フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■放送禁止映像大全 | トップページ | ■今日の1曲 [Joe Crow] »

2006.01.16

■コックリさん [映画]

コックリさん
コックリさん』(2004)韓国
監督・脚本:アン・ビョンギ 出演:イ・セウン、イ・ユリ

ユジンはソウルから母親の出身地である閉鎖的な村へ転校してきた。クラスメートの執拗ないじめをやめさせようと、30年前に亡くなった少女インスクの席でコックリさんを行う。
次の日から、不可解な事件が発生し始める…ホラー

とにかく出演する女優が皆可愛く、韓国の女性はこんなに美しいのかと思った。だっていじめる側も脇役も端正な顔立ち、唯一最後に出てくる少女だけ別。
みんなきれいな黒髪で、清楚なたたずまい。つまりみんな同じように見えて、頭の中が混乱、誰が誰だか分からなくなってしまった。霊感の強いホギョンを殺したのは誰?

同じ東洋人だし、日本のホラー映画と同じような雰囲気で、ありそうな気がして怖い。
最初“コックリさん”と聞いて、てっきり日本の映画だと思っていた。
やり方はちょっと違っていて、韓国ではペンを握ってやっていたが、日本の場合は10円玉だったよね(地方によって違うかも)。放課後に教室で友達がやっていて全然終わらず、帰れなくてとても困った事を思い出した。

ストーリーもよく出来ている。納得できる理由があったし、校長先生のシーンはスリラーっぽくて、彼女の登場シーンは『キャリー』みたいだった。でも、最後のシーンはいただけないな、やっぱりアレ誰?
こういう学園物につきもののいじめは苦手だな~ 何が面白くていじめるんだろう?

基本的に幽霊の存在は信じていない、このような閉塞的な環境が幽霊話を作り出しているのかな(例えば『ヴィレッジ』みたいに)。
世の中には説明できないような不思議な事柄があるのは認めるし、どこの国にも幽霊話が存在するから、完全に否定する事ができない部分がある。
しかし、“呪い”というものがあるとしたら、犯罪者はもう“バチ”があたっていて当然なはずだが、事件に関係の無い国民の税金で衣食住を与えられて過ごし、何故かピンピンして出所してしまう。世の中の仕組みの方が不可思議だよ。

« ■放送禁止映像大全 | トップページ | ■今日の1曲 [Joe Crow] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

俺はコレ駄目でした。
登場人物の言葉のやり取りが激しすぎてさ・・・

普通のジャパニーズ・ホラーとあまり変わらないと思ったのですが、言葉のやり取りが激しいとは感じませんでした(言葉分からないし)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/8190302

この記事へのトラックバック一覧です: ■コックリさん [映画]:

« ■放送禁止映像大全 | トップページ | ■今日の1曲 [Joe Crow] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ