フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.29

■すべて死者は横たわる [小説 MWW編]

All The Dead Lie Down by Mary Willis Walker
メアリー・W・ウォーカー/著『すべて死者は横たわる』(1998)講談社

拳銃携帯許可法案に揺れるテキサス州会議事堂のトイレで出会った、犯罪ライター・モリーとホームレス・カウレディ。
議事堂を混乱に陥れようとする計画を耳にしたカウレディは自分の自堕落な人生を振り返り、決心する。
議事堂で昔の悪夢に会ったモリーは父の亡霊を追い求め、奔走する。
そして、二人は再び出会い疾走する…ミステリー

モリー・ケイツ・シリーズ第3弾、やっと湖の底から引き上げられた父の死の謎が解き明かされた。
悪徳警官・オリンは言う「きっと後悔する」。
続きを読みたくてたまらなかったけれど、ちょっと一息。夜中まで夢中になってしまい、熱っぽくなった頭を冷ましながら、ちょっと自分をじらしてみたりして。
私にとっては4ヶ月前の事だけど、知りたいような知りたくないような28年間もモリーに憑りついていた死の真相。

P429
「秘密を知ってしまって困るのは、知らないときに二度と戻れないこと」

それよりも、カウレディがモリーに重大な事柄を伝えるまでがハラハラドキドキ、どうしても読む手を休める事ができなかった。
最初は銃に興味が無いし、登場人物のやりとりが多くてダラダラ読んでいたけど、何をどうして、その丁寧な人物描写があったからこそ、中盤から急に面白くなって来た。
例えホームレスでも魅力的な存在になるウォーカーの手腕、素晴らしい。

ネタバレ

2006.06.26

■プログレ・バトン

Progressive Rock Album ←真似てみたが違ってしまった

francofrehleyさんの“Progressive Cafe”2周年企画「プログレバトン」を受け取ったのよ。

Q1) Progressive Cafeとの出会い
Le Ormeにfrancofrehleyさんがコメントしてくれたのが始まり。

[ Q1) プログレとの出会い ]
Yes「燃える朝焼け/Heart of the Sunrise」をラジオで聴いて、こんな音楽が世の中にあるのか! とビックリ。
でも元をただせば、ファッション・ブランド“JUN”のCMで流れていた曲が大好きで、後にEmerson, Lake & Palmer「賢人/The Sage」と判明。

Q2) 思い入れの深いバンド or アーティスト
夢幻
彼らのアルバムを聴いたのがきっかけで、新月、アウターリミッツ、ページェント、ミスターシリウス…日本のプログレへの道が開けた。

Q3) 思い入れの深い作品 or 曲
White Noise『An Electric Storm』
ラジオで聴いた「Firebird」、やっとレコードを渋谷の“Cisco”で発見。それを知人宅に置いていたら引越されてしまい、またアルバムに出会うまで何年かかった事か。

Q4) Progressive Cafe(またはプログレ系ブログ)のエントリーがきっかけで知り、気に入ったバンド or 作品
Anekdoten
モコマキさんの“You's Blog”で教えてもらい、スッカリ虜に。

Q5) 最近よく聴くバンド or 作品
This Heat『偽り/Deceit』『Health & Efficiency』
Mellow Candle『抱擁の歌/Swadding Songs』

Q6) 最近行ったプログレ系コンサート
新月
PFM

Q7) 最初聴いたときは駄目だったが改めて聴いたら良かったバンド or 作品
Cirkus『One』
美しいシンフォ・プログレを探索していた時期に購入したが期待ハズレで16年間も放置していた(笑)

Q8) プログレと言ったらどこの国?
イギリス

Q9) プログレ初心者にまず聴かせたい作品
Yes『こわれもの/Fragile』
King Crimson『クリムゾン・キングの宮殿/In the Court of the Crimson King』
人の好みに合わせて色々考えるけど、最初から奇抜な音楽は聴かせられないし、あまりにポップだと誤解を生むから、やはり基本をシッカリ。
最終的にはKhanとSatelliteを聴いて気に入ってもらいたい(願)

Q10) 最後にProgressive Cafeへコメントお願いします
プログレ好きが集う場所、これからもヨロシク。

[ Q10) あなたにとってのプログレ ]
初恋の人
好きだと気がついた時には卒業して会えなくなってしまい、たまに同窓会で言葉を交わすけど、あまりに色々な顔を持っていてお近づきにはなれても親密にはなれない。そして、いつまで経っても心の中の想い出と同じ、美しいまま。

※どなたかプログレ好きな方、ご自由にお持ち帰りくださいm(_ _)m

2006.06.25

■ブログの更新

今日はココログが非常に重くて、長文に適さないと判断、短めに更新。
金曜日から考えていたfrancofrehleyさんの「プログレ・バトン」は明日以降に持ち越し。
昨日はやっと髪を切ったので、イラストの髪型にやっと戻れた(木村カ○ラと言うのもおこがましいので、ワカメちゃんと言ったらその通りになってしまった…)。
今日は『ダヴィンチ・コード』を観て来た、なかなか面白かった。

2006.06.23

■今日の1枚 [Space Daze CD:2]

昨日に引き続き『Space Daze : The History & Mystery of Electronic Ambient Space Rock』の2枚目を聴いている。
さらにキャッチーさとは無縁なトランスやらノイズやらほぼプログレ、エレクトリック・ジャム・セッションのような趣。プヨプヨ~ ピロピロ~

収録されているアーティストはBrian Eno、Syd Barrett、Coil、Amoun Duul II、Tangerine Dream、Clock DVA…

DIN2,000 Flushes
 同じ事の繰り返しは苦手なんだけど、惹かれてしまうスペーシーさ。
Space Daze 2000Sky Cries MaryRain
 哀愁のあるギターが良い、90年代のバンドとは思えないアナクロさ。

Space Daze 2000』も欲しいのよ。

2006.06.22

■今日の1枚 [Space Daze CD:1]

Space DazeCleopatra Records>が編集した(たぶん)どこがサビやら分からない、とりとめの無いエレクトリック・サイケな音響系コンピ・アルバム『Space Daze : The History & Mystery of Electronic Ambient Space Rock』の1枚目を聴いた。

収録されているアーティストはPsychic TV、Hawkwind、Gong、Ozric Tentacles、Alien Sex Fiend…
先日の『Rough Trade Shops Electronic 01』のスペーシー盤といったところ。

KraftwerkSpacelab
 イントロが昔のアニメの曲みたいだといつも思うのだが。
The OrbBlue Room
 おしゃれですナ。

あとはだんだん眠くな~る。

2006.06.21

■今日の1枚 [The One Am Radio]

On The Shore Of The Wide World昨日から今日にかけて聴いていたのは『On The Shore Of The Wide World』。

アメリカのシンガーソングライターHrishikesh HirwayとヴァイオリニストJane Yakowitzのプロジェクト(たぶん)“The One Am Radio”の2nd『A Name Writ in Water』はメランコリックなエレクトロ・フォーク/ポップス。
そのアルバム収録曲のリミックス盤。さらにエレクトリックが増し、掴みどころの無い浮遊感、遊びがある分ちょっと明るくなったかな。

What You Gave Away」 → 「What You Gave Away [Alias Remix]
Buried Below」 → 「Buried Below [Gasp and Sputter Remix]
Witness」 → 「Witness [John Tejada Remix]

長く聴きたい場合はmyspaceもあるよ。
1st『The Hum of the Electric Air! 」が欲しいのぉ~

2006.06.19

■今日の1枚 [The Kinks]

グレイテスト・ヒッツⅡ 1971-1975今日、聴いたのは“ザ・キンクス”の『The Greatest Hits II 1971-1975』。
ちょっと泥臭いグラムロックっぽい曲が多い、この時期だからなのだろうか。この中では「Celluloid Heroes」が有名だと思う。
私は「Sitting In My Hotel」が聴きたかっただけ。
You Really Got Me」よりも「Sunny Afternoon」が好き。

2006.06.18

■Desktop Customize [Mac編]

Uhoon-DasaSeries

Macの場合は、アピアランステーマやデスクトップピクチャが充実していたので、特に変更する必要が無かったけど、一時「Kaleidoscope」を使っていた。
それよりも、アイコンの変更が簡単だったので、フォルダは『少年ウフーン』を愛用。
愛くるしい(笑)ダサペットやらワイルド出銭ーやらオモシロ・キャラ勢揃い。

Macユーザーの同僚に見せたら「そんなのイヤだ!」と言われたなぁ~

2006.06.17

■Desktop Customize [Win編]

Liquid-Vista Saturn Grey Aero-XP[v2]

昨日『Aurograph』を再発見して喜んだけど、そう言えば1999年にWindows95からWindows98へとパソコンを買い替えてから、デスクトップのカスタマイズに凝った事を思い出した。

以前から壁紙は色々と変えていたが、「窓の手」を使ってアイコンを変えたの手始めに、「Tclock」でタスクバーやスタートメニューを変えて自己満足。
それだけでは物足りなくなって、『Stardock』の見た目がガラッと変わる「WindowBlinds」や「Object Desktop」をインストール、『Win Customize』や『Customize.org』などからスキンをダウンロードして楽しんでいた。

面白い! きれい! でもメモリが足りなくてしばしばフリーズ…仕方無くスタートアップからはずしてしまった。
今では何て事ないWindows XP附属のデスクトップテーマ、アイコンはデフォルトのまま、壁紙は自作をずっと固定。スキンを使っているのはWinampぐらい。

ちなみに当時使っていたのは“Liquid”、ウィンドウの左側のバーに水泡がプクプクと浮かぶ物だった。

2006.06.16

■Aurograph [Win編]

終端都市 第二地区2000年前後に夢中になった壁紙サイト『AUROGRAPH』。
たった1枚だけじゃ物足り無い、どれもこれもデスクトップに表示したくなるような美しい壁紙ばかりで、色々ダウンロードして、時間や季節で入れ替えるように設定していた。
この頃は夜中までHPを作っていて、疲れてウィンドウを閉じると、幻想的な風景がデスクトップいっぱいに広がり、朝方まで作業が及ぶと画像が切り替わり、良い気分転換となった。

ロマンス・ライン時々アクセスしていたがいつの間にかサイトが無くなってしまい、検索しても移転した様子も無くガッカリしていたが、ナント! 『blog.quadrifoglio.to』内に復活していた。
うれしい…うれしさのあまり、会社のパソコンに勝手に設定してしまった。
URLをお気に入りにずっと保存していて良かった~

2006.06.15

■今日の1枚 [The Flaming Lips]

アット・ウォー・ウィズ・ザ・ミスティックス最近のヘヴィ・ロテ、“フレーミング・リップス”の『At War with the Mystics』。
バンド名は知ってたけど、どんな音楽か掴みどころが無く、ヴォーカルが苦手だったので、まともに聴いたのはこのアルバムが初めて。

多分、キャッチーなM1「The Yeah Yeah Yeah Song...」は気に入る人が多いのでは。M2「Free Radicals」はジミ・ヘンやプリンスが歌ってそうなグラムロック。
そして私が買うきっかけとなったリリカルなM3「The Sound of Failure/It's Dark... Is it Always This Dark??」トッド・ラングレンを感じさせるコーラス部。
M11「Pompeii Am Gotterdammerung」ピンク・フロイドをポップにしたようなプログレと言ってもいいかも。

ちょっと情けない感じもするポップスなんだけど、おかしな効果音を散りばめて、彼ら独特の音楽に仕上げているという感じ。
それにしても日本盤の曲のタイトルがヘン、力が入っているということか。
いつか4台のCDプレイヤーを用意して『Zaireeka』を聴いてみたい。サマ・ソニに来るらしい、観たい~

2006.06.14

■D-jam

ageha STUDIO COAST
ステージ 天井

今日はCS放送のディズニー・チャンネル内番組「D-jam」の公開録画ライブがあり、地元に住んでるので声を掛けられたから行って来た。

MCは「DA.YO.NE」や「MAICCA~まいっか」をヒットさせた元“EAST END×YURI”のGAKU-MCと「おっととっと夏だぜ!」がヒットした元“EE JUMP”のソニン。
歌あり、踊りあり、タップダンスに琴、スクラッチ、ヒップホップ、ブラスバンド…バラエティに富み、みんなノリノリ飽きさせない内容だった、もちろん全曲ディズニー(たぶん)。
そして「本日のスペシャルゲスト!」、「誰かな~ ミッキーかなドナルドかな」などと話していたら、“DA PUMP”友達はスタンディングへ行ってしまった。次は“TRICERATOPS”私もノコノコ、フロアへ。

周りは女子高校生、上から風船は落ちてくるわ、銀色のテープが空中を飛び交うわ、いつもと全く違うライブ体験だった。

2006.06.13

■凍りつく骨 [小説 MWW編]

Zero at the Bone by Mary Willis Walker
メアリー・W・ウォーカー/著『凍りつく骨』(1993)講談社文庫

犬の訓練士キャサリンは、31年間音信普通だった父から突然手紙をもらい、彼が飼育係をしている動物園に会いに行くが、まさにその日の朝にトラにかみ殺されていた。
父のポケットから脅迫状が見つかり、第2の殺人がおきる。そして彼女の元へも「正義の使者」からの手紙が舞い込む…ミステリー。

5歳の時に別れたきりの祖母は大金持ち、奔放な母親に幼い頃から苦労させられ、会いに行った当日に父親が殺される…テレビドラマかよ~ ありえん。

ありえん話だが、面白い。
魅力ある人物も含め、全員容疑者。いろんなところに犯人につながるような発言があり、誰が父を殺したのか? ハラハラドキドキ、キャサリンの思い込みも単独行動も冒険も危なっかしい。
おまけに恋する男性まで怪しく、この先どうなるの? という感じでスラスラ読める。
特に女性なら一層感情移入できるはず。

本作はモリー・ケイツ・シリーズとは別のウォーカーの処女作。2作目『処刑前夜』よりも楽しく読めた。
書店でタイトルを見て何度か手に取ったが、表紙のデザインとあらすじ(小説なんだから、わざわざ美人と書く必要は無い)で今まで購入に至らなかった。現代なら、犬の首を抱いてしゃがむ美しい女性の後ろでそれを狙うヘビのイラストでも描いた方が売れ行きが伸びるのではないかと思う。結局私は“3冊100円+可愛いブックカバー”に惹かれて買った。
次は彼女の4作目『すべて死者は横たわる』、帯の売り文句“宮部みゆき氏絶賛”と書かれても、宮部みゆきを読んだ事なく、帯に左右されて買う事もほとんど無い。
やっぱ後ろのあらすじが一番大事、そして作者のバックグラウンド。エルロイは分かるがウォーカーは何故父親にこだわるのか気になる。

ネタバレ

2006.06.12

■今日の1枚 [内核の波]

Shell日本のプログレ・インスト・バンド“内核の波”、てっきり“ないかくの”と思っていたら“”なのね。
テクニカルで重厚なサウンド、ヘヴィメタとカテゴライズされても良いくらいだけど、フルートがメインなところがプログレ。
このアルバムは2nd『忘却の河』、でもMusea盤だからかNaikaku『殻/Shell』。詳しくはいずれ [プログレ 日本編]で。

ジャケットが“サイレント・ヒル2”に似てる。

2006.06.11

■今日の1枚 [The La's]

The La's御茶ノ水のDisc Unionに行き『The La's』を購入。
「There She Goes」は裏声で爽やかなポップソングだけど、それ以外はワリと地味。ビートルズやキンクス、ザ・フーを初期R.E.Mが歌ってるという雰囲気。

これを聴いていると“Ocean Colour Scene”や“A Flock of Seagulls”のベスト盤が欲しくなる、“ザ・ラーズ”はたった1枚しか正式リリースしてなかったからこれがベスト盤みたいな物。
いずれもスマッシュヒットが1、2曲あるくらいで、メインとは言えない位置のポップス・グループ。

それ以外にも欲しいCDがあったが、ずっと探しているバンドは売っておらず、最近のバンドは新品国内盤しかなかったので買わなかった。
探しているのは書けないけど、最近のだったら書ける。
Dysrhythmia 轟音系
Yo La Tengo サイケなフォーク系
Electro Group シューゲイザー系
Rocketship/Trace 上記エレクトロ・グループの元バンド
Prefuse 73 ブレイクビーツ系
ほぼインディー系、いずれもネットで聴いて気に入ったのでハズレ無しなはず。あと、Keaneも欲しい。

2006.06.10

■今日の1枚 [Marden Hill]

Lost Weekend<Cherry Red Records>傘下の<el>レーベルに所属していた“マーデン・ヒル”。この『Lost Weekend』はベスト盤で、コンピで聴いた曲がたくさん収録されている。う~む、懐かしい。

今で言うカフェ・ミュージックの趣で、エセ60年代ポップス。サントラ「男と女」風とかベンチャーズ風とかビートルズ風とかビーチボーイズ風とかジャジーとかムード・ミュージック風とか…フェイクなアナクロさ。
渋谷でフランスやイタリアの古典的恋愛映画を一人で観た後、自宅でワインなんか飲みながら余韻に浸っている時にでも聴きたいような気分にさせるアルバム、雰囲気に酔える1枚と言えるかも。ソフィア・ローレンの映画『ひまわり』なんかオススメ。

でも私は今日、夕食のゼンマイを煮ながら聴いたんだよね。

2006.06.09

■最近気付いた事

・久々に電車に乗った。
私の片側に充分座る余裕があるのにも関わらず、私ともう一人の人との間に無理矢理座る人が2人いた。おかげで移動するハメに…どうしてなんだろう?

・CDを買ってかなり失敗している。
「他の人がほめているから」とか「有名なバンドだから」とか「評判のアルバムだから」とか「他のアルバムが良かったから」とか「好きなバンドつながりだから」とか「1曲好きなのが入ってるから」とかだけで買ってみたら今一つ。あらかじめ試聴しておかない私が悪いんだけど、つくづく他の人と好みが違うと気付かされる今日この頃。

・欲しいCDがなかなか入手できない。
ここに書くとライバルが増えると困るから書かない(とは言え他の人と好みが違うようだから)。
でも、Glaxo Babiesを買った人は誰なんだろう? ネット上でもレビューが書かれてなくて、The Pop Groupつながりというだけで買った人が多いのかな。

・同僚男性2人の個性が強くて…
これもまた詳しくは書けない。

2006.06.06

■処刑前夜 [小説 MWW編]

The Red Scream by Mary Willis Walker
メアリー・W・ウォーカー/著『処刑前夜』(1994)講談社

黒髪の女性を襲う“テキサスの剃髪魔”として恐れられた連続殺人鬼ルイ・ブロンク、彼の死刑執行が近づいたある日、11年前に殺害された金髪の女性タイニーの周囲の人々の死により、にわかに冤罪の可能性が浮上する…ミステリー

感動ミステリー『神の名のもとに』に先立つ、モリー・ケイツ・シリーズ第1弾である本書は、それほど緊迫感が無くてダラダラ読んでしまった。
しかし、面白くなかったわけではない。真犯人に興味はあったし、何よりブロンクが処刑されるかどうかとても気になった。でも、特にヒントも無いので犯人探しのミステリーではない。

この小説の魅力はひとえに犯罪ライターであるモリーであると言える。
早くに母を亡くし、父親に育てられたモリーは16歳の時、何者かによって愛する父を奪われる。それから彼女は犯罪と向き合う人生となり、眠れない年月を過ごす。
モりーの恋の行方もストーリーに変化を与えているが、ジョー・ベスとのエクササイズはいらないなぁ。

殺人犯ブロンクに同情の余地は無いけれど、真実は明かされなければならない。誰かがつく嘘によって、一つの命が消えようとしている。それに罪悪感を覚えないのか。

印象に残る部分がいくつかあった。
・ブロンクよりも怖ろしい車の持ち主(彼が主人公の小説が読みたい)
・ブロンクの法則「結局は運次第」(全くその通りだ)
・ステットソン帽にブーツをはいた男の心遣い(地味だけど心惹かれる存在だった)
ネタバレ

次は彼女の処女作『凍りつく骨』、基本的に順番に読む主義だが何故か遡ってしまった。ジャケ買いと同じく、小説も表紙デザインに私はかなり左右される。

2006.06.04

■mono Harvest 3

mono harvest 3今日も慌しくて手抜き。

とても興味があったが近所では見つからず、結局通販で購入した『mono Harvest 3 プログレッシヴ・ロックをもういちど』(2006)。
モノ・マガジンと言えば“男のこだわりグッズ”というイメージで私とは縁の無い雑誌、そんな本を買う日が来るとは思ってもみなかった。

てっきり、雑誌の数10ページほどの特集かと思っていたら、ほとんどプログレ。
まだチラッとしか読んでないけど、マニアックで小難しかったり知識のひけらかしでも無く、ミーハーでプログレ4天王とその周辺を面白おかしく書いてるわけでも無く、ほどほどで好感。
結構、持ってるバンドのアルバムが紹介されているし、知ってるけど持ってないバンドのアルバム購入の参考にもなり、気軽に読める感じ。

最後のファッションページ、ジャケットはいいけどベストはちょっと…

2006.06.03

■今日の1枚 [Rough Trade Shops Electronic 01]

ラフトレード・ショップ今日は前の会社に手伝いに行ったので慌しくて手抜き。

Rough Trade Shops Electronic 01』(Various)は、1960年から2001年までのエレクトロニカを集めた2枚組オムニバス。
無機質な音楽でもバラエティに富んだコンピならあきない、クールでホットで身体が勝手に動いちゃうのよ~

漂うBrian Eno「Signals」、ドリーミーなBarbara Morgenstern「Die Liebe」、ハッピーなStereolab「Freestyle Dumping」、とたけけなBruce Haack「Mean Old Devil」…クラフトワークやファウスト、カンも入ってるゾ。

ノイズ・シリーズはまだ飽きてない。だって、このアルバムにはスロッピング・グリッスル、リア&レンタル、コイルそしてザ・ノーマルも収録されている。
ノイズを聴いていると恥ずかしくて周りの人には言えないけど、このアルバムなら自信を持って他人にオススメできる楽しい1枚、ピコピコ。

2006.06.02

■Einsturzende Neubauten [80年代ノイズ編]

Einstürzende Neubauten
Haus Der Luege』(1989)Some Bizarre

ブリクサ・バーゲルト率いるドイツのインダストリアル・バンド“アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン/Einstürzende Neubauten”。

当時は、電気ドリルやチェーン・ソウなど工業機械を使って演奏している驚愕のノイズバンドとして評判だった。
私は聴きたくて仕方が無かったがラジオで流れるわけも無く、聴かずに買うのは2500円損する恐れがあり博打みたいなもので、手にいれるのがかなり遅くなってしまった。
最初に聴いた感想、ポップだ…

耳が肥えてしまったのと、もっと脳ミソを引っ掻くような不快な音楽かと思い期待が大きかったから、まさか踊れるノイズとは!? 何も知らない10代のうちに聴いておけば、もっと面白く感じたかもしれない。
ノイズはあるんだけど、変拍子が無いんだよね。初期のアルバムの方が荒削りで良いのかもしれない、買うアルバムを間違えた(別にジャケ買いしたわけでは無いよ)。

Feurio!」ウンドゴヤー、ウンドゴヤーが印象的なエレクトリック・ダンス・ミュージック。力強いドイツロックの「Haus Der Luege」。ゆったりイメージが広がるサイケな曲や、せきたてるような呪術的な曲もある。
最初の1曲目「Prolog」以外はかなり聴きやすく、Rammsteinのイメージ。しかし、一般向きではない事は確か。

2006.06.01

■Psychic TV [80年代ノイズ編]

Dreams Less Sweet
悪夢』(1983)some bizarre

Genesis P-Orridgeが“Throbbing Gristle”を解散した後に作った“サイキックTV”、そして彼は女になった

このアルバムは<ホロフォニック録音>でヘッドフォンで聴くと立体的に聴こえる。例えば犬の吠声が左やら右やら後やら、<3Dサウンド・ホラー館>を想像してくれれば良い。

スロッビング・グリッスル時代とは違って、それはそれは美しくみずみずしい曲の数々。
「The Orchids」「Iron Glove」「Clouds Without」「Water Black」などは牧歌的でサイケ、“The Velvet Underground”の「Sunday Morning」を連想させる。
そして厳かな宗教曲「Hymn 23」「Eden 2」教会の人を騙して歌わせたらしい。

しかし、間に差し挟まれる音響の数々。ほら、インダストリアルだから、機械音とかのノイズをヘッドフォンで聴かされる。
「In The Nursery」もやはりVUの「Heroin」を連想させるが、もっとキツイ。まずは試聴してみよー!

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »