フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ランド・オブ・ザ・デッド [映画] | トップページ | ■隣人13号 [コミック] »

2005.09.18

■チャーリーとチョコレート工場 [映画]

Charlie and the Chocolate Factory
チャーリーとチョコレート工場』(2005)アメリカ
 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ

世界的に大人気の“ウォンカ”チョコレート。“ゴールデン・チケット”が入っていれば、長年誰も足を踏み入れた事の無い謎の工場を見学できる。5人の子供達が招待され、さらにその中から1人だけ特別賞がもらえる。
貧しいながらも家族に愛されている少年チャーリーにも“ゴールデン・チケット”が当たった…ファンタジー。

ティム・バートンとジョニー・デップと言えば『シザー・ハンズ』『エド・ウッド』『スリーピー・ホロウ』、その路線。
ただし摩訶不思議で極彩色、ブラック・ジョーク溢れ、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)の奇妙さも混じり、イヒヒと笑える楽しい映画だった。

玄関での出来事からひき込まれた。まるで、初めて入った時の“東京ディズニーランド”のような気分。
子供達も愛らしく個性的。特にバイオレットの「クネクネよ」に好感、めげない強さが子供らしい。彼女のママはマエケンに似ていると思った。
ジョーじいさんも優しくて素敵だが、ジョージじいさんもいい味。そしてウィリーの父(クリストファー・リー)が怖くないけど、役柄がピッタリな気がした。
ミュージカルが苦手な私でも、ウンパ・ルンパの歌のタイミングが絶妙! 特にベルーカの歌はコーラスが美しく、60年代のポップスと言った感じ。

と言う訳で、とても気に入った私はロアルド・ダール原作『チョコレート工場の秘密』を読もうと図書館に予約、33番目だった。
それでは、リメイク元の映画『夢のチョコレート工場』(1971)をレンタル屋で借りようと調べたら、置いて無かった…

« ■ランド・オブ・ザ・デッド [映画] | トップページ | ■隣人13号 [コミック] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これ、面白そうな映画ですよね。
J・デップがともかく良さ気です。
原作も結構面白いみたいです。

今朝、この記事を読んで観にいってきました。
子どもと一緒だったので日本語吹き替え版でしたけど。
ウンパ・ルンパに笑いました。全員があの濃い顔でファンキーでノリノリで。
全然、妖精チックじゃないところがティム・バートンですね。
原作ではどうなっているのでしょうか?
ロアルド・ダールはショートショートしか読んだ事が無いのですが気になる作家です。

面白かったですよね。
「コープス・ブライド」も見に行きたいです。
>イヒヒと笑える
わたしは「SECRET RECIPE」のベタな笑いまで好きでした。
>33番目
映画の効果すごいですね。でもすぐ読んでしまえる児童書だから意外と早くまわってくるかもしれませんよ。
音楽も楽しかったのでちょっとサントラ盤がほしくなって、こんなことなら甥っ子がいるうちに買えばよかったかなと思ってるところです。
クリストファー・リーは最近また映画で見るようになりましたよね。子供のころは夏にタオルケット持ってテレビで「ドラキュラ」見て、けっこう怖い思いをしました。

 こん**は。今日ようやく休みが取れたので見てきました。ジョニー・デップファンにはたまらない贈り物でした。またいろんな映画をパロディにして取り入れてありおもしろかったですね。早速TBさせていただきました。

映画を観た翌日にTV東京で特集が組まれていました。映画を観た後で良かった~、先入観があると勝手に想像してしまうので、何の予備知識も無く観るのが好きです。

>晴薫さん
面白いですよ。お子様と一緒にご鑑賞なされてはいかがでしょうか(ブラックな笑いですが)。

>アレン
ウンパ・ルンパ良かったですよね。ロックな音楽では衣裳は違うけれど、顔が同じ、ププッと笑ってしまいました。
>全然、妖精チックじゃないところが
そこが私が観ても耐えられるところです。型にはまった子供向き映画は時々辛い時があります(もう夢見る年頃では無いので)。やってくれたよ、ティム・バートンといった感じです。
「デブデブのブヨブヨ」から笑いはじめました。

ロアルド・ダールは一度も読んだ事がありません。なにせ、ヘソ曲がりな子供だったので…

>mattsmoodさん
実はティム・バートンのアニメは苦手で…
でも、セット前売り券を買うとおまけが付いてきたようですね。私の地元では売ってなかったので、コンビニで文字のみのつまらない前売り券を買いました。
>「SECRET RECIPE」
ちょっと分かりません…残念。でも、充分面白く、笑わせられました(またシワが増えた?)。
クリストファー・リーは存在感ありますね。チャーリー達の事は分かったけど、父親はどうなったのか気になりましたよ。
『ドラキュラ』は子供の頃に観ただけなので忘れてしまいましたが、その時にはもう既に古い映画だったのでサラッと観ましたよ。

>ゆうけいさん
ジョニー・デップのファンでは無いのですが、彼の出演する映画は結構観てます。映画によって雰囲気の変わる、良い俳優だと思います。
最初はもちろん、『シザー・ハンズ』。

>ロアルド・ダールは一度も読んだ事がありません。
TVドラマの予期せぬ出来事は観たことありませんか?
私は大好きでした。
WOWOWではやらないのかな?
非常にnicoさん好みだと思いますが。

『予期せぬ出来事』観たことないです。
今調べたら『あなたに似た人』と言うミステリーを書いているのですね。表紙を見た事があります。機会があったら観ますね、教えていただいてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/6007836

この記事へのトラックバック一覧です: ■チャーリーとチョコレート工場 [映画]:

» チャーリーとチョコレート工場 [カタログ]
チャーリーとチョコレート工場観て来ました。オリジナル版の夢のチョコレート工場に勝るとも劣らず面白さでした!こちらのティム・バートン版はとにかく工場がゴージャス。ジョニー・デップ扮するワンカ氏が子供のようで、繊細なキャラであることが大きく違った。ワンカ氏の... [続きを読む]

» [映画]チャーリーとチョコレート工場 Charlie and The Chocolate Factory [mattsmoodの日記]
今日は楽しみにしていた「チャーリーとチョコレート工場」を観た。 うーん、わかりやすくて楽しかった。ベタな笑いもあったけど。 ”Wonka’s welcome song”を聴くのは10日ぶりくらいだけどさんざん聴いたので耳になじんでるし。 ティム・バートン監督、ジョニー・デップのウィリー・ウォンカで独特のファンタジー・ワールド。 ティム・バートン監督ってやっぱりすごい。ヴィジュアルがステキ。 ジョニー・デップもすごい。 ウィリー・ウォンカの回想以外はほぼ原作に沿っていたし。、ロアルド・ダールにも観て... [続きを読む]

» チャーリーとチョコレート工場 [ゆうけいの月夜のラプソディ]
 私事で恐縮ですが、今日から遅めの夏休みに入りました。というわけでまずは「チャー [続きを読む]

» チャーリーとチョコレート工場 [Matsuno-FC Blog]
先週の木曜日に『チャーリーとチョコレート工場』を観に行った。これほど楽しくウキウキさせる映画を観たのは久しぶり。フジテレビの政井マヤアナがお台場映画王のPR番組で、この作品は「ハリー・ポッター」と「踊るマハラジャ」を足して2で割ったような楽しい作品と評し....... [続きを読む]

» チャーリーとチョコレート工場 [Akira's VOICE]
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開! [続きを読む]

» チャーリーとチョコレート工場観たよ [わにわにしちょし]
本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。 まずはチョコレート工場の感想から。 とりあえず、結構面白いが、ほのぼのファンタジーを期待していた人にはイマイチと... [続きを読む]

» チャーリーとチョコレート工場・・・・・・・・・ [サクっと]
チャーリーとチョコレート工場 ティム・バートンとジョニー・デップのコンビで評判の 「チャーリーとチョコレート工場」 正直あんまり期待していないのですが さて・・・・・   [続きを読む]

« ■ランド・オブ・ザ・デッド [映画] | トップページ | ■隣人13号 [コミック] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ