フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World


« ■Teru's Symphonia [プログレ 日本編] | トップページ | ■Gerard [プログレ 日本編] »

2006.05.05

■新月『赤い目の鏡』 [プログレ 日本編]

Akai Me No Kagami : Live '79
赤い目の鏡』(1994)Belle Antique

やっと手に入れた“新月”のライヴ・アルバム『赤い目の鏡』。
多分『Live 1979』やBOXが出たから手離した人がいたのかも。
いずれにしてもずっと探していたから嬉しい限り。

私は決してマニアではない。
しかし、家族にさえ変わり者扱いされ、友達にはオタクと思われている。
あぁ~ そうかも、全部集めなきゃ気が済まないところがある。そこが完璧主義の乙女座かな(笑)
趣味があまり一般的じゃないところが、少数派のAB型かも(笑)
正直普通になりたいのだけど、無理だな…それに同じような趣味の人がいる事が分かったからとても心強い。

このアルバムはそのうち、新月関連に追加するつもり。
昨日は朝6時から仕事だったけど、今日はこれから出かける、普通にゴールデン・ウィークを過ごすのよ。普通にしようと思うとどこも混雑していて大変だ。

« ■Teru's Symphonia [プログレ 日本編] | トップページ | ■Gerard [プログレ 日本編] »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

TNです。
コメントを独占してはまずいかなと思って
投稿控えようとしたのですが、さすがに。。

なんと当方も乙女座+AB型 (但し男)
でした。

びっくりしました。

TNさん、コメントいただくとBLOGを更新する意欲が湧くので大助かりですよ。最近忙しく、他の方のBLOGにコメントできずにいて、自分のところを更新するのもサボりがちです。

おまけにナント! >乙女座+AB型
ますます心強い。

TNさんは洋楽邦楽問わずにプログレにお詳しいようですが、HPやBLOGを運営していらっしゃらないのでしょうか? mixiでもいいのですが、どんな音楽を聴いているのか参考にさせていただきたいなと思っています。

別な記事ですが、「ナイト・ウォッチ」について
キング・クリムゾンの『暗黒の世界』を聴きながら眠ってしまったハロニコです(爆)いい加減なコメントをしてしまったので、追記しておきました。

>TNさんは、HPやBLOGを運営していらっしゃらないのでしょうか?

いつもはとても忙しくて、できていません。今週は黄金週間で昨日ピアノ三昧だった以外は外出していないので、久しぶりにプログレに浸っていました。

プログレとは付き合いがもう30年以上なので、色々聞いてきましたが、少しだけとりとめもなく書いてみます。

KC系:=>数年毎に周期的にききます。(但しREDまで。)

美狂乱も同じ感じかな?

UK, John Wetton:=>さすがにAsiaはポップすぎましたが、それ以外は好きです。

Canterbury:=>Caravan, Camel, Hatfield & the North, National Health: Richard Sinclairから入りましたが、その後長い付き合いです。
R.Sinclairは参加していませんが、Caravanの「夜毎に。。」のA Hunting We will go=>Backwardsはいつ聞いてもほれぼれとしてしまいます。

Genesis=>これも長い。基本的にはS. Hackettが脱退するまでのが主です。Seconds Outのライブアルバム。その中のFirth of Fifthは何度聞いても。。

PinkFloyd:=>昔は聞いていましたが、今はあまり。

ジェラード:=>ノベラより先にこちらに入りました。初期の4枚が好き。後期ではKeyboardTriangleが面白い。

ノベラ:=>第2期が好きです。特にFrom the Mystic Worldの翼へからの展開が気に入っています。

ページェント:->これもはまっています。2種類の展開>Mr. Siriusへの発展と
夜来香、浪漫座・浪漫座別館という中島さん系統

AinSoph:=たかみひろしさんの解説で買いましたが「野原と帽子」など、Canterbury系の音が好きです。
Bellaphone:=>同様

難波弘之:=>なかなか見つけられなかったのが急にCD8枚も再発されて、十分聞き入れてまではいけていません。「ブルジョワジーの。。」にRendez Vous 602の難波さんVersionが入っていて気に入っています。

訂正と追加です。
Genesis=>Dukeまででした。
テルシンも特に初期のものが好きです。

前期記事:新月に関係ないので、適当に削除するなり、なんなりしてください。

TNさんもチャットのように同時にネットを見ているようですね。

>KC系 周期的にききます、但しREDまで
これ同じです。
>さすがにAsiaはポップすぎましたが
そうなんですよー、Asiaはヒットしているので、耳慣れていますが、好んでアルバムは聴きません。
>Canterbury
10代の頃にHenry Cowで挫折して、あえて避けてました。
Hatfield and the North 1stの9曲目「Shaving is Boring」の後の10曲目「Licks for the Ladies」で一気に緊張が解けました、この落差がたまりません。カンタベリー系は性に合うのかもと思い始めてます。
Caravanの「夜毎に。。」はそれほど聞き込んでなかったので、改めて聴いてみます。
>Genesis
BLOGをご覧になっているのでお分かりでしょう、私は『A Trick Of The Tail』から入ったので、フィル派です。でも、だんだんポップになってついてけなくなりましたが、ヒット曲を聴くと懐かしいです。
>PinkFloyd
1stのサイケ・ポップが好きです。ですから、それほど好きなバンドと言えないのです。

>Bellaphone
これだけ全く知りません、ちょっと調べてみますね。

シンフォ・ロック好きとしては日本のプログレ・ハード系はあまり好みと言えないのですが、熱心に聴いていた時期があるのでとても懐かしいです。
そのうちアルバムが見つかったら記事を書きたいと思っています。難波「ブルジョワジー~」書くの忘れてた。

YUSEIというバンドについて知りませんか? 上手くは無いのですがYES風の日本のシンフォ・バンドで私好きなんですけど、まったく情報が無いです。アルバムも出さずに消えてしまったバンドかもしれません。

Bellaphonは、AIN SOPHのTaiquiがやっていたバンドです。FireflyとDelphiという2枚を出しています。

YUSEIは知りません。

>カンタベリー系は性に合うのかもと思い始めてます。
良かったです。
>Caravanの「夜毎に。。」はそれほど聞き込んでなかったので、改めて聴いてみます。

お忙しい場合は猪の館-A Hunting We will go -Backwards-A Hunting We will go だけでも
良いから2-3回聞いてみてください。
D. Sinclairのオルガンが頭から離れなくなります。

nicoさん、TNさん、なんか盛り上がってますね。私も混ぜてください。

> KC系
私もREDまでです。

> Canterbury
Softs,Gong含めて大好物です。
Caravanは"グレイとピンク地の..."が特に好きです。
"夜ごと..."は前半のアメリカンロックっぽさが苦手であまり聴いてませんでした。
> 猪の館-A Hunting We will go -Backwards-A Hunting We will go
後でこれ聴いてみます。

> Genesis
私はガブリエル期しか聴きません。というか、それでお腹いっぱいでそれ以上聴く必要を感じないのです。
決してフィル・コリンズが嫌いなわけではないです。

> PinkFloyd
そうそう!サイケポップ!ロックを聴き始めてから30年、そればかり追い求めている気がします。
You Tubeにこの頃の動画をたくさんアップしてくれてる人がいます。
You Tubeで"Pink Floyd Barrett"で検索してみてください。
他にもケヴィン・エアーズとロバート・ワイアットのいたころのSoft Machineの動画もあったりします。

NICOさん:Blog OwnerでないTNがコメントに反応するのがルール違反だったらごめんなさい。

アレンさん>Softs,Gong含めて大好物です。
もしかしてハンドル名はDaevid Allenからでうか?

>Caravanは"グレイとピンク地の..."が特に好きです。
このアルバムはやはり人気が高いですね。
"グレイとピンクの地の帽子と野原”というBLOGの作者の方がかなり詳しく解説かかれていますね。。

> 猪の館。。。後でこれ聴いてみます。
あまり聞き込みすぎると社会復帰できなくなるかも。。

なおCaravanにはR. Sinclair好きな方にはBack To FrontというTNが気に入っているアルバムもあります。
長くなりそうなので、とりあえず。。

ご無沙汰です。最近日本のプログレの記事が多くてROMだけですいません(日本はあまり知らないもので・・・汗)。海外のものはジャーマンものが特に好きです。海外のメジャー所ではPink Floyd、Yesといったところでしょうか。。。。シンフォニック系を好みますが、カンタベリー一派は大好きです。kevin Ayresは尊敬する人物の一人です。アレンさんがコメントしてくれたSoft Machineの動画驚きです。こんな映像が残っていたなんて・・

nicoさん、ごめんなさい。これだけコメントさせてください。

> もしかしてハンドル名はDaevid Allenからですか?
その通りです。

> 猪の館-A Hunting We will go -Backwards-A Hunting We will go
聴きました。これは良い!
ちょっとCamelっぽくて私好みです。

> アレンさんがコメントしてくれたSoft Machineの動画驚きです。こんな映像が残っていたなんて・・
ですよね~ Mao.Kさんに、こちらの方に反応していただいてうれしいです。
You Tubeはゴールデンウィークに入ってから娘にBUMP OF CHICKENの動画をせがまれて、初めて行ってみたのですが驚きました。

ということでTNさんへのお土産をURLのところに貼っておきました。

ちょっと分かり難かったですね。
↑のコメントの投稿者名の"アレン"のところをクリックしてください。

皆様、書き込みありがとうございます。
コメントに対して制限もかけていないので、気にしなくて大丈夫です、と言うより盛り上がっていただけてうれしいです。
今日は遅くなってしまったので、明日またコメントします。

アレンさん:ありがとうございます。
さすがに35年前!若いですね。。

でYou TubeでSteve Hackett探したら、
たくさん出てきました。

YUSEI(誘精)は、確か実家にカセットが1本あったはず。

確かこのグループは、カセット2本出したのみで、
アルバムは出していなかったと思います。
後は、「プログレッシブバトル’88」とか、
「シンフォニック・コレクション」とかのオムニバスに参加しているぐらいかなと。
今度、実家に行った時に探してみようかなと。

>You TubeでSteve Hackett探したら、たくさん出てきました。
You TubeのHello_Nicoさん用
URLのところに張っておきます。
Netscapeより、IE6.0のほうが確実につながるみたいです。

不規則な仕事なので、これから出勤します。ですから、上から順番にレスする事をお許しください。

>TNさん
>猪の館-A Hunting We will go -Backwards-A Hunting We will go
http://www.mp3.com/albums/26120/summary.html
これは『夜ごと…』の7曲目の事でしょうか? パソコンに音源が入っているだけなので、はっきり分かりません。いずれにしてもアルバム全体で聴こうと思ってます。

Bellaphonはアルバム入手が難しそうですね。まずはアイン・ソフをまともに聴く事とします(以前サラッと聴いただけなので)。

>アレンさん
>私もREDまでです。
同じですね、実は未だに『USA』聴いてません。それ以後のKCはとびとびに聴いてます。
>大好物です
この言い方好きです(笑)Softs,Gongはコンピで持っているくらいで聞き込んではいないバンドです。ロバート・ワイアットだけは別ですが。
>それでお腹いっぱいで
この言い方も好きです(笑)フィルはジェネシスで充分、ソロは全く聴いてません。ガブリエルはソロから入りました。
>PinkFloyd
私の考える彼らの代表曲と言ったら「シー・エミリー・プレイ」ですよ。

You Tubeはあまりにも色々ありすぎるので、余裕がある時に観ますね。最近、観たのはYMO。

>Mao.Kさん
お互いさまですよ。私も自分のところで精一杯、他の方のところにコメントしていないので、申し訳なく思ってます。
私もシンフォ系で、怖ろしいと思っていたジャーマン系とカンタベリー系は徐々に聴き始めているところです。ですから、kevin Ayresは名前だけ知っていてよく分かってないです。

続きは会社に行って余裕があったらまた追加するつもりです。では、また!

>これは『夜ごと…』の7曲目の事でしょうか?
はい。そうです。
>まずはアイン・ソフをまともに聴く事とします.
TNは1stではまりましたが、2nd (Hat & Fieldて Hatfield & North そのもの)からのほうが彼ららしい演奏です。

>Sさん
さすが! 日本のロックに強いですね。師匠と呼ばせてください(笑)漢字で「誘精」と書くとは知りませんでした。
まさにオムニバスで聴いて気に入っていたのですが、探しても調べてもアルバムについて出て来なかったのであきらめてました。カセット2本という事は曲はたくさんあっても、需要に結びつかなかったのかも。「Handle With Care」はたたみかけるコーラスが印象的でした。

>TNさん
「Steve Hackett and K.C. members」観ました。ギターが立って演奏している(←別人だから当たり前)、ちょっとアコースティックな感じもする「宮殿」でした、ありがとう。

今、「Auberge du Sanglier/A Hunting We Shall Go/Pengola/Backwards/A Hunting W」聴きながら書いてます。こんな夜中に聴くのは気分のいい音楽です。仕事から帰って来たばかりなので、頭が冴えて眠れません。

Ain Sophは1stを持っています。初めて聴いたのはNovela系と同時期だったので、キャッチーでポップで派手な方に走ってしまいました。10年以上隔てて聴くとまた感想が違います。2ndは持ってません。今日は夜中に出勤したので、日中は中古CDあさりに行くつもりです。また今月もビンボー

>「Steve Hackett and K.C. members」観ました.

あれが96年の収録というのが驚きです。
宮殿発表後27年後!!

なお、5月7日11時18分のTNの投稿にも一ついれてあります。

あとAin Soph 2ndはAmazonで2185円

米国の某通販(今試しています)で
# AIN SOPH - Canterbury prog. Great!
# A STORY OF MYSTERIOUS FOREST (DIGIPACK) $16
# HAT AND FIELD (DIGIPACK REMASTER) $22
# 5 OR 9 FIVE EVOLVED FROM NINE (REMASTER) $15
# MARINE MENAGERIE (REMASTER) $15

とある程度は入手可能ですので、
あまり高いのにはあわてて手を出さなくても
よいかも。
なおライブ盤に
Ride on a Camelなんて
タイトルもあります。

>5月7日11時18分の
Genesisですね。映像は時間がかかるので、後日拝見させていただきます。

アイン・ソフは中古屋にいくつかあったのを見かけました。日本のバンドは高いので中古中心に買ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/9906707

この記事へのトラックバック一覧です: ■新月『赤い目の鏡』 [プログレ 日本編]:

« ■Teru's Symphonia [プログレ 日本編] | トップページ | ■Gerard [プログレ 日本編] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ