庭教師・焰妖子、彼女は連合赤軍のメンバーだった。
20年以上拘置所に留置され、翌日死刑が確定する彼女が笹山に託したのは「ルーシー7の七人目を捜して。そして左目に痣があったら殺して」…サスペンス

またしてもダラダラと読んでしまった小説版。
P169「これはミステリー小説ではないからだ。真実を記録する物語としてのみこの小説はあるからだ。」と記されている通り、感情移入もできず、先を読みたいという気持ちもわかなかった。
この本がドラマ版の原作となっているようで、小6の笹山が「ヨーコねえちゃん」と言っても、頭に浮かぶのは大杉漣の姿ばかり。
でも、永田洋子ってこういう立場の女性だったと初めて知った。

内容的には上野、渡久地、田辺、村田らの関係やルーシー7、コミックス版第1巻で雨宮が伊園犯罪研究所から姿を消していた間の行動について書かれている。
相変わらず、捜していた人物が偶然身近な人物と繋がっているという、確率的にはあり得ないスケールの狭さなんだけど、類は友を呼ぶ的なバーコードが惹き合っていると思い込むしかない。

同時収録されている『渡久地菊夫の失敗』はマーク・チャップマンが愛読していたらしいサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を書店で買って、都庁へ向かう話。この先はコミックス版第4巻になるのかな?

この先、『多重人格探偵サイコ』関連の本を読む気が失せたので、DVDで終わりにしようと思っている。

« ■今日の1曲 [Battles] | トップページ | ■ファイナル・デッドコースター [映画] »

多重人格探偵サイコ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/14716841

この記事へのトラックバック一覧です: ■雨宮一彦の帰還 [小説 MPD-PSYCHO編]:

« ■今日の1曲 [Battles] | トップページ | ■ファイナル・デッドコースター [映画] »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ