フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■Live音源 [Bardo Thodol] | トップページ | ■写真 [どんと] »

2006.11.21

■写真 [YBO2]

北村昌士 北村昌士 ←クリックで拡大
Tさんから貰ったテープを聴ききれないので同じく彼女から貰った、『FOOL'S MATE(フールズメイト)』初代編集長/トランスレコード主宰者/YBO2等々のバンドで活躍していた故・北村氏の生写真をどうぞ~

« ■Live音源 [Bardo Thodol] | トップページ | ■写真 [どんと] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

北村さん、カッコいいよね。昔から、寂しいオーラを発する視線、線の細い美形。ファンでした。

カッコいいですねー 音楽は怖い物がありましたが、その訳の分からない魅力に憑りつかれて何度かライブに行きました。
実を言うとライナー読まない方なので、北村氏の文章覚えてませんが、顔はしっかり覚えてます。久しぶりにこの写真見つけましたよ、10年ぶりくらいかな?

実は北村さんとかYBO2とか今回初めて知ったんです。フールズメイトの誌面からはもっとむさくるしい文学的な感じなのかと思ったのですが、なんとかっこいいですね。ミュージシャンですね。この写真をみてどんな人?と興味がわき検索してたら動画をみつけました。ろ~ずのURLです。それに6月で49才だったとはもしかしたら同学年かも。この年代でこういう雰囲気ってあまりいなかった気がします。

私もレコードのライナーやFOOL'S MATEを読んでいた時はあまり意識しなかったのですが、インディーズ・フェスでYBO2を観て印象に残りました。それからトランスレコードに興味を持ちました。
>文学的な感じ
ドラムの吉田氏がそんな雰囲気です。
>なんとかっこいい
トランス・ギャルなる黒づくめのファンが大勢いましたよ。
「■Indies Festival 1987」にはってあるリンクの北村氏はきれいですよ。会場の左側で観ていた時最初は髪を下からスカーフで巻いて上でリボン結びにしているのかと思いました。
歌ヘタですし、うるさい曲もありますが、時々流れる美しいフレーズの魅力がありました。

なんと、インディーズ・フェスティバル87と私のリンクは同じ「ユー・チューブ」というところのだったんですね。タグでいろんな人が投稿したのが集まってる。なるほどー。

確かに87のは妖しい雰囲気ですね。「canon」という曲けっこういいですね。こういう分野があったんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/12776643

この記事へのトラックバック一覧です: ■写真 [YBO2]:

« ■Live音源 [Bardo Thodol] | トップページ | ■写真 [どんと] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ