フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■Last.fm Software [音楽] | トップページ | ■今日の1曲 [Eskju Divine] »

2007.02.20

■小林洋介の最後の事件 [小説 MPD-PSYCHO編]

多重人格探偵サイコ 小林洋介の最後の事件
大塚英志/著『多重人格探偵サイコ 小林洋介最後の事件』(2003)
角川文庫

恋人の復讐の為に、犯人を射殺した刑事・小林洋介。その時から彼は小林を失い、雨宮一彦/西園伸二の2人の人格となった。
懲役7年の実刑判決を受けてT刑務所へ収監され、そこで出会った奇妙な人々とのやりとりと伊園磨知との出会い…サスペンス

角川スニーカー文庫『多重人格探偵サイコ1 情緒的な死と再生』(1998)、講談社ノベルス『多重人格探偵サイコ 小林洋介の最後の事件』(2002)を加筆・訂正した文庫版。

漫画『多重人格探偵サイコ』をより詳しく大江公彦が語る<行きて帰りし物語>(←ホビットかよ)
島津 寿はいかにして殺人者となったのか。
死体に書かれていた番号の謎。
雨宮一彦の刑務所生活。
等が、時間軸をバラバラにして書かれている。
で、ネットワークの中の人物は…彼だと思っていたのだが。

最初の方は説明が多く、感情移入できるような内容ではないので、夢中にはなれなかった。でも、漫画よりも、個性がハッキリしていて、それぞれの登場人物の区別がつきやすいのが良かった。薄くて読みやすいので、他の小説も読む予定。
それと印象的な文章かいくつかあり、<人の死を想像できない彼らは殺人犯となった>。世間のいじめ問題も、どうなるか想像できない者がやっているのであろう。

« ■Last.fm Software [音楽] | トップページ | ■今日の1曲 [Eskju Divine] »

多重人格探偵サイコ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/13991400

この記事へのトラックバック一覧です: ■小林洋介の最後の事件 [小説 MPD-PSYCHO編]:

« ■Last.fm Software [音楽] | トップページ | ■今日の1曲 [Eskju Divine] »