フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■神様ゲーム [小説] | トップページ | ■うまい棒 [お菓子] »

2006.09.29

■White Jazz [作家 JE編]

White Jazz by James Ellroy
WHITE JAZZ -エルロイ:わが内なる暗黒』(1995)紀伊國屋書店

イギリスのテレビ局channel4が製作した、作家ジェイムズ・エルロイが語る自伝『わが母なる暗黒』のビデオ版。

攻撃的な小説からイメージされるエルロイとは違い、地味な風貌と落ち着いたトーンの声、しかし眼差しは鋭い。
そんな彼の口から発せられる、シュールで詩的な言葉の数々。
ジャズをバックにL.A.の都会的な風景が映し出され、時々モノクロのレトロな映像が差し挟まれる心地良い雰囲気。
だけど途中に、草むらの中の既に息をしていない人の映像が時々現れるので注意が必要である。

『わが母なる暗黒』は、確か父と母の過去は書いてあっても、親子3人で暮らしていた時期と両親離婚後の母と暮らした短い期間の記述が少ない。
彼の人生は、1958年10歳の時、母・ジニーヴァが何者かに殺され、父親・リーとの自堕落な暮らしから始まったかのようである。

彼が11歳の時に父親から買い与えられた『ザ・バッジ』。
子供にこんな本を見せるかよ、とツッコミたくなるような写真がふんだんな犯罪実話本(たぶん)。
その中の“ブラック・ダリア=エリザベス・ショート”に魅せられた思春期のエルロイ。
誰でも、ヒーローに憧れるもの。孤独な彼は空想の中で“ブラック・ダリア”を救うストーリーを作り出したのではないか。しかし、現実の彼女を変える事が出来ず、事件の周辺及び関わった人々を妄想し書いたのが『ブラック・ダリア』だったのかも。

そして、犯人が未だ捕まらず、終わりにできない母の死。
その事件の謎を36年を経て、調べた際に出会ったストーナー保安官。彼はストーナーに理想の父親像を重ねたのかもしれない。

ジェームズ・エルロイ好きにしかお薦めできない52分間の字幕付きビデオ、私は満足している。

« ■神様ゲーム [小説] | トップページ | ■うまい棒 [お菓子] »

書籍 ジェイムズ・エルロイ」カテゴリの記事

コメント

こんなビデオがあるんですか!?
「わが母なる~」は、自伝とは言っても小説じゃなかったかしら?ということは、このビデオはどういう感じなんだろう。本人が語っているということですが...何はともあれ、エルロイ氏が語る姿は見てみたいですね。

椅子に座りリラックスしながら、訳の分からない詩と唐突に小説を断片的に語ったりして、その合間に風景が映し出されます。
後半は母の死(モノクロで再現される場面も、そして遺体)や自分の放蕩生活、ストーナーと共に母の死を調査するところで終わります。
ストーリーがあるわけではないですが、ジャズが流れて雰囲気があるので、酒を飲みながらダラダラ観るのが適当かと。

ビデオがあるんですか。レンタルにあるかどうか探してみます。
「ブラック・ダリア」にスカーレット・ヨハンソンが出てるんですよね。彼女は「アイランド」ではそうでもなかったのですが「真珠の耳飾の少女」ではすごい強い印象だったので、「ブラック・ダリア」も見てみようと思います。もうすぐ公開ですね。

レンタルあるでしょうかね?
ストーリーがあるわけじゃないので、ファンじゃない限り、それほど楽しめる内容じゃないので、どうでしょうか…
お二人から反応があったので、ちょっと考えている事があります。
「アイランド」では印象はそれほどでもなかったですね。「ブラックダリア」楽しみ、近所に新しく映画館ができるので、そこで観ようと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/12091154

この記事へのトラックバック一覧です: ■White Jazz [作家 JE編]:

« ■神様ゲーム [小説] | トップページ | ■うまい棒 [お菓子] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ