フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ビデオドローム [映画 DC編] | トップページ | ■フォーガットン »

2005.06.11

■祝・初来日 Arti & Mestieri

直筆サイン入りパンフレット チケット

CLUB CITTA'へアルティ・エ・メスティエリのライヴに行った。
開演時間は午後6時だが、20分ほど遅れて始まった。
幕が上がるとオリジナルメンバーのFurio Chirico(dr)、Beppe Crovella(key)以外は比較的最近入ったメンバー含めて6人が一斉に演奏を開始、『TILT』をほぼ忠実に再現してくれた。うぅ、生で見られるなんて感激!

途中から長髪のMassimiliano Nicolo(vo)が出て来て歌い、終わる度に歌詞カードを紙飛行機にして飛ばした。
こうして見ていると、ステージ向かって右側に位置した赤いスーツのAlfredo Ponissi(sax、flu他)と一番若いCorrado Trabuio(vn)が主旋律を奏でているのだと分かる、二人の息もピッタリ。
もちろん、中央奥の50歳近いがとても若々しいキリコのドラムも力強く、3台(?)のキーボードを操るイタリア人らしいベッペも変幻自在で素晴らしい。
左側に立つワイルドなMarco Roagna(g)、白いスモッグのRoberto Cassetta(b)も地味ながら、ここぞという時にかっこいい演奏を聴かせてくれた。

途中、メンバーの休憩が入り、その間ベッペが日本語で挨拶。
「こんにちは アルティ・エ・メスティエリ 初めての~お客様~」とか何とか…忘れちゃったけど、お客様を何度か言い直して観客が笑った。そしてつい、私もワ~ッと声を出して拍手。そして彼のソロ演奏。

後半はあまり知らない曲だったけど、聴いているとジャズ・ロックだなと思った。そしてプログレらしい曲の後に『Murales』、『Giro Di Valzer Per Domani』、『Tilt』からの曲が続いた。
どこからアンコールか分からないくらい続いて、いつも静かなプログレ・ファン(結構若者が多く、満席)が立ち上がってノリノリ。
キリコがドラム・スティックを投げて、私の後ろの人と左側の人が受け取ってた。トラブイオがバイオリンの弓を投げるそぶりをしたり、ポニッスィがトラブイオを投げるそぶりをしたり、和気合い合いの雰囲気のうちに終了。演奏中はニコロのスカート姿がとても気になったよ。

パンフレットが2500円と割高だったが、終了後にサイン会があり、メンバー全員と握手してもらった。ボーカルが立ち上がって、私の手にキスしたのには参った…
つくづく、外国語が出来ればいいなと思った、この気持ちが伝えられなかったのが残念。感動の一夜で、行って良かったぁ~ 彼らのアルバム全部揃えねばと決意したのだった。

※注:楽器や曲について詳しくないので、間違っていると思う。CDやDVDが発売されたら確認してね。

« ■ビデオドローム [映画 DC編] | トップページ | ■フォーガットン »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

今回は時間を間違えないでいけたようですね。

イタリアのプログレかぁ、イタリアとは本来相性がいいから聞いてみようかな。
でも音楽よりアート系の相性なのは、考えどころだけど・・・

アナザーワールドで裸のランチの記事を読んでいたら、もう1度観たくなりました。

じゃあね。
これからバイクを漕ぎます。

 こん**は。Arti & Mestieri行かれたんですね、羨ましい。プログレ系は採算の問題なのか東京近辺だけで帰ってしまうことが多いので残念です。
 体育会系のキリコさんのドラムス聴きたかったです。
 イタリア語は「グラッチェ」だけではだめでしたか(^_^;)。

ご無沙汰です。
わたしも、アルティ行きました。
熱いライブでしたね、正直びっくりでした。
前から6、7列目で、すっかり堪能しました。
わたしは、サイン会は見送り、ハットフィールドのチケット買って、帰りました。

ライブレポートを楽しませてもらいました。
イタリアのバンドのライブだけあり、特に熱そうですね!
地方の私は、DVDを楽しみにすることにします。

>晴薫さん
PFMお好きですか? だったらイタリアもイケる事でしょう。ロマンチックで変拍子なバンドがたくさん居て好きですが、それほど私は詳しくは無いです。

>ゆうけいさん
私の後ろでパンフを買っていた3人組は関西弁でした。
ムキムキ・キリコのドラムは迫力がありましたし、テクニックも凄かったですが、バンドとして彼だけ目立つような感じでは無く、うまく6人が解け合ってバランスの良い演奏だったと思いますよ。
メンバーが「グラッシァス」と言ってました。緊張で話すどころでも無かったのですが。

>蜜蜂さん
思ったよりも若者と女性も結構居て、みんな座りながらワーワー言ってましたね、メンバーも観客の反応に気を良くしていたように見えました。
私は前から6列目、前の人の背が高くて見にくかったです。
ここで買わなきゃ、もう二度と手に入らないかもとパンフを買ったら、ハットフィールドのチケット代がなくなりました。今CDを聴きながら検討中です、やっぱり行こうかどうしようか…

>taknomさん
百聞は一見にしかず。私が書くよりも見た方がいいです、私いい加減ですから。キーボードの手元も撮影してましたので、発売されたら私も絶対買います。

よく臨場感が伝わってきました。
>私の手にキスした…
もう萌え萌えですな!

こんな駄文で良いのでしょうか?
>>私の手にキスした…
他の女性にもしていたようです。イタリア男ときたら…

こんにちは。こちらでははじめまして。
私のブログにTBありがとうございました。

もう一週間経とうとするのに、今だ興奮覚めやらぬという感じです。
そろそろアルティモードから脱却しようと別のアルバムを聴き始めましたが、ドラムが遅く感じて仕方ありません。(笑)

それではまた。

eric55さん、いらっしゃいませ。

>今だ興奮覚めやらぬという感じです
実は私もそうで、毎日持ち歩くCDウォークマンはずっとArti e Mestieri編集CDなのですよ。

>ドラムが遅く感じて仕方ありません
笑ってしましました!

はじめまして、TB返しありがとうございました。
アルティのライブ以降、MIDI作りにはまっています。
では、また。

maledettiさん、初めまして
MIDIどうやって作るかも知りません、完成したらお聞かせ願えませんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4516496

この記事へのトラックバック一覧です: ■祝・初来日 Arti & Mestieri:

» フリオ・キリコ ドラムクリニック レポート [MUSIC THERAPY]
夢のようなArti e Mestieri(アルティ・エ・メスティエリ)のライヴが終わり、いよいよFurio Chirico(フリオ・キリコ)のドラム・クリニックを残すのみとなった。 思えば「Tilt」を初めて聴いた80年代末、日本においてアルティ関連の情報は全く途絶えており、彼らは伝説のバンドと化していた。しかしながら、CD化時代を迎えプログレ関連作品のCD化ラッシュの中で、日本において彼らの残した作品の再評価の機運が高まってきた。また、80年代末よりアル... [続きを読む]

» アルティ・エ・メスティエリ (川崎CLUB CITTA’ 05.6.11) [a piece of cake !]
アルティ・エ・メスティエリ。この〝芸術家と職人たち〟を名乗るグループがイタリアに [続きを読む]

» Arti E Mestieri @川崎クラブチッタ [Maledetti Blog]
クラブチッタは久しぶり。1989年のアトール以来かも。 開演時間が6時からと少々早い。開演前に日本語のMCが入る。 誰だろう。クランプスファンクラブの高石さん? 一曲目からTilt全開。凄すぎ。ほぼスタジオ盤どおりのアレンジだが、スタジオ盤の 緻密さはなく、演奏は荒削り。 次は2ndに突入だ。A面が終わったところで、BeppeのMC。何と日本語。 「お客様」を繰り返し、客席が盛り上がる。75年に日本盤が出た云�... [続きを読む]

« ■ビデオドローム [映画 DC編] | トップページ | ■フォーガットン »