フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■The Pop Group [80年代ノイズ編] | トップページ | ■Psychic TV [80年代ノイズ編] »

2006.05.31

■Throbbing Gristle [80年代ノイズ編]

20 Jazz Funk Greats
20ジャズ・ファンク・グレイツ』(1978)Industrial

スロッビング・グリッスル”ジェネシス・P・オリッジ(サイト左)率いるイギリスの4人組、自主レーベル<Industrial>を主宰。
エレクトリックな音響系実験音楽でジャズでもファンクでも無いアルバム。

最初聴いた時、ワケ分かんない音楽だな~と思った。同じ事の繰り返しが多くて少々退屈、唐突に曲終わっちゃうし。
今聴くと「20 Jazz Funk Greats」不穏な音響の合間のシンセ・ドラムは間が抜けてる感じ。「Six Six Sixties」歌詞カードはあるんだけど、歌と言うよりつぶやき。
でも、「Hot on the Heels of Love」聴くと懐かし~、クラフトワークかYMOと言ったところ。
You Tubeの「Discipline」でTGの雰囲気を味わってみよー、後悔するかもよ。

« ■The Pop Group [80年代ノイズ編] | トップページ | ■Psychic TV [80年代ノイズ編] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

またまた懐かしいのが出てきましたね。
TGはノイズ/インダストリアルの本家として、
何かおっかないイメージがありましたが、
実際に聴いてみるとアレレッという感じで...
まっ、正直言うとショボイ音だなと...

この辺はSPK,SWANS,フィータス等一通り聴いて熱中した時期がありましたが、
今思うと音よりも異端な雰囲気に惹かれただけだったようです。
若気の至りというやつですね。

YouTubeのDisciplineいいっすねー、アブノーマルなんでこーいうのたまに無性に聴きたくなります(笑)。

>アレンさん
今聴くとチープですね。でも、当時は新鮮でした。フリージャズやプログレのワケ分からん音楽が苦手でも、NW系のノイズなら抵抗無かったです。
SPKは友達が録音してくれたテープを昨日探したのですが見つかりませんでした、残念。SWANS,フィータスは聴いた事ないですが、コンピに入ってるかもしれません。
>異端な雰囲気に惹かれた
サブタイトル何にしようかと検索していたら、「カルトミュージック」という言葉があり、まさにそんな雰囲気。80年代はアングラがメジャーになった時代でした。

>しかし、さん
最後に映る男性の悶えが狂おしいやら切ないやら(笑)
やはりこういう音楽はライブハウスが似合うと思います。演奏力が無いから叫んだり、走り回ったり、裸になったり…

SWANSは当時、ジャンクというジャンルにカテゴライズされていました。
もうあまり覚えていませんがSonic Youthっぽい音だったと思います。
Jim Foetusは当時から評価が高く、かなり作りこんだ音で、今聴いても古さを感じません。

※あの頃の私の夢は西ベルリンでノイバウテンを観ることでした。

ソニック・ユースもまともに聴いてません、コンピに入ってるくらいです。
Foetusを試聴中、音響系のオカルト映画の曲みたいでかなりいいですね。ボーカルもデス声で好感、今ラムシュタインっぽくなってます。

タイムリーですね、ノイバウテンを聴いて記事を書きました。インダストリアルと言ったら彼らが欠かせません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/10339926

この記事へのトラックバック一覧です: ■Throbbing Gristle [80年代ノイズ編]:

« ■The Pop Group [80年代ノイズ編] | トップページ | ■Psychic TV [80年代ノイズ編] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ