フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ペチカ [レストラン] | トップページ | ■2006年末 »

2006.12.29

■Keane [00s Britpop]

アンダー・ザ・アイアン・シー -深海-
KeaneUnder the Iron Sea』(2006)Universal

イギリス・サセックス州バトル出身、スリー・ピース・バンド“キーン”。
初期は4人組だったが、1人脱退した為ギターレスとなり、ピアノ・ロック・バンドと呼ばれている。
1st『Hopes and Fears』でメジャー・デビュー、2年振りの2nd『Under the Iron Sea』はメランコリックな前作よりもポップになっている。

Atlantic」不穏なイントロで憂鬱感が漂うが、次第にドリーミーなKeane worldへ突入。
Is It Any Wonder?」おぉ、これがKeane? モリッシーかよとツッコミたくなるキャッチーさ。PV監督はケヴィン・ゴドレイ(ex. 10CC/Godley & Creme)、ジェット・コースターに乗ったカメラで撮影される3人、U2みたい。
Nothing in My Way」やっと上ずった声で美メロを丁寧に奏でるKeaneらしくなって来た、MySpaceでじっくり聴ける。

わりとアップテンポの曲が多いが、鉄の海の下でもがく青年の不安も感じられる。どの曲も良いけど、「Crystal Ball」やっぱ歌いたくなるよね、オー クリスタボー♪
国内盤のボーナス・トラックも口ずさめる楽しい曲。

今回初めてライナーを開いたら“プレゼント・キャンペーン”があった、とっくに締め切り過ぎてるよー

« ■ペチカ [レストラン] | トップページ | ■2006年末 »

音楽 2000年代」カテゴリの記事

コメント

Keane もファーストアルバムがヒットしすぎましたね。セカンドアルバムは産みの苦しみを経験したのではないでしょうか。だいぶ雰囲気が変わりましたよね。もちろん、本質的に良い所はあんまり変わっていないですけれど。

この調子だと、3作目はすごく期待できそうな気がします。

今年もブログ記事を楽しませてもらいました。来年も楽しみにしています。良いお年を。


Keaneの1stは今考えると同じような雰囲気だったかもしれません。2ndはポップ傾向ですが、1stのKeaneらしさもあり、聴けば聴くほど好きになってきました。何と言っても口ずさめるところが良いです。ある時ふと、そのフレーズが甦って来て、何年も思い出せるのでは無いかと思います。
>3作目はすごく期待できそう
そうですね、今度はどうなっているのでしょう。ヒップホップだけはゴメンです(笑)
こちらこそ、taknomさんには色々な知識を授けていただきました。今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/13257848

この記事へのトラックバック一覧です: ■Keane [00s Britpop]:

« ■ペチカ [レストラン] | トップページ | ■2006年末 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ