フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■The Motels | トップページ | ■Captain Sensible »

2005.06.21

■Naked Eyes

image812
Naked EyesThe Best of Naked Eyes』(1991)

ネイキッド・アイズは80年代のエレクトリック・ポップスで、イギリス出身のピート・バーンとロブ・フィッシャーのデュオ、残念ながらロブは他界してしまったそうだ。
ヒットした「君はこんなに」という邦題に眉をしかめてしまうが、曲は大げさなイントロ、アダム・アントのチャカポコ風味付き良質ポップス、声がいいんだなー。元はバート・バカラック「 (There's) Always Something There To Remind Me」のカバー。
Voices in My Head」と「Promises, Promises」も好きな曲。

Naked Eyes』というアナログ盤を持っていたけれど処分してしまい、今更CDに買い直そうとしたら既に廃盤、仕方なくベスト盤を買った。
Promises, Promises: The Very Best of Naked Eyes』というベスト盤がどうして高値なのかと思っていたら、こんな理由があったのね。

« ■The Motels | トップページ | ■Captain Sensible »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

Naked EyesとMotelsの話題で思わず出てきてしまいました。
僕も「Always something there to remind me」好きでした。続いてでたのが「Promises, promises」。タイトルだけ見て思わずバカラックのカバーバンドかと思ったら全然違う曲でした。でもこれもよかったです。
Motelsの「Suddenly last summer」も好きな曲でした。

私もバート・バカラックの曲かと試聴したら、違う曲でした。でも、バカラックはかなりカバーされる曲が多く、今まで名前しか知らなかったけれど、偉大な人なんですね。
「Walk on by」は私にとってストラングラーズです。
マーサはセクシーな歌い方に切なさを感じます。いつも聴いているラジオのDJも好きなようで、よくかかります。

今は昔のアナログ音源を買い戻しているつもりがベスト盤になりがち、20年以上経つともう手に入らないCDも多く、大変です。

私のところにもバトンが廻ってきそうなので、お願いしようかなーと思ったら...すでに遅し、でした。
 Nicoさんの選曲は、私に解るのは半分くらいですが、楽しく読みました。音楽って、本当に広~く深~いものですね。

ネイキッド・アイズのデビューアルバムはLPで持っています。
国内盤には"A VERY HARD ACT TO FOLLOW"と"THE TIME IS NOW"の2曲が入っていてお徳でした。
「Always something there to remind me」は彼らより以前にサンディー・ショーが歌って大ヒットさせました。

>ビアンコさん
>私に解るのは半分くらいですが
全部知ってたら私と同い年と思われちゃいますよ(笑)
好みが偏っているので、邦楽とブラック系は弱いです。熱しやすく冷めやすい方で、好きになると一時的にトコトンです。

>イルカさん
デビューアルバムは中古盤で帯無しライナー付きを持ってました。
引越しの度にレコードを処分、CDで買いなおせばいいかと当時は思っていたのですが、こんなに手に入れにくいとは思いもよりませんでした。

「Always Something Reminds me」のサンディー・ショー・ヴァージョンの邦題は「恋のウエィトリフティング」でしたね(笑)。マドンナが参加した「プロミセス・プロミセス」の話は聞いたことがありましたが、確かリリースされていなかった筈だと記憶しています。

バート・バカラック名義で「Always Something Reminds me」を探したら、たくさん出てきて、どれにしたらいいか分からず、インストにしてしまいましたが、女性ボーカルの曲もいくつか試聴しました。でも、この曲を初めて聴いたのはやはり、ネイキッド・アイズ。

>「恋のウエィトリフティング」
歌詞は分からないですが、インパクトのあるすごいタイトルです(笑)

マドンナ・バージョンが入っているのが、高値のベスト盤ではないのでしょうか。

もう少し、説明させて下さい。
「Always Something Reminds me」の
オリジナルはルー・ジョンソンで1964年に全米で49位まで上がりました。
同じ年に英でサンディ・ショーがカヴァーして英で1位になったのです。
邦題は Mao.K さんがおしゃっている「恋のウエィトリフティング」や「愛のウエィトリフティング」、「愛の想い出」などありました。

>インパクトのあるすごいタイトルです(笑)
1964年が東京オリンピック開催の年だったのでそういうネーミングとなったのでしょうね。

詳しい解説ありがとうございました。歌手によって邦題が違うという事でしょうか、混乱の元のような気がしますが、面白いです。

Naked EyesとMadonnaがどこでつながるかと思っていたら、「 Promises, Promises」 のシングルカット盤を当時Madonnaの恋人だったJellybeanがミックスしていたんですね。再発見でした。まさに裏プログレ家系図PJ……(-。-) ボソッ

Jellybeanが分からなかったので調べていたら、このアルバムにもマドンナ・バージョンが入っているそうですね。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006LA3D/250-6653548-1408261

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4654789

この記事へのトラックバック一覧です: ■Naked Eyes:

» 不条理音盤委員会 127 Climie Fisher 「Everything」 [不条理音盤委員会]
数多くのアーチストに曲を提供してきたSimon Climieと80年代前半にエレ・ポップの分野でちょっと有名だったNaked EyesのRob Fisherが1987年に結成したユニットがClimie Fisher です。1stアルバム「Everything」からシングル・カットされた「Love Changes(Everything)」は、日本でもSuzukiのカルタス(TFFの「Shout」もこの車でした・・・笑)のCFで流れていましたし、全英チャートで最高2位を記録したということもあって、結構耳... [続きを読む]

» Promises, Promises / Naked Eyes [Smooth Music]
本日は懐かしいRob FisherとPete Byrneのイギリス二人組み、Naked EyesのPromises, Promises。 シンセサイザーとシーケンシャルなアレンジによるクールな雰囲気のPOPSです。 確かに1983年当時のシンセの音なのですがセンス良いアレンジの為か今でも色あせない仕上が..... [続きを読む]

« ■The Motels | トップページ | ■Captain Sensible »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ