フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■イグジステンズ/スパイダー [映画 DC編] | トップページ | ■The Guitar Songs »

2005.05.11

■デヴィッド・クローネンバーグ パンフ [映画 DC編]

David Cronenberg
人によってかなり好き嫌いが分かれるクローネンバーグ監督の作品を、私は好き派。
一番最初は『スキャナーズ』をTVで見て、もともとSF好きだったから超能力映画という事でワクワク。
次は『デッドゾーン』スティーヴン・キングの小説を先に読んでいて、劇場公開されるまで待ち遠しかった。とても良くて、この映画でクリストファー・ウォーケンが好きになった。
その次はTVでよく紹介されていて、とても気になっていた『ビデオドローム』のビデオを借りて見た。この異様なクローネンバーグの世界に魅了された私は、手に入る限りの彼の作品を見まくった。
そして『戦慄の絆』があまり好きではなくて、彼の映画を見るのを中断していた。また再開、地道に見るゾ~

主な作品
・ステレオ 均衡の遺失(1969) 白黒中編、スキャナーズの原型。
・クライム・オブ・ザ・フューチャー 未来犯罪の確立(1970)
 内容忘れた、とにかく眠かった記憶が。
・シーバース 人食い生物の島(1975) 未見
・ラピッド(1977) 病院の場面しか覚えてない。
・ファイヤーボール(1978) 未見
・ザ・ブルード 怒りのメタファー(1979) 衝撃のラスト!
・スキャナーズ(1981) エスパーの戦い、力が入るよ。
・ビデオドローム(1982) こんな異様な映画を観た事なかった、好きだ。
・デッドゾーン(1983) 悲しい超能力者の話、大好きだ。
・ザ・フライ(1986) 一番ポピュラー、でもゴールドブラムが濃すぎて…
・戦慄の絆(1988) 本当にあった事を元にしてるのよね。
・裸のランチ(1991) 未見
・Mバタフライ(1993) 未見
・クラッシュ(1996) 未見
イグジステンズ(1999) 分かりやすいけど、クローネンバーグ。
short6(2001) 未見
スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする(2002) 病んだ男の頭の中。

« ■イグジステンズ/スパイダー [映画 DC編] | トップページ | ■The Guitar Songs »

映画 デヴィッド・クローネンバーグ」カテゴリの記事

コメント

「フライ」も「Mバタフライ」もクローネンバーグだったんですね。
「フライ」みたいなの好きですね。ゴールドブラムはまだ若い時だから、そんなに濃くはないかと・・
実はジェレミー・アイアンズが好きなのでMバタフライみたんです。
「戦慄の絆」にも出てるし、相性がいいんでしょうか。
「スパイダー」の本は映画より淡々としてたような。
筋わかってるので、それでも読もうというほど訳文が練れてないのかも。
あと「クラッシュ」もみてますね。気付かずにみてるみたい。
これは見たあと運転するの躊躇しますね。

scritti polittiの検索でこっちに来たんですが…あれはあれで大変参考になりましたが、クローネンバーグの「ビデオドローム」のことが書いてあるんで、「おお~」と声が出そうでした。
まあ、内容は凄いんで、誰にでもオススメ!とはならないでしょうが、最高に面白い映画でした。
特撮については…黙っときます(笑)

では、いずれまた寄せていただきます。

>ろ~ずさん
色々見てるんですね、私はこれからボチボチです。初期作品が見つからなくて困ってます。
ゴールドブラムは今の方が好きかもしれません。『ザ・フライ』は彼がイメージに合っていると言えばそうかもしれませんが、くどかったです。
『スパイダー』は淡々としているとの事、パトリック・マグラアはまだ読んだ事がないので、書店で検討してみます。知らない作家は手に取って確認しないと読みきる自信が無いのですよ。

>ring-rieさん
初めまして、いらっしゃいませ。
「ビデオドローム」は好きな映画です。クローネンバーグの作品は人にお薦めできるような代物ではありませんね(笑)。
「ビデオドローム」はビデオに録ってあるので、そのうちまた見直して感想を書く予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4088097

この記事へのトラックバック一覧です: ■デヴィッド・クローネンバーグ パンフ [映画 DC編]:

« ■イグジステンズ/スパイダー [映画 DC編] | トップページ | ■The Guitar Songs »