フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■パンク日本上陸 [80年代Punk/NW編] | トップページ | ■ロック白書'77 [80年代Punk/NW編] »

2005.10.08

■Blondie [80年代NW ベスト盤編]

ザ・コンプリート・ピクチャー
The Complete Picture』(1991)Chrysalis

Deborah "Debbie" Harry (Vocals)
Chris Stein (Guitar)
Clem Burke (Drums)
Jimmy Destri (Keyboards)

Fred Smith (Bass)
Gary Valentine (Bass)
Frank Infante (Bass, Rhythm Guitar)
Nigel Harrison (Bass)

1976年、シングル「X Offender」1stアルバム『Blondie(妖女ブロンディ)』でデビューしたアメリカの5人組“ブロンディ”。
前身は“Wind in the Willows”“Stlettos”ブロンディーとして活動を始めたのは1974年。
デボラ(デビー)・ハリーとクリス・スタインを中心として、メンバーは入れ替わったが、マンハッタンのクラブ<CBGB>で共に出演していた“Patti Smith Group”“Television”“Silverhead”などともつながりがある。

最初はそれほど売れなかったけれど、2nd『Plastic Letters(囁きのブロンディ)』からのシングル、ランディ&レインボウズのカバー「Denis(デニスに夢中)」がイギリスでヒット(私は「ジニー ジニー」と聞こえるんだな~)。
そして3rd『Parallel Lines(恋の平行線)』からのシングル「Heart of Glass」が1979年にアメリカで大ヒット、かく言う私もシングルを買った。

このベスト盤はデビーのソロも入っているけど、「Call Me」「Sunday Girl」「Rapture」「The Tide Is High(夢見るNo. 1)」(パラゴンズのカバー)「Dreaming」「Atomic(銀河のアトミック)」なんか聴くとワクワクしちゃうねー
色々なジャンルの要素を持っているが、基本はポップス。それもちょっと懐かしいような60年代の雰囲気。
Union City Blue(涙のユニオン・シティ)」「French Kissin' in the USA」なんかも私は好きよ。

デビーがソロを出した頃からギクシャクし、1982年10月に解散。
しかし、1998年再結成し、2003年サマソニで来日してたんだってね、私知らなかったよ~

Koo Koo / Heart of Glass ←まだアナログ持ってるよ

« ■パンク日本上陸 [80年代Punk/NW編] | トップページ | ■ロック白書'77 [80年代Punk/NW編] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ブロンディ、きちんとアルバムを聴いたことはあまりないのですが、ここに挙げてあるシングルはみんな好きですね。

>色々なジャンルの要素を持っているが、基本はポップス。それもちょっと懐かしいような60年代の雰囲気。

まさにそのとおりですね。
自分は「Shayla」という曲が一番好きです。

実はデボラ・ハリーの顔が好みというおっさんくさい理由もありますが・・

ブロンディー、「X Offender」や「Parallel Lines」とか良く聴きましたよ! ロバートフリップがライブに出入りしたりしていたそうですね。
再結成のアルバム「No Exit」もいいですよ。

若い頃から年齢不詳風の顔でしたが、再結成でもあんまりイメージは変わっていないように思います。

そういえば「ブロンディ」はコンサートに行ったことがあるのを思いだしました。

>SYUNJIさん
私もあまり真面目にアルバムを聴いた事ないのですが(暗い曲好きなもんで)、耳慣れたヒット曲は楽しいです。
「Shayla」いい曲ですね。

>taknomさん
ロバート・フリップが出入りしてたなんて、どこにでも顔を出しますねー。
色んな人とセッションしていた時期なのでしょうか(今も?)

続けてブロンディを聴いてるんですね。私はインディーズ系に傾き始めた頃からあまり聴かなくなりました。

>晴薫さん
それは、良い思い出ですね。忘れていたと言う事はあまり印象的ではなかったのでしょうか。

 こんにちは!nicoさんのエントリー記事の最後に「まだアナログ持ってるよ」が凄く印象に残っちゃいます・・・(笑)
 アナログを大事にしてる人に悪い人はいません!(キッパリ!)
 楽しいレビューを何時も拝見させて頂いております・・・

大事にしているつもりなんですけどねー。
白いジャケットは染みが出て来ているし、針飛びが多くて閉口しています。
MALさんに「バランスウォッシャー」なる物を教えていただいたので、それを探しに行くつもりです。

ロバート・フリップは、このころクリムゾンも解散していて、ニューヨークに住んでいろいろな人とセッションしたりしていた頃だったのではないかと思います。初ソロの「エクスポージャー」で、デボラが歌うという話もあったようです。

アナログ、処分しちゃいました(^^; 保存場所がよくなくて、カビの巣になってしまったので(;_;)。

クリムゾン単独しか聴いてない、と思っていたら、カセットテープにロバート・フリップの「エクスポージャー」が出て来て、調べたら色んな人が参加してました。今、カセット・テープとCDとアナログの整理中で、部屋中散らかってます。
もう置く場所が無いので、処分しなくては…母に押し付けるか!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/6313707

この記事へのトラックバック一覧です: ■Blondie [80年代NW ベスト盤編]:

« ■パンク日本上陸 [80年代Punk/NW編] | トップページ | ■ロック白書'77 [80年代Punk/NW編] »