フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■U2 [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Captain Sensible [80年代NW ベスト盤編] »

2005.10.30

■Billy Idol [80年代NW ベスト盤編]

アイドル・ソングス/ベスト・オブ・ビリー・アイドル
Idol Songs』(1988)EMI

Billy Idol : William Michael Albert Broad
1955年11月30日 イギリス/ミドルセックス生まれ

1976年に結成し、1977年「Your Generarion/狂暴のロックン・ロール」でデビューしたパンク・バンド“Generation X”のボーカルだった“ビリー・アイドル”。
その後、バンドは“Gen X”とグループ名を改めたが、解散。1981年にビリーはアメリカに渡り、ソロとして成功を収める。
映画『スピード』のテーマ曲「Speed」をご存知の方も多いだろう。
私にとって、ビリーとはストレイ・キャッツのブライアン・セッツァーやセックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズと同じようなイメージ。バンドにいた時は尖った感じだったけど、ソロになったら雰囲気が変わった人達。

ちなみに元ジェネレーションXのトニー・ジェイムズ(Bass)は“Sigue Sigue Sputnik/ジグ・ジグ・スパトニック”を結成、「Love Missile F1-11/ラヴ・ミサイルF1-11」(1986)のみ大ヒットじゃなかったかな~
そして、ジェネレーションXはセックス・ピストルズの親衛隊だったそうだ、スージー&ザ・バンシーズと同じだね。
「Your Generation」はザ・フーの「My Generation」のアンサー・ソングではなかったかな?
ビリーは映画『The Doors』(1991)にも出演していたそうだ、気付かなかった…

このベスト盤は初期のヒット曲を収録していて(←初期しかヒットしてないって)、ポップなロックン・ロールが散りばめられている。
ビリーの甘いボーカルもさる事ながら、スティーヴ・スティーヴンスのギターが冴え渡り、キーボードが80年代らしくて良い。
Rebel Yell/反逆のアイドル」「Eyes Without a Face」「Mony Mony」「Flesh for Fantasy」ほら、懐かしくなったでしょ。
これは私にとって、イエスレインボーと並んでたまに聴きたくなるアルバムである(相変わらずバラバラな趣味で…)。

試聴した限りでは、新作「Devil's Playground」かっこいい。スティーヴ復活、元ドリーム・シアターのデレク・シェリニアン(Key)も参加しているらしい。

※カセットテープを見ていたら、Generation Xの「Valley of the Dolls(人形の谷)」が入ってた。あ~ビリー・アイドルだわ。

« ■U2 [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Captain Sensible [80年代NW ベスト盤編] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/6767019

この記事へのトラックバック一覧です: ■Billy Idol [80年代NW ベスト盤編]:

« ■U2 [80年代NW ベスト盤編] | トップページ | ■Captain Sensible [80年代NW ベスト盤編] »