フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ツイン・ピークス ローラの日記 [小説 DL編] | トップページ | ■ドーン・オブ・ザ・デッド [映画] »

2005.09.08

■ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ/リターン・オブ・ナイトメア [映画]

HELLRASER : Inferno
ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ』(2000)アメリカ
 監督:スコット・デリクソン

ソーン刑事の高校時代の同級生が惨殺死体で発見された。部屋の中で発見されたオカルト文字が刻まれた“箱”が独りでに動き出した時から、幻覚が始まり、周りの人々が次々と殺されてゆく…オカルト・ゴシック・ホラー。

人気シリーズ『ヘルレイザー』(監督:クライヴ・バーカー)の5作目。
実は前4作はまだ観ていないのだが、たぶん同じように“箱(パズルボックス)”と“ピンヘッド”が出てくるのだろう。ずっとファンの人には評判がイマイチのようだが、私はおもしろかった。
異形の者はホラー・ゲームのキャラクターのよう。

現実と幻覚の区別がつかず、夢オチかと思うと幻覚の幻覚の…果てしなく続く悪夢。
パズルボックスは“嘆きの形成体”、エンジニアは“彼を追えば、彼に追われる”、罪悪感を幻覚であがなう“地獄からは逃れられない”。

HELLRASER : Hellseeker
ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア』(2002)アメリカ
 監督:リック・ボータ

車が川に転落し、からくもトレバーは抜け出すが、妻クリスティーは行方不明となってしまう。事故後、彼は頭痛にさいなまれ、幻覚と記憶の喪失の症状に悩まされる…オカルト・ゴシック・ホラー。

人気シリーズ『ヘルレイザー』(監督:クライヴ・バーカー)の6作目。
やはり最初からのファンの評価がイマイチのようで、映画上映さえされていないみたいだ。でも、私にはおもしろかった。
設定は違うが前作と同じく“箱(パズルボックス)”と“ピンヘッド”が出てくる。今回は“音楽の箱”と言い、丸いのがチラッと出て来た。
例えてみれば、デイヴィッド・クローネンバーグ好きの監督が映画『○○○の梯子』を撮ったならって感じ。
雰囲気が良い映画だったのに、ネタバレ気味でストーリーがちょっと残念。

「不幸な時、昔の幸せを思い出すのはつらい」等“言葉”に説得力があって良かったな。
ネタバレ

« ■ツイン・ピークス ローラの日記 [小説 DL編] | トップページ | ■ドーン・オブ・ザ・デッド [映画] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

nicoさん、こんばんは。
〝ヘルレイザー〟シリーズは、大好きです。
でも4作目までしか知らず、5、6作があったのに、驚きました。
特に2作目は必見の傑作。(と勝手に思ってます)
ボックスセットあったら、絶対に買うな、わたし。

だいたいシリーズ物は監督が違うと、1作目以外は質が落ちて来ますが、この映画はそうでも無いのですね。
キャラクターは知ってましたが、未見のままだったので、WOWOWで放映した分だけ観ました。最初を知らなくても充分楽しめたので、4作目までも期待しています。

”ヘルレイザー”好きです。と言っても私は2作目までしか観てませんけど。(ホラー物は家族が嫌がるので)
監督のクライヴ・バーカーは元々ホラー作家ですね。何冊か読みましたが映画と違って”スプラッタ風味の出来の悪いキング・フォロワー”という印象でお勧めできません。
映画のほうは怖くてグロテスクなのに何故か美しい映像でゴシックな道具立ては一切無いのにゴシックホラーを感じさせてくれました。

やはりヘルレイザー・ファン多いんですね。キャラクターが存在するホラー映画はスプラッターなだけでストーリーが今一つな印象があったので、積極的に観てなかったのですが、面白いですね。初期作品もそのうち観ます。

スプラッターな小説は好きです。でも、クライヴ・バーカーは短編しか読んでません。ヘルレイザーの映画全部観終わったら、読もうと思います(まだ未読の本がたまっているので)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/5853343

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ/リターン・オブ・ナイトメア [映画]:

« ■ツイン・ピークス ローラの日記 [小説 DL編] | トップページ | ■ドーン・オブ・ザ・デッド [映画] »