フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■Progressivs' Battle 1992 [プログレ 日本編] | トップページ | ■二重の虹 »

2006.05.14

■PFM Premium Japan Tour 2006

PFM PFM T-shirts, Poster...
PFM Premium Japan Tour 2006
 2006年5月14日(日)午後6時~ Club Citta'川崎 追加公演

70年代から活動しているイタリアのバンド、“PFM”ことPremiata Forneria Marconiのライヴを堪能して来た。

ライヴが始まる前、周りを見回すと、いつもよりも若者の比率が高く3割近くいたが、女性は少なかった。特徴的だったのは、後方に招待券を持った白人が占めていた事。もちろん、MCに反応して「ワー」とか「オー」とか、日本人には分からないのぉ~

開演してから「人生は川のようなもの」が演奏された途端、涙が…
King CrimsonやYESのような有名バンドじゃなかったから、まさか彼らを生で観るなんて、10代の頃の私には想像もできなかった。
正直言って、長年聴いているのは初期3枚『幻の映像』『L' Isola Di Niente』『幻想物語』なので、分からない曲もあった。

『L'Isola Di Niente(マウンテン)』は凄かった。右から左から音が聴こえて、ギターのムッシーダ氏とベースのジヴァス氏が同じように動き、チョッチョ氏がドラムを激しく叩く…いったい彼らはいくつなんだ? 面白かったのはメンバー3人が長髪で若者サポート3人が剃髪。
新作『Doracula』はかっこ良かったのだが、会場では買わず、Amazonで買おうと思ったのが間違い。

とても元気な方達で観客をノセるのが上手い。後半はプログレだというのに立ちっ放し(!)、みんなに手を振らせるわ、手拍手を要求するわ、「Yeah~」と歌わせるわ、「Ce・le・bration」と言わせるわ(私はブレイションのパート)で大盛り上がりだった。
よく考えると日本ではプログレバンドとして一部の人が聴き続けているだけだけど、本国イタリアでは活動停止期間があったとはいえ、長年活動を続けているポピュラーなバンドなのかもしれない。

クラブ・チッタにいつの間にか「プログ・チッタ」なるサイトが出来ていた。プログレの殿堂として今後も積極的に招聘してゆくのだろう、大期待。ぜひ、Quella Vecchia Locandaを(Englandも来るんだから夢見ても良いでしょ)。

※記憶曖昧、詳細不明、いい加減な感想である事をご了承ください。

« ■Progressivs' Battle 1992 [プログレ 日本編] | トップページ | ■二重の虹 »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

前日に行きました。
2002年に観ているので今回は割と落ち着いて観れましたが、後半はまさにロックコンサートでしたね。

>まさか彼らを生で観れるなんて、10代の頃の私には想像もできなかった。
私も数年前まではこんな事になるとは想像つかなかったです。有難いことですね。

うらやましい!!
前回来日したときのDVDを見て、悔し涙にくれることにします(^^;
また、詳しい感想をお待ちしています。

今回はプレーモリ氏不参加というハプニングがありましたが、
それを感じさせない良いライブだったと思います。
それにしても、結構いい年のメンバーが多いのにみんな元気でしたね。
今回もライブ盤が出ればいいのですが、無理かなぁ?

>francofrehleyさん
前日も観ていた方が前列を占めていたのかもしれないけれど、みなさんタイミングよく立ち上がり、もうノリノリ状態でした。プログレコンサートとは思えないないような雰囲気。
2002年に観れて良かったですね、やはりこんな雰囲気だったのでしょうか。

>taknomさん
今までDVDも観た事なかったので、あんなに元気な老人(失礼)がパワフルにステージを駆け回るとは思ってなかったです。チョッチョ氏がボーカルをとるとポップなロックになり、みんなノセられてしまいました。終了後に流れる曲は『原子心母』。EL&Pじゃなくて、何故にPink Floyd?

>Sさん
Sさんが観た時、カメラ撮影とかありましたか?
どうなんでしょうね。Arti E Mestieriだってライヴ盤が出るとかチラシに載っていたのに、何の音沙汰も無いですね。
>プレーモリ氏不参加
これは残念でしたね、彼が来ていたら曲も変わっていたのかも?

francofrehleyさんのところから来ました。よろしかったらTBさせて下さい。
僕は13日に行ったのですが14日も盛り上がったみたいですね。Quella Vecchia Locandaですか、Quellaもいいけど僕はイル・ボーロとマクソフォーネが見たいです。

>マルコーニ(烏天狗)さん
ようこそ、いらっしゃいませ。

実は記事を書いている途中、年齢等を調べたくて検索していたら、マルコーニさんのサイトにもたどり着いてました。

PFMは初日も盛り上がったみたいですよ。3日間続けて行った人って…いそうですね(笑)

>イル・ボーロとマクソフォーネ
お好きな方が多いですね。
私はイタリアの甘~いボーカルとクサ~いメロディー、そんな部分が大好きです。

早速TBさせていただきました。

>PFMは初日も盛り上がったみたいですよ。
tacarinさんのblogで読みましたよ。

Locanda delle fate、celeste、Osannaなんかも見たいです。

今後ともよろしくお願いします。

LDFとオザンナはアルバム持ってますが、celesteは知りませんでした。やはりプログレは奥が深いですね。まだ聴いていない古いバンドがたくさんあるので、最近のバンドはあえて聴かないようにしてます。
好きなバンドが多すぎて収拾がつきません(アルバム持ってるのすっかり忘れてしまったり…)。
こちらこそよろしくお願いいたします。

PFM、皆さん行かれたんですね。うらやましいです。
川崎は近いんですが、家ではプログレは私しか聴かないので...
(妻と子供達には"あの変な音楽"と言われています)

nicoさんはCelesteをまだ聴かれてないですか?
是非、聴いてください。
といっても現在入手困難なようなので、試聴用ファイルをURLに置いておきます。

※ファイル置き場としての利用が禁止されているので、深夜1時には消去します。

アレンさん、ありがとうございます。今聴きながら書いてます。
ストリングスやギターは美しいですね、あとはブラス系が緊張感を生んだり。時々可愛らしかったりしますが、演奏は素敵ですね。

> "あの変な音楽"
笑ってしまいました。プログレは音楽の幅が広いので、確かに変なのもありますが、美しい曲もあるんですがね。聴きなれた音楽ではないと、そういう風に聴こえるんでしょう。
私にとって変な音楽はHip Hopですよ。それとトランス系聴くと頭痛くなります。

PFMは何度か来日してますが、行かれた事はありますか? もしも無かったら、だんだん年齢的に難しくなるので、一度は観ておいた方がよいかもしれません。私は2002年の方を観たかったと後悔してます。

> ストリングスやギターは美しいですね、あとはブラス系が緊張感を生んだり。
> 時々可愛らしかったりしますが、演奏は素敵ですね。
Celesteは、BEST3には入らないかもしれませんが嫌いな人はいないでしょうね。

> 私にとって変な音楽はHip Hopですよ。それとトランス系聴くと頭痛くなります。
同感です。
年取ったのかな?っと思ったこともありますが、
最近、単純にダンス・ミュージックが苦手なだけであることに気づきました。

> PFMは何度か来日してますが、行かれた事はありますか? 
> もしも無かったら、だんだん年齢的に難しくなるので、
> 一度は観ておいた方がよいかもしれません。
本当にそうですね。
francofrehleyのところで写真を拝見して、"こんなにおじいちゃんになっちゃたんだなぁ~"と思いました。

Celesteはどんな人たちが演奏していたのかちょっと興味が湧きました、だって可愛らしいんだもん。ヒゲ面だったら面白い。

会社の人も「HipHopはヤだな~」と言ってました(彼女も若くはないんだけど)。ドスの効いた男性の声から始まる曲はとても苦手です。
トランス系は同じ音の繰り返しがつまらない。それとユーロビートのキンキンした音楽とか。
ラップとユーロのせいで90年代はラジオをほとんど聴けなかったです。

PFMは結構な年かと思っていたら、そうでも無かったです。外国人の見た目年齢は分からないものがありますが、意外なほどパワフルでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/10074111

この記事へのトラックバック一覧です: ■PFM Premium Japan Tour 2006:

» francofrehleyついにFranco Mussidaに会う! [Progressive Cafe]
5月13日は「PFM Premium Japan Tour 2006」に行ってきました。PFMは私が最も敬愛するするプログレ・バンドの一つ、DVDになり大好評だった2002年来日公演以来彼らを観るのは2回目です。 今回は直前になってオリジナルメンバーの一人キーボード、ヴォーカルのFlavio Premoliが健康上の理由で欠席となり、往年のファンは出鼻をくじかれた形になってしまいました。演奏面では確かにPremoliの穴は大きく特にヴォーカ�... [続きを読む]

» ライブレポート PFM 06.5.12 クラブチッタ [月の裏側]
2002年の衝撃の再来日公演からもう4年。 再び日本の地にPFMが帰ってきました。イタリアンプログレの最高峰のグループの一つですし、 これはやはり見逃せないですね。 前回の来日公演は、日本のファンの為にプログレッシブ色の強い曲を選択してくれたおかげで、 かなりの盛り上がりをみせてくれて、本当に素晴らしいライブを体験出来ました。 この模様はCD&DVD化もされています。 久々の来日公演という事で、チケットも早い段階で売れていまして、残念ながら13日のチケットは入手できませんでした。 (当日券も立ち見... [続きを読む]

« ■Progressivs' Battle 1992 [プログレ 日本編] | トップページ | ■二重の虹 »