フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ラジオ23 | トップページ | ■ステレオ/眠れぬ夜のために [映画 DC編] »

2005.06.29

■ザ・フライ/戦慄の絆 [映画 DC編]

David Cronenberg/The Flyザ・フライ』(1986)アメリカ
物質転送装置テレポッドを発明した科学者テスは愛する雑誌編集者ベロニカを失ったと誤解し、自ら実験台となり転送してしまう。しかし、ポッドの中には自分だけでは無く、一匹の蝿も混入していたのだった。

久しぶりに見た。当時はジェフ・ゴールドブラム(セス)が苦手だったけど、今は気持ちも変わり抵抗無く見れた。ベロニカが言った言葉「Very Cute」に賛同してしまった為、その後の彼の展開が悲しかった。
感情移入しちゃうと辛い映画だけど、リアルなCG全盛の今の時代とは大きな差があるな。『蝿男の恐怖』(1958)のリメイク、こちらはかぶり物。
最初の方でポッドに靴を入れるのかと思ったら、ストッキングを入れていた。こういう些細な所が好きだ。
ベロニカの悪夢の中の産婦人科医はクローネンバーグ。

David Cronenberg/Dead Ringers戦慄の絆』(1988)カナダ
一卵性双生児の産婦人科医エリオットとビヴァリー、お互いにおぎあいながら生きて来た。そこへ女優クレアが現われた事から、兄弟のバランスが崩れ始める。クレアに依存し、薬に溺れるビヴァリー。そしてエリオットもまた…

ニューヨークで実際に起きた事件を元にした映画。
公開時に映画館で観たけれど、ジェレミー・アイアンズの一人二役でどちらがどちらか頭が混乱、ひたすら暗く辛い映画だった。クローネンバーグの映画はいつも美しい女性が出てくるはずなのに、何故ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(クレア)なのよ、と当時思ったな。
今回は家で寝転びながらビデオでゆったり観たのでストーリーを把握、何故こういう事件が起こったのか理解する事ができた。でも、やっぱりこの映画私は苦手。

とりあえずデイヴィッド・クローネンバーグ監督作品を一周したが、私は初期のホラーが好きだなぁ。今回あらためてDVDを買った映画もあるけど、後悔してない。好き好きクローネンバーグ♡

« ■ラジオ23 | トップページ | ■ステレオ/眠れぬ夜のために [映画 DC編] »

映画 デヴィッド・クローネンバーグ」カテゴリの記事

コメント

トラバ&コメントありがとうございました!
今作、実に暗いし陰湿な雰囲気がずっと漂っていますよね。
オープニングの医療器具が魅力的で、釘付けでした(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4759361

この記事へのトラックバック一覧です: ■ザ・フライ/戦慄の絆 [映画 DC編]:

» 「戦慄の絆」 [雑板屋]
1988年デビッド・クローネンバーグ監督作 一卵生双生児の婦人科医の兄弟が、一人の女性に出会ったことにより自己同一性の均衡を崩してゆく姿を描く。 幼少の頃から一心同体、何もかもずっと一緒に育ってきた双子の兄弟。この双子をジェレミー・アイアンズが一人二役で....... [続きを読む]

« ■ラジオ23 | トップページ | ■ステレオ/眠れぬ夜のために [映画 DC編] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ