フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■夢幻 関連 [プログレ 日本編] | トップページ | ■宇宙戦争 [映画] »

2005.07.08

■Camel

キャメル1.ミラージュ(蜃気楼)2.スノー・グース(白雁)3.
ムーン・マッドネス(月夜の幻想曲)4.雨のシルエット5.ブレスレス(百億の夜と千億の夢)6.
リモート・ロマンス7.

1.『Camel』(1973)
2.『Mirage』(1974)
3.『The Snow Goose』(1975)
4.『Moonmadness』(1976)
5.『Rain Dances』(1977)
6.『Breathless』(1978)
7.『I Can See Your House From Here』(1979)

もしも、プログレ6大バンドという言葉があったなら、私は間違いなくキャメルを入れる(どの程度人気があったか知らないが)。
イギリスのファンタスティック・プログレ・バンド、4人組。

こんな順番、
1/2位 King Crimson/Yes
3位  Camel
4位  Genesis
5/6位 ELP/Pink Floyd
ジェネシスより、ちょっと上。

ハット・フィールド&ザ・ノースを聴いていると、無性に聴きたくなるキャメル
私はリチャード・シンクレアがずっとキャメルのままでいたら良かったと思っている。もちろん、残念ながら亡くなったピーター・バーデンスもよ。この後はフォローしてないから分からないけど、今じゃ一人残ったアンディ・ラティマーのプロジェクトとなっているらしい、いつかは後期キャメルも聴こうと思っている。

1.2. はロックだと思う。プログレを感じさせる「Never Let Go」は、切ないピーターのボーカルとオルガンがたまんない。
3. ポール・ギャリコの短編小説『スノーグース』をコンセプトにした一大叙事詩アルバム。原作を読んだが全然覚えてないので、今歌詞カードを読みながら聴いている。リチャード・ハリス主演『白い渡り鳥』というタイトルでTVドラマ化されているそうだ、見たい。
トータルで聴いているから捨て曲無し。ボーナス・トラックいらないよー、雰囲気壊れちゃう。
4.5.6. フュージョンだと思う、この3枚が特に好き!
Chord Change」には特に思い入れがあり、一人で夜中までFENを聴いていると、番組の合間にこの曲がいつも流れ、気分が変わった。
Spirit of the Water」「Air Born」「Lunar Sea」「First Light」「Skylines」「Tell Me」 「Echos」…好きな曲いっぱい、ほとんどで選ぶのが難しい。アルバムを聴くたび気分が高揚する。
7. ポップだと思う。う~ん、このアルバムは私にはムムム…もう聴くのやめちゃった。

レコード4枚 アナログ盤よ、さようなら~

ネットをウロウロしてたら見つけたこのおやじギャグ、面白い。でも、こんな女性いるのかなぁ? いたら友達になって欲しい。
今日で、プログレ・ウィークおしまい。来週は20年以上前だと言うのにニュー・ウェイヴ・ウィークだよん。

« ■夢幻 関連 [プログレ 日本編] | トップページ | ■宇宙戦争 [映画] »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

今日はキャメル。プログレ祭りですね(^^)。
私も、熱心に聞いていたのはこのあたりです。このあとは、あんまり聞いていないですね...
最近のライブを買ってみたら、フュージョンという雰囲気でびっくりしたり。

キャメルへの熱い思いを語ってみました。
最近あえて聴いてません。聴くとアルバム欲しくなってしまいそう、ラティマー好きですしね。
フュージョンという事はやはりシンクレアがいた時代に戻っているという事でしょうか。

私はMoonmadnessが好きです。次はBreathless、それとCamelファンには不評のI can see~もそれなりに好きなんですけど・・・(汗)。

私も今週珍しくプログレCDばかり買ってプログレ・ウィークでしたよ(笑)。

私は『Moonmadness』次は『Rain Dance』です。
今回この記事を書くにあたって調べたら『I Can See Your ~』は人気が無いのですね。知らなかったし、このアルバム以降も見た事あまり無かったです。『Nude』ってナンダ? 状態でした。
『I Can See Your ~』最初聴いた時、ELOか? って思いましたよ。2曲目の「Your Love is Stranger ~」はまぁまぁですが。「Remote Romance」に至っては…そう言えばキット・ワトキンスってハッピー・ザ・マンの人でしたね。

 「Moonmadness」からブログ名を頂戴したゆうけいです。お褒めに預かり光栄です(^_^;)。ロジャー・ウォーターズでさえPFに復帰するのですから、なくなる直前まで善い人だったというピーターさえ生きていてくれたら再結成もあったのでは、と思うと涙が出てきます。
 「ライブ・ファンタジア」はどのプログレバンドにも負けないほどの素晴らしい演奏と、当時最新鋭だった録音技術で自分の中ではライブベスト3の中に入っています。「白雁」が丸々全曲入っているのも嬉しいです。原作はポール・ギャリコの静かな反戦小説ですので是非ご一読ください。

UKにKing Crimson、Camelと独り占めしちゃイヤですよ(笑)
『リモート・コントロール』を聴いて、ピーター・バーデンスの重要さを実感しました。しかし、ソロ・アルバムは今一つ(ちょっとしか聴いて無いのですが)。ラティマーと一緒だったからこそ素晴らしかったのでしょうかね(涙)
『ライブ・ファンタジア』買う余裕が無いんですよ。ゆうけいさんは全てのアルバムをフォローしてますか?

ポール・ギャリコの原作は「ジェニー」という猫の短編集に「白雁」が入っていたような気がします。高校生くらいの時に読んだのですっかり忘れてしまいました。実家に残っているので、本を探してきます。

 hello nicoさん、レスならびに拙ブログへのコメント有難うございます。

>『ライブ・ファンタジア』買う余裕が無いんですよ。ゆうけいさんは全てのアルバムをフォローしてますか?

Nudeまではフォローしていました。それ以後は残念ながらフォローできていません。バーデンスのソロも出ていることは知っているものの、未聴です。そうですか、やはりラティマーがいないと今一つなんですね。

『Nude』までという事はあまりお気に召さなかったという事でしょうか。今聴くとまた欲しくなってしまうので、来月試聴してみます。
バーデンスのソロを買おうかなと思い、ちょっとだけ聴いただけ、あまり私の言は当てにしないでくださいね。ただバーデンスのいない『リモート・コントロール』が不満なだけかもしれませんよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4878910

この記事へのトラックバック一覧です: ■Camel:

» Camel [Progressive Cafe]
〜 プログレバンドしりとり合戦 #209 〜 ・投稿コメント (しかし、さん) まだ出てませんよね。 好きだったなぁ・・・ ・補足 イギリスの大御所プログレ・バンド。ギターとキーボードによる美しく心地良いメロディとテクニカルにして軽快なリズムセクションが織り成す独特のサウンドは、Camel的、Camel風などといったように多くのバンドの形容に使われるほど認知されており、数多くのフォロワーも排出し�... [続きを読む]

« ■夢幻 関連 [プログレ 日本編] | トップページ | ■宇宙戦争 [映画] »