フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■DJロマンポルシェ。洋楽篇1 | トップページ | ■The Residents »

2005.07.14

■DJロマンポルシェ。洋楽篇2

ニューウェイヴ愚連隊3
DJポルシェ。のニューウェイヴ愚連隊3 洋楽篇』(2002)

DJロマンポルシェ。のコンピーレーション・アルバム。今日も選曲が妙な洋楽篇。
1曲目から聴く者を遠ざけそうな選びよう、ジュリアン・コープの「World Shut Your Mouse」の方が良かったんじゃない、騙されて買う人いるかもよ。
購買者に媚びない、あくまで自分の好きな曲で押し通す彼らの姿勢、チャレンジャーだわ。

Alien Sex Friend(エイリアン・セックス・フィエンド)
Dead and Buried
Birthday Party(バースデイ・パーティ)「Mr.Clarinet
 ノッちゃう自分が悲しい…
Frank Chikens(フランク・チキンズ)「We Are Ninja」
 何十年ぶりかで聴いた、一番懐かしかった曲。当時、何故こんな曲がイギリスでヒットしたのか「どうかしてる」と思った。今聴くとトム・トム・クラブ。
 ♪あんたもニンジャ わたしもニンジャ めつぶし投げて ドロンドロン
Spizzenergi(スピッツ)「Where's captain kirk ?
 毎年、名前を変える人だそう。
Family Fodder(ファミリー・フォダー)「Debbie Harry
 元気な女性Voでキャッチー、こういう曲好きな人多いだろうな。
Momus(モーマス)「Summer Holiday 1999( Nostalgia ) 」
 新録音で試聴とはバージョン違い。このアルバムの中で一番好きだな。
Gary Numan(ゲイリー・ニューマン)「We are glass
 チューブウェイ・アーミーの人。彼と同じくらい好きなのが、トーマス・ドルビー。
Marc & Mambas(マーク&マンバス)「Untitled
 やっぱりマーク・アーモンドはいいなぁ。当時、ソフト・セルと一緒に聴いてたのはザ・スミス、時たまザ・キュアー。
Julian Cope(ジュリアン・コープ)「World Shut Your Mouth
 これも懐かしい、久しぶりに聴いた。
Pussy Galore(プッシー・ガロア)「Teen Pussy Power
Borsig(ホルジヒ)「Hiroshima」
 アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンの人、ノイズからワルツへ結構良いよ。
Andi Sexgang(アンディ・セックスギャング)「Les Amants D'un Jour
 セックス・ギャング・チルドレンの人だそうだパンクじゃなかったかな? この曲はシャンソン。
The Residents(ザ・レジデンツ)「Constantinople
 メダマは明日書くよ。
Vic Godard & The Subway Sect
(ヴィック・ ゴダード&サブウェイ・セクト)「Chain Smoking」
Visage(ヴィサージ)「The Damned don't cry
 スティーヴ・ストレンジ率いるヴィサージ、そう言えばウルトラヴォックスのミッジ・ユーロもいたんだよね。
ロマンポルシェ。「Blue Monday」
 解説が面白い。ニュー・オーダーの「ブルー・マンデイ」を暗くアレンジ、踊れないじゃない…

わりとパンクで、私はとばしたくなる曲あり、テクノ(エレ)ポップでホッとするオムニバス。
New Waves: 45 Original 45's from Post Punk Era』こういうコンピも出ている、ポップだったオーストラリア・パンクが聴きたいな~

« ■DJロマンポルシェ。洋楽篇1 | トップページ | ■The Residents »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

ロマンポルシェ。って全然知らないのですが、一応演奏もするんですか?このシリーズってDJ付きコンピレーションCDなんですか?それにしても選曲がとてもヘンですねー(笑)。

ライヴは説教するそうですが、このアルバムはDJが入ってません。最後の曲だけ彼らの演奏です。結構、落ち着かない選曲ですよ。
例えてみれば、似合わないBuck-Tickの格好(決してチェッカーズ風では無い)をした人から「My Favorite Songs」というタイトルのカセットテープを渡されたような感じです。

25日にライヴがあるので、行きたいなと思っていたのですが、無理そうです。残念。

>例えてみれば、似合わないBuck-Tickの格好(決してチェッカーズ風では無い)をした人から「My Favorite Songs」というタイトルのカセットテープを渡されたような感じです。
・・・見事な例えですね。どこか、ウケを狙ったような選曲のような気がします。片桐であれば23Skidooを絶対に入れます(笑)。

>23 Skidoo
バンド名だけで聴いた事が無かったので(こういう時にコンピレーション・アルバムが便利だと思ってます)、色々と試聴しました。
80年代はアフリカンなパーカッションという雰囲気ですが、2000年になると随分雰囲気が違いますね。

私だったら、Chrome、Glaxo Babiesかな、単に最近聴きたくなったからと言うだけの理由です。CD欲しくても見つからない…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4969579

この記事へのトラックバック一覧です: ■DJロマンポルシェ。洋楽篇2:

« ■DJロマンポルシェ。洋楽篇1 | トップページ | ■The Residents »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ