フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■キル・ビル/キル・ビルVol.2 [映画] | トップページ | ■ロサンゼルス・ホミサイド [映画 JE編] »

2005.09.03

■バッファロー'66/ブラウン・バニー [映画]

Buffalo'66
バッファロー'66』(1998)アメリカ

1966年ニューヨーク州バッファロー生まれのビリー・ブラウン。
刑務所から出所したビリーは、用を足す為に入ったダンス・スクールで電話をかけた際、母親に「妻を連れて行く」とつい約束してしまう。
嘘をごまかす為に、電話代を貸してくれた少女レイラを誘拐し、妻のふりを強要して実家へと向かう。

話題の映画だったし、第一にプログレが流れるから観た。
ボーリング場で突然レイラがタップ・ダンスを踊り始める、流れるのはKing CrimsonMoonchild」。
無謀な賭博で負けたのはスコットのせいだと思い込み、彼の経営するトップレス・バーに乗り込むシーンにはYesHeart of the Sunrise」、そして「Sweetness」。
映画の内容はともかく、これらのBGMと画面の雰囲気は良かった。
それとスローモーションのスコット襲撃シーンも斬新で良かったな。

まるで「ファンタ」のCMのようだった。♪そ~うだったらい~いのにな~
政府の仕事をしていたのだったら、いいのにな~
結婚していたのだったら、いいのにな~
親が自分に関心を持ってくれたら、いいのにな~
嫌なヤツが消えてくれたなら、いいのにな~
可愛い女の子が自分を好きになってくれたら、いいのにな…

ストックホルム症候群”という言葉がある。
でも、この映画はそれとちょっと違うと思う。たまたま誘拐した女の子が今の生活に不満を持っていて(ダンス・スクールでも浮いていた)、誰かと一緒にいたかっただけかと…
この映画を好きな女性は、そういうのに憧れているのかな?

以前いた会社の若い男性が仕事帰りに駅で見かけた好みの女の子に、「つきあってください」と唐突に電車の中ででも声を掛けていた。もちろん、全て断られたそうだ。

The Brown Bunny
ブラウン・バニー』(2003)アメリカ

バイク・レーサーのバド。
ニューハンプシャーのレースを終え、カリフォルニアに向かう道すがら、幼なじみのデイジーの実家に立ち寄る。娘から連絡が無いと嘆く母親に「彼女は自分と一緒に暮らしている」と告げる。
カリフォルニアに到着し、家にたどり着くがデイジーの姿は無く、「ホテルで待つ」と手紙を残す。

ついでに観た。
やはり内容はともかく、音楽と風景は良かったな。

バドは行く先々で少女に声をかける「一緒に行こう」と。
親だったら「大事な娘を連れ去られた」と嘆くはず。たとえ成人していようとも、彼女の同意があったとしてもだ。

ギャロいわく、“本当にやりたかったことが実現できた”んだそうだ。
日本の会社が100%出資し、全て彼に任せて製作に口を出さなかったらしいが、出来上がりを観て会社側としてはどう思ったのかな?

以前、FMラジオ番組内に“ギャロの恋愛相談コーナー”があったけど、私だったら絶対相談しない。例えあのシーンが無くてもだ。


*   *   *

ヴィンセント・ギャロ監督/主演の映画を続けて2本観た。正直言ってどちらもツラかった。
『バッファロー'66』が好評だったのは、彼が理不尽な人間なのは親が無関心という理由付けができるのと、禁欲的だったからではないかと思う。
その反面、『ブラウン・バニー』が不評だったのは、純愛とは程遠かったからかな?
ネタバレ

« ■キル・ビル/キル・ビルVol.2 [映画] | トップページ | ■ロサンゼルス・ホミサイド [映画 JE編] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

バッファロー'66、観ました。
私も予告でHeart of the Sunriseが流れていたので興味を持ちました。
ストーリーよりは雰囲気で魅せる映画でしたね。
私はストーリーがどんどん展開するほうが好みなのですが、これはこれで良い映画でした。
クリスティーナ・リッチが可愛かったなぁ。

そうですね、雰囲気とか画面の色とかは良かったです。
ただ、ビリー(ヴィンセント・ギャロ)はどうしても好きになれませんでした。せっかく、可愛いクリスティーナ・リッチが「Moonchild」をバックに踊っていて気分が良かったのに、「踊るな!」と怒るなんて、興ざめでした。むしろ、ビリーに利用されているマザコン(?)の友達の方が好感を持てました。

バッファローの曲使いは、話題になりましたよねー。観る前は、もっとカッコいい映画だと思っていたんですが...確かにスタイリッシュではありましたけど。
私は「ビリー」好きですよ。ギャロには、こういう情けない男の役がお似合いだと。
 ウチのダンナ曰く、「クリスティーナの脚が太すぎる」と。。。そこがいいと思うんですけどね。あそこでナイスバディな女の子が踊るより。

話題の映画だったから、期待して観たのですが、ビリーの性格に辟易してしまって…もしも、レイラが居なくなっていたら、ドーナッツ屋に引き返して、「ハートのクッキー返せ」と怒鳴り込むんだろうな~なんて考えてしまいました。
そう言えばボーリング場のオヤジもいい味出してて結構好きです。

>あそこでナイスバディな女の子が踊るより
そうですね。不器用な感じでクリスティーナだったから良かったのだと思います。

こん**は。

ストックホルム症候群というと私の年代では「日航よど号ハイジャック事件」を思い出してしまいます。古い!

それにしてもタップダンスに「Moonchild」とは、うまく踊れるんでしょうか。一度機会があれば見てみます。

ところで、hello nicoさんのブログをリンクさせていただきたいのですが、いかがでしょうか。

「よど号」でもあったのですか、知らなかったです。「浅間山荘」ではあったみたいですね。私が驚いたのは、アメリカの誘拐された女性が犯人とライフルを持って銀行強盗した事件です。

>タップダンスに「Moonchild」
クリスティーナ・リッチが可愛くて、結構合ってましたよ。プログレ好きとしてはホッとする場面でした。その直後突き落とされましたが…

>ブログをリンク
喜んで!
ゆうけいさんのBLOGをリンクしていたのですが、いつの間にか消えていました。以前整理した時に間違えたのかも、再度リンクさせていただきました。ゆうけいさんのところにも書き込みますね。

Hello Nicoさん、ご許可ありがとうございました。早速リンクさせていただきました。

ふと気が付いたのですが、ブログ名の冒頭のアスタリスクにはどういう思いを込められているのでしょうか?

>冒頭のアスタリスク
別に意味は無いです。
記事タイトルのリストマーク「■」と同じで差別化しているだけですよ。
他の方はだいたい文字タイトルだけですが、私自分が見つけやすいように、同じような言葉だと紛らわしいから付けてみただけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/5773920

この記事へのトラックバック一覧です: ■バッファロー'66/ブラウン・バニー [映画]:

» バッファロー‘66 [いつか深夜特急に乗って]
「バッファロー‘66」★★★★★(DVD) 1998年アメリ [続きを読む]

» 新しい恋の始め方◆『バッファロー'66』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
5年ぶりに刑務所から出所したビリー(ヴィンセント・ギャロ)。しかし、バッファローに住む両親には、自分は結婚して政府の仕事で海外に行っていたと嘘をついていた。 電話で両親に「妻を連れて帰る」と思わず見栄を張ってしまい、困ったビリーは、いきなり見ず知らずの女性...... [続きを読む]

» ★「バッファロー’66」、笑う方が得!★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
「バッファロー'66」(1999) 米  BUFFALO '66 監督:ヴィンセント・ギャロ 製作:クリス・ハンレイ 製作指揮:マイケル・パセオネック ジェフ・サックマン 脚本:ヴィンセント・ギャロ アリソン・バグノール クリス・ハンレイ 撮影:ランス・アコード 音楽:....... [続きを読む]

» ブラウン・バニー [MOVIE SHUFFLE-映画専門BLOG]
『THE BROWN BUNNY』 アメリカ・日本/2003 監督・出演:ヴィンセント・ギャロ 出演:クロエ・セヴィニー シェリル・ティーグス エリザベズ・ブレイク     アンナ・ベルーシ マリー・モラスキー 「その唇や香りが大好きだった」 「バッファロー’66」の個性派俳優兼監督のヴィンセント・ギャロの衝撃作。 2003年カンヌ映画祭で激しいバッシングにあいながらも、パルムドールにノミネートされた。 ギャロは監督、脚本、製作、美術、撮影、編集など音楽以外のほぼ全てを... [続きを読む]

» バッファロー'66(DVD) [ひるめし。]
最悪の俺に、とびっきりの天使がやってきた CAST:ヴィンセント・ギャロ/クリスティーナ・リッチ 他 ■アメリカ産 111分 これってラブストーリーなんだ〜。最後の結末がそうだからなのかな? ビリーがレイラだけに強気なのがウケた。親の前ではちっちゃくなってんだもん(笑) クリスティーナ・リッチって相変わらずムチムチしてるね。ボーリング場でのやる気のないタップダンスがよかったね。 演出がおもし... [続きを読む]

« ■キル・ビル/キル・ビルVol.2 [映画] | トップページ | ■ロサンゼルス・ホミサイド [映画 JE編] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ