フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ジェイムズ・エルロイ まとめ [作家 JE編] | トップページ | ■ニッパー君グッズ »

2005.03.17

■劇的瞬間の気もち

What it feels like by A.J.Jacobs (2003)
A・J・ジェイコブズ/著『劇的瞬間の気もち』(2004)筑摩書房

雷に撃たれたり、竜巻に巻き込まれたりと希有な経験をした人達の悲喜こもごもな体験談。
字が大きいので読みやすく興味深い、子供の頃読んでいた「世界七不思議の本」のような感じ。体験者の顔写真が載っていれば、リアリティーが感じられてなお良かったな。

九死に一生の壮絶な体験を経て、奇跡の生還を果たした人達(当たり前だ、死んでたら話は聞けない)、淡々とした人もいれば、事故をきっかけに人生観が大きく変わった人もいる。
中でも読んでいて辛かったのは<エボラ出血熱に感染する>。運命もだけど、人間って残酷だと思った。
サメよりも熊の方が恐ろしい。
<拒食症を患う>と<餓死寸前になる>。やってる事は同じようでも、大きな隔たりがある。前者は精神的な病、悟って良かった。後者はIRA政治犯のハンガーストライキ、強固な意志の元に行った。
中には眉唾物もある。確かに死ぬ寸前には幻覚を見る事もあろうが、<航空事故に巻き込まれる><自殺する>の方が素直に語っているような気がした。

<月面を歩く>ぜひ、ほこりを見てみたい。
<宝くじに当たる>ぜひ、当たりたい。
<ものすごく背が高いこと>冷蔵庫の上、掃除してるよ。土曜にやったばかり。
<ものすごく背が低いこと>映画『オースティン・パワーズ』のミニ・ミー役の人。
<トゥーレット症候群を患う>は好感、monkey !

« ■ジェイムズ・エルロイ まとめ [作家 JE編] | トップページ | ■ニッパー君グッズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。エボラは痛そう…。
劇的瞬間って自分ではなかなか体験できないことだし、生命力のかなり強そうな方の話を読んでみたいな~と思いました。
ちなみに、劇的瞬間が好きなら、「言いまつがい」という本は読まれましたか?

こんばんは いらっしゃいませ!

エボラに感染したら、もうダメなのかと思っていたのですが、生還する方もいるとの事で、驚きでした。
淡々とした方もいらっしゃいますが、やはり生き方が変わった方もいて、前向きで良かったです。後向きの方はインタビューにも応じないと思いますがね。感心しながらスラスラ読めました。

『言いまつがい』は読んだ事がありませんが、「ほぼ日刊イトイ新聞」で笑わせていただきました。オカシー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/3333289

この記事へのトラックバック一覧です: ■劇的瞬間の気もち:

« ■ジェイムズ・エルロイ まとめ [作家 JE編] | トップページ | ■ニッパー君グッズ »