フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■硝子のハンマー [小説 貴志編] | トップページ | ■ISOLA 多重人格少女 [映画 貴志編] »

2006.08.21

■黒い家 [映画 貴志編]

黒い家
黒い家』(1999)日本
 監督:森田芳光 原作:貴志祐介

昭和生命保険北陸支社に勤務する若槻が、女性からの電話で「自殺でも保険は出るの」との問合せに業務規定に反して応えてしまった事から、菰田邸で子供の首吊り死体を発見する。
警察がなかなか自殺と判定しない為保険金がおりず、菰田夫妻は執拗に若槻の元へ催促に訪れる…ホラー

噂通り、ヘンな映画だった。
緑と黄色の鮮やかな色彩を使いポップに表現され、そしてコミカルな雰囲気さえ漂わせている。製作当時の流行だったのだろうか、ホラーに軽さは不要だ。
“黒い家”なのにあまり黒くなく、時折挿入される無関係な映像はCMタイムを思わせ、「京都から金沢」発言にシラけてしまった。
見た目が健康的な菰田夫妻、まぁおかしな二人と言えるかも。でも、追い詰められた若槻が伝わって来ない。
後半にやっと緊張するような暗いシーンが出てきて良かった、特に包丁キラリ~ン

しがないサラリーマン石橋蓮司がいい。
怪しい刑事だな~と思ったら、町田康(町田町蔵)だった。
この監督はホラーにエロはつきものだと思っているのだろうか、原作にそんな部分は無い。
コロコロ雰囲気が変わるので、観ていてナンカ疲れる映画だった。

追記:
歩いていて、ひらめいた。
この映画の監督はデヴィッド・リンチの『ブルーベルベット』を意識していたのではないだろうか?
オープニングのひまわりは薔薇、緑や黄色は『ブルー~』では青や赤を効果的に使っていた。と言う事は、西村雅彦はいかれたデニス・ホッパー、大竹しのぶはセクシーなイザベラ・ロッセリーニかな。でも、内野聖陽はカイル・マクラクランと思いたくないのぉ~

« ■硝子のハンマー [小説 貴志編] | トップページ | ■ISOLA 多重人格少女 [映画 貴志編] »

書籍 貴志祐介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/11547273

この記事へのトラックバック一覧です: ■黒い家 [映画 貴志編]:

« ■硝子のハンマー [小説 貴志編] | トップページ | ■ISOLA 多重人格少女 [映画 貴志編] »