フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■仮面ライダー響鬼 | トップページ | ■Peter Gabriel »

2005.07.04

■Genesis 前編

創世記1.侵入2.怪奇骨董音楽箱3.フォックストロット4.
月影の騎士5.幻惑のブロードウェイ6.トリック・オブ・ザ・テイル7.静寂の嵐8.

1.『From Genesis To Revelation』(1969)
2.『Trespass』(1970)
3.『Nursery Cryme』(1971)
4.『Foxtrot』(1972)
5.『Selling England by the Pound』(1973)
6.『The Lamb Lies Down on Broadway』(1974)
7.『A Trick of the Tail』(1976)
8.『Wind and Wuthering』(1977)

イギリスのプログレッシヴ・バンド、ジェネシス
プログレ4大バンドと言うと入らないけど、5大バンドと言うと仲間に入れてもらえる。結構、知名度があると思うんだけど、プログレ黄金期からはずれた80年代にヒットしたせいかも。

決断力の無い私が好きな順位をつけるとしたら、
1/2位 King Crimson/Yes
3位  Genesis
4/5位 ELP/Pink Floyd
こんな感じ。

偏食ならぬ偏聴の私は、てっきり1枚しかアルバムを持っていないと思い込んでいたが、実際は5枚ほど持っていた自分にあきれた。どうせならと持っていないアルバムを地道に集めてみた。
何故か、大好きなキング・クリムゾンとイエスよりもジェネシスの方が多くなってしまった…

ジェネシスについては他の人の方がよっぽど詳しいから、語ることは無いけど、私としては『創世記』をはずして、『そして3人が残った』を入れたかったのよ、ポップになりつつあるけどプログレを感じるアルバム。
多分、人気投票すると『フォックストロット』が一番になるのだろうな。私は断然『トリック・オブ・ザ・テイル』! フィル・コリンズ派。
このアルバムはトータルで聴いてるから、どの曲が一番好きかは選べない。ほら、Camelの『The Snow Goose』みたいなもの。
Mad Man Moon』を聴いてると、新月の『白唇』が聴きたくなる。

レコード3枚 アナログ盤よ、さようなら~

※追記:
「Genesis後編」はまだアルバムが全部集まってないから、いつか続く。

« ■仮面ライダー響鬼 | トップページ | ■Peter Gabriel »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

俺が順位を付けるとしたら、
1、クリムゾン
2、ピンク・フロイド
3EL&P,Yes
です。

ジェネシスは6だけ持っています。
聞き直してみようかなぁ・・・

ランクにジェネシスが載ってないという事は、問題外という事でしょうか?
ピーター・ガブリエルはソロになってから聴いているので、フィル・コリンズ期の方が耳慣れています。
シンフォニック・プログレが好きなので、ELP、ピンク・フロイドは美しい曲もありますが、私にとって難しいのです。

Genesisはいま4大バンドの中では一番好きなバンドになりました
なりましたというのは、なるまでに時間がかかったということです
ここに挙がっている初期の作品はどれも奥が深く、聴き込むごとに味が出てくるような作品が多いですね
逆に言うと一聴しただけでは良さが分かり難い作品でもあります、それ故隅に追いやられたこともあったでしょう

Genesis以外の3バンドはある意味良さが分かりやすいといえると思います(奥行ももちろんありますが)

個人的にはPhil時代のGenesisはこれから聴き込みます
手始めに最近『And Then There Were Three』を手に入れたところです
まだまだ当分Genesisで楽しめそうです

Genesis初期は聴けば、アァと分かるのですが、フトある時曲を思い出したりするほどでは無いのです。
しかし『A Trick of the Tail』だけはずっと愛聴盤なので、再生すると歌いたくなるほど、大好きです。『And Then There Were Three』も割りと好きで、『Duke』以降はポップスとも言え、フィルになってから聴きやすくなったという事でしょう。
やはり聴き始めたアルバムが重要ですね。

>Genesis以外の3バンドはある意味良さが分かりやすいといえる
好みが分かれるところですね、Pink Floydはいまだに好きなのは1stのみです。ELPはグレッグのボーカルが無いとたまに辛くなります。

Genesis, 私も「... And Then There Were Three」には思い入れがあります。一番たくさん聞いたかも。

最近は、なぜか「Live」を良く聞いています。リリース時期は、「Nursery Cryme」の後だったでしょうか。荒削りなオルガンがなかなかいい感じ。

Floydは、ボックスセットについてきた初期シングル集も気に入っています。「See Emily Play」「Arnold Layne」とか「Julia Dream」とか、メロディーと尖鋭が同居しているところがすごいと思います。

「Live」まで手が回りませんでした。欲しいんですけど、我慢。もうCDを置く場所にも困っているので、聞かないCDをそろそろ売りに行かなくては。

>Floydは、ボックスセットについてきた初期シングル集
そういうのがあるのですか。「シー・エミリー・プレイ」の為に『Relics』買いました。
クリムゾンとイエスはボックスセットで欲しいと思っているので、なかなかCD化に結びつきません。

あ…
「A Trick of the Tail」からだったんだ。
ぶっちゃけちゃうと、私は「Trespass」から「Dukes」まで全部No.1です!
そして、木琴の音とシンセの音がたまらない「Mad Man Moon」が新月に繋がりますよ!
新月は今年の始めにリハに入っていると云うことを聞いていました。ひょっとすると(ライブ)、に向けて予習(映像で)しないと行けませんね。

Genesisがかなりお好きなんですね。私は『A Trick of the Tail』から『And Then There Were Three』辺りが好きですが、『Dukes』は歌っちゃうほど、頭に染みついてます。多分、これからリアルタイム。

mixiに新月のコミュニティがあって、ご本人達が忙しいと書き込んでました。

古い記事へのフォロウで恐縮です。
この時期のGenesisはSteve Hackettが
ソロになったあとも、離れなかったようで、
とうとう
"Genesis Revisited"
http://www.stevehackett.com/albums/revisited.html
なんて、とんでもないアルバム出しています。
(John WettonにWatcher of the Sky とかFirth of Fifthをうたわせているんですから。)

そのご、日本にツアーにもきましたが、
Ian McDonaldまでつれてきたので
宮殿とかI talk to the WindがFirth of Fifthと一緒に演奏されるすごいライブです。
"Tokyo Tapes"
http://www.stevehackett.com/albums/ttapes.html

ちなみに上記URLにはサンプル音源も入っています. Please Enjoy

たびたびすみません。
念のため。
"Genesis Revisited"
は色々な方がVOCALをとってられている
アルバムです。
J. Wettonばかり期待すると外れますので、
念のため、注釈させてください。

『Genesis Revisited』凄いメンツですね~ 生で観てみたいです。

ジェネシスは聴いてますが、スティーヴ・ハケットのソロを聴いた事ないんですよ。ソロ・アルバムが好きな方多いですよね、そのうち買おうと思ってます。
よく考えるとジェネシス・タイプと言われるバンドはハケットのギターを感じさせるところがあって、そう言われるのかと、ふと思う時があります。

NICOさん>スティーヴ・ハケットのソロを聴いた事ないんですよ。

お手持ちのPC何か知りませんが、
http://www.stevehackett.com/albums/revisit2.html
でMP2と書いてあるところをクリックされると視聴できると思います。

どうように
http://www.stevehackett.com/albums/ttapes.html
のMP2と書いてあるところをクリックしても。
#但し選曲がクリムゾンになっていますが。

TNです。少し軽率だったと反省しています。
上記URLは安全ですが、たどらないでください。
URL、安全なものか否かは知らない方は
わからないと思います。
また、今後(例えばまったく別の人が)
名前を詐称して危ないサイトに誘導するかもしれません。

それで、TNが普通どうしているかというと、
Googleで探します。
Steve Hackett Tokyo Tapes
位で探すと上位に有望サイトが出てきます。
それをGoogleのキャッシュなどを使って
まず下見すると、完全に安全とはいえませんが、最低限の守りにはなります。

お騒がせしました。

今、会社で視聴しています(手が空いたので)。
リンク先は別に変なサイトではなく、単なるMP3でした。家に帰ったらダウンロードするつもりです。
聴いた感想はジェネシスよりもハードロックっぽく、ポップでもありますね。
昨日買出しに行って来たので、ハケットのソロ・アルバムを1200円ほどで買って来ましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4829266

この記事へのトラックバック一覧です: ■Genesis 前編:

» Genesis [Progressive Cafe]
〜 プログレバンドしりとり合戦 #73 〜 ・投稿コメント (こうたさん) francofrehley氏のパスをもあさんがスルーしたので有り難く頂戴いたします。最近出たDVDを性懲りもなく注文中です。 ・補足 過去の紹介投稿 画像は1974年発表のスタジオ6作目「The Lamb Lies Down On Broadway」。2枚組のコンセプト作品はPeter Gabriel主導によるもので、切々と語りかけるようなヴォーカ�... [続きを読む]

» 送るメロディー(Genesis) [You's Blog]
一杯追悼しましたので、ここで安らかに旅立ってもらう為のアルバムです。 Genes [続きを読む]

« ■仮面ライダー響鬼 | トップページ | ■Peter Gabriel »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ