フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■スリーピー・ホロウ | トップページ | ■ダイ・ハード3 »

2005.04.09

■Scritti Politti

Scritti Politti
Scritti Politti『Early』(2005)

1.『クリアー・カット』(1981)で初めて耳にした“スクリッティ・ポリッティ”の曲「Skank Bloc Bologna」。耳障りとも言えるギター、うねるベース、単調なドラムに突き放すようなボーカル。う~ん、かっこいい!

数年後に他の曲も聴きたいな、と買った2.『Songs to Remember』(1982) 3.『Cupid & Psyche 85』(1985) 4.『Anomie & Bonohomie』(1999)どれもこれも違う…ファンクだったり、甘いポップスだったり。

24年を経て、やっと聴きたかったアルバムが出た『アーリー』。
初期は試行錯誤していたという事だろうか、幾分実験音楽風でもあり、エキセントリックな感じがする。これが私にとっての“スクリッティ・ポリッティ”。

Clear Cut1.Scritti Politti2.Scritti Politti3.Scritti Politti4.

« ■スリーピー・ホロウ | トップページ | ■ダイ・ハード3 »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

私の場合は逆で「Songs to Remember」以降がスクリッティ・ポリッティですけど、「Early」は聴きたくなりました。

実は私のハンドルはここから来ています。
ウソです(笑
ちょとスペル違うね。
スクリッティ・ポリッティ好きです☆

コンピの『クリア・カット』やシングルを聴いてなければ、『Songs to Remember』が最初となりますね。『Cupid & Psyche』はよく売れましたので、知ってはいたのですが、性懲りも無く3枚買ってはガックリしていた次第です。
どの時代も雰囲気が違うスクリッティ・ポリッティ、私はとがった音楽の初期から入ってしまいましたので、先入観から抜け出せずにいます。しかし、『Early』には『Cupid~』の片鱗がチラホラ。

Cupieさん、騙されそうになりましたよ(笑)

うちの女房に言わせるとScritti Politti、Astec Camera、The Smithの3グループはRough Tradeを裏切ったやつらとして永久に許さないとのたまっております(笑)。
・・・確か、この頃のグリーンはイアン・カーティスと親交があったと思います。「Early」はそこはかとなくJDぽく、またジャーマンぽくありません??

奥さん詳しいですね、私知らなかったです。Scritti PolittiはVirginモノを持ってますが、それ以外は全てRough Tradeのモノしか持ってません。途中で聴くのを止めてしまったからなんですけどね。

ウ~ン?? Joy Divisionは暗いエレ・ポップ、暗いところが共通点でしょうか? 初期Scritti Polittiはひねくれてますね。
ジャーマン系はクラフトワークとニナ・ハーゲンとクラウス・ノミぐらいしか知りませんので、具体的にどのバンドでしょうか? 初期Scritti Polittiに似ているのなら聴きたいです。
そういえばカンタベリー系風だと言うサイトがありました。

めちゃ、レス遅れてすいません。
グリーンとイアン・カーティスの共通点としてはCANが挙げられます。どのアルバムとは言いがたいのですが、強いて言えば「Tago Mago」あたりでしょうか?
そういえば初期のスクリッテイにはヒューマン・リーグのジョー・カリスもいましたね。初期のヒューマン・リーグと言えばマーティン・ウェアの趣味が出たインダストリアル・ポップでした。
・・・カンタベリー系風というのもわかりますね。ロバート・ワイアットがゲストですしね。

私の方こそ、あまりコメントしてなくてごめんなさい。
最近は早く寝ようと思ってパソコンを遅くまでやらないようにしているのですが(ココログも重い)、つい読書にふけってしまいがちです。
CANはあまり聴いた事が無いのですよ、機会があったら聴いてみます。

>ヒューマン・リーグのジョー・カリス
>ロバート・ワイアットがゲスト
え~そうなんですか? 何も知らなかったです。教えていただいてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/3617967

この記事へのトラックバック一覧です: ■Scritti Politti:

« ■スリーピー・ホロウ | トップページ | ■ダイ・ハード3 »