フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■Captain Sensible [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Kraftwerk [80年代NW ベスト盤編] »

2005.11.01

■Chrome [80年代NW ベスト盤編]

image996
Anthology 1979-1983』(2004)Cleopatra

Band Members :
Helios Creed (Guitar, Bass, Vocals)
Damon Edge (Synth, Drums, Tapes, Vocals)
Gary Spain (Bass)
Hillary Stench (Bass)
John Stench (Drums)

1976年、サンフランシスコでDamon EdgeとGary Spainが結成したグループ、“クローム”。
1977年に1st『The Visitation』をリリース、初期メンバーのJohn Lambdin(V, G, B)はフラワー・トラベリン・バンドと共演した事があるそうだ。
1995年、ダモン・エッジが他界した後もヘリオス・クリードが中心となって活動を続けているようだ。
1997年にはキング・クリムゾンブライアン・イーノのトリビュート・アルバムに参加している。怖いものみたさで聴いてみたいような気もする(笑)
ザ・レジデンツタキシードムーン(未聴)と並び評されているので、だいたい音楽は想像できるかも。ここに彼らの紹介がちょっとあった。

このベスト盤を聴く限りでは、初期はノイジーでアバンギャルドなパンクという感じで、予想不能なストゥージズといったところ。
『Red Exposure』ぐらいからシンセを多用したダンス・ミュージック、後半は重々しいメタル、ゴシックといった感じ。ただし、すべてがノイジー。
New Age」「In a Dream」が比較的聴きやすい。「Anti-Fade」「Chromosome Damage」等もヘンな意味で捨てがたい。
途中で演奏は切れるし、神経を逆なでするような音がてんこもり。ジャケットは黒地に銀色でかっこいいけど、ジャケ買いしちゃダメよ。まぁ、人には薦められないような、聴いている事も知られたくないような、不気味音楽かな。

Red Exposure ←アナログ『Red Exposure』、CD化祈願

« ■Captain Sensible [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Kraftwerk [80年代NW ベスト盤編] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

クロームのベスト盤なんてあるんですね~~、驚きです。とにかくヘリオス・クリードの捻じ曲がったギターの音は不気味ですね。
>人には薦められないような、聴いている事も知られたくないような、不気味音楽かな
→→ 「Red Exposure」を聴いて大抵の人は何じゃ、こりゃ??という反応だったのですが、唯一、この音最高だよね!と賞賛してくれたのがうちの女房でした(笑)。ちなみに女房はノイバウテンも気に入ってくれました(爆)。

『Chrome Box』に『Red Exposure』が入っていて、欲しいんですけど、手に入らないので、この『アンソロジー』を買いました。
初めて聴いた時「New Age」はかっこいいと思いましたよ(恥ずかしいですが)。でも、『Red Exposure』は輸入盤でどんなバンドか当時まったく分からなかったのです。今はネットで調べられるから便利です、ありがたや~
「TV As Eyes」はテープを使っていてヘンで好き、「Abstract Nympho」はギターがかっこいいと思います。

価値観の合うご夫婦でいいですね。

「Red Exposure」のアナログ、ワタシも持ってますよー(笑)。そうですね、当時彼らは米国NWバンドとしてレジデンツやタキシードムーンと並び称されていましたね。ワタシはその後タキシードムーンだけに傾倒していったのですが。そのタキシードムーン未聴なんですか?是非聴いてみてください。レジデンツやクロームとは一線を画していますよ。

>しかし、 さん
「Red Exposure」は輸入盤ですか? このアルバムは、唯一日本盤が出たらしいですね。ライナーに興味があり、この音楽について何て書かれていたのかしら。
タキシードムーンは聴く機会が無かったです。レジデンツは日本盤も出ていて比較的手に入りやすかったのですが、クロームの方が好きでした。

「Red Exposure」は日本盤です。邦題は「赤い露光」って見事な直訳です(笑)。ライナーは八木康夫氏が書いてます。彼らのことについて、nicoさんが書いた以上に詳しいことはあまり記載されていません。クロームという名前の由来はアール・デコから来てるということぐらいかな。あとは当時のアメリカ西海岸を含むニュー・ウェイヴ勢について相関図とか載ってるくらい。この相関図はなんかどっかで見たことありますが。

ライナーの解説ありがとうございました。
八木康夫氏と帯の事はネットで調べてみます、何てウリだったのかなぁ~
ちょっと前までクロームを調べても出てこなかったのに、最近色々なところで見かけて(おまけに日本のサイトも)うれしいです。当時、ジョイ・ディヴィジョン、グラクソ・ベイビーズと並んで私にとって謎のバンドでした。
どっかでバンド名を見た事がある、聞いた事があるというだけで、アルバムを買ってしまいがちです(特にプログレ)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/6832940

この記事へのトラックバック一覧です: ■Chrome [80年代NW ベスト盤編]:

« ■Captain Sensible [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Kraftwerk [80年代NW ベスト盤編] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ