フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.30

■ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR [映画]

Night Watch/Ночной Дозор
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』(2004)ロシア
 監督:ティムール・ベクマンベトフ 原作:セルゲイ・ルキヤネンコ
 出演:コンスタンチン・ハベンスキー ディマ・マルティノフ

その昔“光の勢力”と“闇の勢力”が敵対し果てしなく戦っていたが、力が均衡な為全滅すると悟り、休戦協定を結んだ。お互い、特殊能力を持つ“異種/others”による“闇の監視人/ナイト・ウォッチ”と“光の監視人/デイ・ウォッチ”を置く事とした。
そして現代、“偉大なる異種”が現われ、お互いの均衡が崩れようとしていた。その者はどちらかを選ばなければならない。果たして“光”となるか“闇”となるのか…ダーク・ホラー・ファンタジー

右の日本語の字幕の他に、何故か英語の字幕が下に出ていて、邪魔だなぁと思っていたら、ナント! その英字その物も映像の一部だった。
スタイリッシュな映像で、スピード感があり、アヴァンギャルド。この先の展開が予測不能な為、ずっと緊張しっぱなし。いつの間にか息を止めていたり、つばを飲み込みのを忘れていて咳き込んでしまった。

さすが、ヨーロッパ映画。ありきたりのハリウッド映画とは違い、ダークで独特の雰囲気、斬新である。今年一番の映画かも(←子ども映画ばかり観ていたんだから、当たり前だ)。
私は好きだな~
ほら、デンマークの『モルグ』とアメリカでリメイクされた『ナイトウォッチ』は雰囲気違うでしょ、そんな感じ。
アンダーワールド』の美しくはない難解版で、『マトリックス』の映像+規模の小さい『ロード・オブ・ザ・リング』と言ったところ。
コンスタンティン』で説教くさい時流を持ち込んだ事にガッカリした人なんか気にいるかも。

特に前半のトラックが疾走する場面がカッコ良かった。
血に弱い人、単純な映画を好む人には不向き。と言うか、そういう人はもともとホラーなんか観ないよね。
3部作のうちの第1章と言う事は、エンドロール中に挿入された「疾走するバスを全身で受け止める者」が今後を予想させる、大期待!
ネタバレ

2006.04.26

■今日の1曲 [Transplants]

トランスプランツ
TRANSPLANTSDIAMONDS & GUNS
軽快なピアノから始まり、スリリングなドラムを聴いていると初期パンクの緊張感さえ感じる。ゴリラズの骨太版という雰囲気も。
Blink-182とRANCIDのメンバーの融合らしいけど、どっちもまともに聴いてないな。この曲を以前に聴いた事があるから耳に残っていたみたい、たまにはこういうのもいいな。

今日は昨日やり残した仕事があり、気になって仕方が無いから勝手に早出。でも早く行って良かった、納期に間に合い、すべての仕事をこなしてスッキリ、まるでゲームをクリアした時のよう。明日の仕事も楽しみだ~(残業さえ無ければ)やっぱDTPは楽しい。

2006.04.25

■今日の1曲 [Maximo Park]

マキシモ・パーク

MAXIMO PARKKISS YOU BETTER
80年代のニュー・ウェイヴにも似た雰囲気でヨイ、しかし今時のポップスらしく途中で曲調が変わる。

あまりにも更新しないのも何だから、また手抜きでラジオで流れた気になる曲の覚書。
本当は日本のプログレで難波弘之を書きたかったけど、シリーズ物はなかなか続けるのが大変。
残業が多くて余裕の無い生活…給料出たらドンとCDを買いたいとカートに色々入れっぱなしにしていたら、Glaxo Babiesが売り切れてしまった。

2006.04.16

■モダン着物ニ観ル

kimono
明治 大正 昭和 モダン着物ニ観ル 風俗史
 ミキモトホール 入場無料

源氏物語の漫画を描いている「雲隠れ」の紅迷が教えてくれた“モダン柄着物のコレクション展”を観に行って来た。

洋服には流行のスタイルという物があるが、着物は形が変わらないのでその時代の流行を柄で表現している。
例えば、最後の狼が狩られれば日本狼柄。チャップリンが来日すればチャップリン柄。飛行船が飛来すればツェッペリン柄。キューピー、ディズニー映画初公開、スプートニク号、ダッコちゃん…が話題になればその柄、と言った具合。
中には骸骨柄やペストが流行したからねずみ柄という物もあった。

解説を読みながら世相を反映した着物やハッピ、羽織などを見るととても興味深い。
印象的だったのは“三種の神器”と言われた洗濯機・冷蔵庫・テレビ柄、う~んモダン過ぎ。
音楽好きとしては、アメリカからの輸入販売を手がけていた天賞堂がそれまで“平円盤”と呼ばれていた名称を1908年4月に“レコード”と改めたという事。そして展示されていた着物の1枚はレコードと女性の柄で素敵だが、もう1枚の“SOUND”と書かれた柄の天使の絵が笑える。

ウィリアム・ブレイクの詩をモチーフとした着物は写真で見るよりも実物はセンスが良く、これなら着てもいいなぁと思うような羽織だった。
とは言え、着物は疲れるので私はもう着る事は無いが、面白かったよ。教えてくれてありがとう、紅迷。

2006.04.15

■Moonlight Knights Live

Moonlight Knights
2006年4月15日(土)午後7時~ ライブ&バー デボラ

Progressive Cafeのfrancofrehleyさんが参加しているGenesisカバー・バンド“ムーンライト・ナイツ”ライブに行って来た。日本名は“月禿の騎士”だそうだ。

全員赤い服を着て登場。
オープニングの『トリック・オブ・ザ・テイル』から「Dance on a Volcano」で掴みはOK !
それからバンドのボーカルが多忙な為、ピンチヒッターのゴンザレスさん登場。
『月影の騎士』から「Dancing With the Moonlit Knight」、何となくピーター・ガブリエルに似た歌声(風貌は個性的)、終わった直後「そういう訳でした」で笑い。
こじんまりとしたライブハウスでだいたい30人ほどの20~40代の男女といった感じ。お客さんとの掛け合いも楽しく、和気あいあいとした雰囲気で、濃いひと時を過ごさせていただいた。

写真は拝見していたが、初めてお会いするfrancofrehleyさんは若々しく、スタイルの良い奥さんもご一緒だった。今後行かれる方はfrancofrehleyさんのギター演奏も良いけど、可愛らしい杏奈さんを見るだけでも得した気分になるかも。

私は勉強不足で知らない曲もあったので、家に帰って来てから“ジェネシス”を聴き続けてる。彼らの音楽を聴いていると、時々似たようなフレーズを思い出す。それほど彼らに影響されたバンドが多いって事ね。

2006.04.12

■Mr. Sirius [プログレ 日本編]

Eternal Jealousy Dirge
『エターナル・ジェラシー/間奏曲(Intermezzo)』Single(1986)
 Made in Japan Records
ダージ』(1990)Splax

ミスターシリウス”ことマルチプレイヤー宮武和広が率いる関西のクラシック+フュージョン・プログレ・バンド。
その音楽は複雑なリズムを縦横無尽に弾きまくって、叩きまくって、歌いまくってといった疾走感があり、完成度が高い。

以前はkasaya.com内で試聴できたんだけど、リンク先が消えている。シングルを買ってから早20年、気が付くのが遅い私に1st『Barren Dream(バレンドリーム)』はいつ手に入るのやら~
ちなみに上記シングルのA面は爽快なフュージョン、B面は美しいクラシカル・シンフォで安定した夢幻といったところ。そして<絶賛発売中!Mr. シリウス/Gate to Europe(カセット)¥1,000>と書いてある…

Member :
宮武和広 (G, Fl, B, Key)
永井博子=大木理紗 (Vo, P)
藤岡千尋 (D, Per)
村岡秀彦 (B)
釜木茂一 (G)

Guest :
高山 博 (Arrange)
小川文明(Moog solo)

2006.04.10

■Pageant [プログレ 日本編]

La Mosaique de La Reverie The Pay for Dreamer's Sin
螺鈿幻想』LP(1986)/CD(1989)Crime
夢の報酬』(1989)Crime

韓国の「In Utero」サイトからトラックバックいただいたので、今日は “ページェント”。

1980年代に活動していた大阪のプログレ・バンド。
ギターやフルートも良いけど、やはり魅力はパワフルで変幻自在なヴォーカリスト永井博子(現・大木理紗)。他のバンドと一線を画し、日本的なオドロオドロしさも感じられるゴシック・シンフォニック・プログレ。
1st『螺鈿幻想』を聴いて、♪逃げても逃げても籠の鳥 になった方は多いんじゃないでしょうか?
2nd『夢の報酬』はメンバー・チェンジを経て、更にロマンティックになり聴きやすくなっている。

Member :
中嶋一晃 (G, Vo)
永井博子=大木理紗 (Vo, Key)
宮武和広 (Fl, Acoustic G)
長嶋伸行 (B)
引頭英明 (D)

前野祐之 (G)
加島有三 (Key)
山田和彦 (B)

下は「アウター・リミッツ with ページェント」のライブで配られたのだと思う。
Side A: Outer Limits「Wispering, ...or ?」(Vocal Version)
Side B: Pageant「エチュード」(Live Version)

ソノシート ←Made in Japan Recordsのソノシート

2006.04.09

■新●月コンサート「遠き星より」 [プログレ 日本編]

Shingetsu
新●月』2006年4月9日(日)午後2時~ 原宿クエスト・ホール

開演2時になって「もうすぐ始まります」とアナウンスがあったが、60年代のポップスが流れ続けていたので、周囲を見渡してみた。
300席ほどのパイプ椅子の開場はほとんど埋まり、年齢の幅も20~60代といった感じでプログレ・ライブにしては珍しく女性が3割ほどいた。
10分ほど経ってから(時計を落としたので確認できなかった)幕が開き、メンバー登場。

「こんにちは、新月です」
上部スクリーンには雪景色が映し出され「白唇」、北山氏(Vo)が帽子とマフラーとコート姿で歌う。おぉ~感激!
「雨上がりの昼下がり」、メンバー紹介と続く…

- 会場で撮影していて、DVDになるかもしれないので省略 -
(もしも発売されたら絶対買う)

寸劇が入りったりして、鈴木氏(B)がMCで「以前新月を観た方」と会場に声をかけたら、10~20人の方が手を挙げていて本当にうらやましかった。
サイケで前衛的な「生と死」。
「殺意への船出 パート1」に続いて「パート2」待ちに待ったピーター・ガブリエルのような被り物で北山氏登場。もう、すごく良い演奏だった。
津田氏(G)がボーカルをとった「赤い目の鏡」。
そして白装束の「鬼」!
~ アンコール ~
「科学の夜」はアイドルのようだった。
「せめて今宵は」で余韻に浸る…

もう20年以上前に解散していて私は後聴き、まさかこの目で幻のバンド/伝説と化していた彼らを観る事ができるとは夢にも思ってなかった。
新月って<静寂から炸裂>というイメージで、それが絶妙のタイミング(←私の勝手なイメージ)。こうやって生で観ると個々の素晴らしい才能が一つに集約されて、一生心に刻まれる名盤が作られたという事が分かった。
私は背が低いので、ステージ右側の津田氏と花本氏(Key)がほとんど見えなくて残念だったが、パワフルな高橋氏(D)にノックダウン。ロマンティックな演奏の中に彼が緊張感を与えているのだと感じた。
約2時間のステージの後、すぐ席を立った方々はNew Trollsに行かれたのかな? CDを買ったり(ちなみに会場売りのBoxはサイン付)、アンケートに答えたりしてウダウダしていたら、津田氏に握手していただけた、ラッキー♡

※余談:
原宿クエスト・ホールって『ダレン・シャン』来日イベントで前に行った事があった、彼も棺の中から登場したよ。

2006.04.08

■新●月●全●史 [プログレ 日本編]

Shingetsu CD & DVD ←シールもとっておく
新●月●全●史』(2005)Avalon

忙しくて買ってから満足に聴けてなかった。
明日ライヴだから予習中、実は場所もよく分からなくて調べてた。
この曲演奏してくれるとうれしいな、一番先に好きになった曲だったから。

Boxを見て、知らない人は演歌だと思うかな(笑)新月ファンならマストかも~
今のところDISC : 3/M11「殺意への船出パート2」 (スタジオ・デモ 1979)がお気に入り。
ディスクユニオンで購入、特典付き。
サイトでは「BOX未収録ライヴ音源収録CD」と書いてあるけど、私のは「リハーサル1976/Serenade」プログレのカバー曲メドレー集。買うタイミングで違ったのだろうか?
※追記:どうやら、買う店によって特典が違ったらしい。

Member :
北山 真 (Vo)
花本 彰 (Key)
津田治彦 (G, Vo)
鈴木清生 (B)
高橋直哉 (D)

プログレの逆襲と紙ジャケ ←特典

2006.04.05

■Outer Limits [プログレ 日本編]

Image20
Misty Moon』(1985)Made in Japan Records

1980年代に活動していた東京のプログレ・バンド“アウター・リミッツ
バイオリンをフィーチャーした耽美なシンフォニック・ロックだが、ジャズの雰囲気もある。丁寧にリズムを刻むが、緊張感のある演奏と不安をかきたてる男性ボーカル。
「Saturated Slution」と「すべては風のように」が好き、つまりB面ってこと(笑)

正直言ってジャケットが苦手。代わりに当時のチラシUP(画像クリックで拡大)。多分、<11/16 渋谷Eggman with ページェント>観たよ。
再結成されて、ライブ活動やレコーディングをしているようだ。

Member :
塚本周成 (Key)
桜井信之 (D)
上野知己 (Vo, Key)
荒牧 隆 (B, G)
川口 貴 (violin, G, Cho)

2006.04.03

■Magdalena [プログレ 日本編]

Magdalena
Magdalena』LP(1987)/CD(1989)Crime

1980年代に活動していた関西のプログレ・バンド“マグダレーナ”。
クラシックを基調とした、ドラマチックな様式美の世界。その歌声は高くなったり、低くなったり、聴いている者を翻弄する。ずっと熱を帯びたままの「ワルツ」が好き。

いわゆる<お城系>ではないのかな~ 私としては<RPG的ファンタジー世界>だと思っている。
「NovelaやGerardの女性ボーカル版」と言ったら叱られた、どちらのファンの方もすみません…

Member :
徳久恵美 (Vo)
藤井 卓 (G)
加島有三 (Key)
西口直良 (B)
伊藤信男 (D)

Guest :
永井博子=大木理紗 (Vo)
赤尾和重 (Vo)
宮武和広 (Fl)

2006.04.01

■エルベ

Image1093
銀座に用事があったので、久しぶりに歌舞伎座裏のシチューの店『エルベ』へ行った。
シチューとは言え、土鍋に入ってグツグツ煮えたぎって出てくる。
不思議とまた食べたくなるお味、1800円だからお金に余裕のある時にしか行けない。

時間が合わず『ヒストリー・オブ・バイオレンス』の鑑賞をあきらめて新宿へ買出し、ホックホク♡
夜は桜の木の下でビール、寒い…
これから『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』<後編>を見る予定。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »