フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ソロモン王の洞窟 | トップページ | ■ラジオ19 »

2005.05.19

■マイケル・スレイド まとめ [小説 MS編]

Headhunter by Michael Slade1. Headhunter by Michael Slade2. Ghoul by Michael Slade3. Ghoul by Michael Slade4.
Cutthroat by Michael Slade5. Cutthroat by Michael Slade6. Ripper by Michael Slade7. Evil Eye by Michael Slade8.
Primal Scream by Michal Slade9. Burnt Bones by Michael Slade10.

1.2.『ヘッドハンター』上下巻(1994)創元ノヴェルズ ブードゥー教
 題名通りのサイコ・ホラー、犯人がそこに至るまでが怖ろしい。
3.4.『グール』上下巻(1993) 創元ノヴェルズ クトゥルー神話
 各地で事件が起きる、一転、二転…最後にこう来るかよ。
5.6.『カットスロート』上下巻(1994)東京創元社 ビッグフット伝説
 公衆の面前で殺人事件が起きる、さ~て犯人は? ビッグフットの罠。
7. 『髑髏島の惨劇』(2002)文春文庫 悪魔崇拝
 ミステリーというより、スプラッタだな。
8. 『暗黒大陸の悪霊』(2003)文春文庫 ズールー族
 またもや果てしなき死闘、今度の舞台はアフリカだ。
9. 『斬首人の復讐』(2003)文春文庫 ネイティブ・カナディアン
 トラウマを抱えた人々の悲しい行く末。
10.『メフィストの牢獄』(2007)文春文庫 ストーン・サークル
 古代巨石文明に取り憑かれた謎秘数徒の狂気。

マイケル・スレイドのまとめを忘れてた。
カナダ連邦騎馬警察「スペシャルX」の大河推理小説で、弁護士3人による共同執筆(メンバー入れ替わり有り)。
しかし、内容は背筋も凍るエゲつなさ、そんな物に私憑りつかれてる。

今、Amazonを見たら『カットスロート』がナント! 約3000円。私、300円弱で買ったよ。『ヘッドハンター』も定価を越えている。嬉しいんだか悲しいんだか分からない、複雑な気持ち。
人気があるのはいいけど、読むからには覚悟がいるよ。ホラー映画が平気で、忍耐力があるなら大丈夫。
BGMは『Silent Hill』、彼の小説によく合う。

« ■ソロモン王の洞窟 | トップページ | ■ラジオ19 »

書籍 マイケル・スレイド」カテゴリの記事

コメント

俺もカット・スロート持ってるぜ。
そうか、アマゾンってそういう使い方もあったのね。
今から、色々調べてみよう。
マイケル・スレイドはいつも途中挫折です。

それでは、アマゾンのマーケットプレイスに出品してはいかがでしょうか? ちょっとした小遣いになりますね。
スレイドは最初は忍耐、半分越えるとラクになりますね。断片がつながるスッキリさが好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/4198806

この記事へのトラックバック一覧です: ■マイケル・スレイド まとめ [小説 MS編]:

« ■ソロモン王の洞窟 | トップページ | ■ラジオ19 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ