フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■The Jam [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Crass [80年代NW ベスト盤編] »

2005.10.27

■The Style Council [80年代NW ベスト盤編]

スタイル・カウンシル・コレクション
The Style Council Collection』(1995)POLYDOR

Band Members :
Paul Weller : John William Weller (Sings)
Mick Talbot (Hammond Organ, Piano Forte)

1983年、「Speak Like a Child」でデビューした元ザ・ジャムポール・ウェラーと元デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズのミック・タルボットのイギリス出身2人組“ザ・スタイル・カウンシル”。
その音楽はフレンチ・テイストのおしゃれでメロウなポップス(ばかりじゃないけど)、前向きな雰囲気でありながら、歌詞はシニカルだったりする。

1982年12月ジャムを解散させた後、ポールは自分自身の目指す音楽を表現する為に、スタイル・カウンシルを作ったのだと思うが、ミックと組んだのは「友達が少なく、彼なら気軽に話せるから」だったそうだ(ライナーより)。
彼らの曲がヒットしていたから私は気がつかなかったが、イギリスではジャムが人気絶頂時に解散してしまったので、スタイル・カウンシルをなかなか受け入れられず、評判が悪かったそうだ。そんな中で彼らを支持したのは日本のファンらしい。

私は最初から彼らが好きだったわけではない。他に好きな音楽があったので、ジャムも途中で聴くのをやめていた。そんな中でラジオで流れた「The Paris Match」にやられた。

このベスト盤がいいのは、ポール・バージョンの「ザ・パリス・マッチ」だという事。1st『Cafe Bleu/カフェ・ブリュ』(1984)収録のトレイシー・ソーン(Everything But the Girl)バージョンは今一つ好きになれない。
1stが出る前にイギリス以外で発売されたシングル集EP『Introducing : the Style Council/スピーク・ライク・ア・チャイルド』(1983)にも収録されている「Headstart for Happiness」「Long Hot Summer」あり、「My Ever Changing Moods」「You're The Best Thing」「Boy Who Cried Wolf」等耳慣れたヒット曲も入っている。あらためてミックのオルガンが良いと思うかも。
The Whole Point Of No Return」はベン・ワット(Everything But the Girl)かと思ったよ。
特に私が好きなのは「Ghost Of Dachau」「A Stones Throw Away」はかなげで美しい。
1983~1988年までを網羅し、R&Bやジャズ、ポップスにバラードとバラエティに富んでいるが、アクの強い曲は無くサラリと聴けるので楽しいベスト盤だと思う。
ただし、「Shout To The Top」「Walls Come Tumbling Down」が入ってないし、私の好きな「The Lodgers」が無いから、ヒット曲が聴きたかったら他のベスト盤を買うべし。

レコード会社からリリースを拒否され、発売中止となった5th『Modernism : A New Decade』(1989)を最後に1990年解散。
1998年、日本のみ紙ジャケ仕様で『モダニズム:ア・ニュー・ディケイド』が発売されたが、現在は廃盤(Amazon.comや.deで入手可)。しかし、Box Set『The Complete Adventures of the Style Council』に収録されている。

ポールは大ヒットしなくていいから、末長く活動して欲しい。例えば、デヴィッド・ボウイやロッド・スチュワート、ピーター・ガブリエルのように、細くとも長くファンに支えられる人であって欲しいと思っている。
ラジオで聴いた限りでは、新作『As Is Now』にはいい曲もあった。
彼やスティングフィル・コリンズのように、ソング・ライティングできて、メインでボーカルを担当していた人は強いな~

The JamThe Style CouncilPaul Weller、どの時代もほどほどに聴いて来たが、一番好きなのはスタ・カン。ボックス・セットを私もいつか買うゾ!
ちなみに、細身の黒ネクタイしてカーキのコートを着ていたら、真面目な友達に遠まわしに「変な格好」と言われた…

« ■The Jam [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Crass [80年代NW ベスト盤編] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

ケイタイのメール着信音を、スタ・カンの「Our Favourite Shop」にしてます(笑)。スカパーの音楽番組の影響だったんですけど。

でも、最初に「スタ・カン」と聞いたとき「スカタン」と間違ってしまった記憶が。。。

>スカパーの音楽番組
CS入ってないんですよ、見てみたいです。TVKの音楽番組をたまに見るんですけど、J-POPとHip Hop中心で面白くないです。

>スカタン
大きな違いですね(笑)

ポールの「The Paris Match」は聴いたことがありませんでした。イギリスのバンドはシングルとアルバム収録曲のバージョンが違っていたり、そもそもシングルでしか聴けない曲があっりしてフォローが大変ですよね。
「My Ever Changing Moods」は一時期携帯の着うたにしてました。ちなみに今はミラクルズの「Love Machine」です。

>イギリスのバンドはシングルとアルバム収録曲のバージョンが違っていたり
そうなんですよね、私はアルバム主義なので、困っちゃう。オフィシャル・アルバムで完結してくれればいいのに、EPなんかゾロゾロ出したり、リミックス・バージョンとか出されると混乱して、どれを買ったらいいのか途方に暮れますが、結局ベスト盤でおさめてます。
ポール・マッカートニーのヒット曲はアルバムに収録されず、シングル曲はベスト盤を買わなきゃ入ってないそうです。

>ミラクルズの「Love Machine」
ディスコですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/6689437

この記事へのトラックバック一覧です: ■The Style Council [80年代NW ベスト盤編]:

» the STYLE COUNCIL - Long Hot Summer [iPod iTunes 快適ダウンロード音楽生活 i Love music Tunes]
 ◆ジャンル:Rock, Pop  ◆リリース:1983  ◆レーベル:Poly... [続きを読む]

« ■The Jam [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Crass [80年代NW ベスト盤編] »