フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■The Lotus Eaters(ネオ・アコ) | トップページ | ■ラジオ7 »

2005.01.14

■The Lotus Eaters(ゴシック・ロック)

The Lotus Eaters
Various『Tribute to Dead Can Dance "The Lotus Eaters"』(2004)

Lotus Eatersを検索すると、これが出てくる。
毎日聴いてるギリシャのインディペンド・メタル・レーベル、ブラック・ロータスが出したデッド・カン・ダンスの2枚組トリビュートアルバム。
全然知らないバンド(一覧の右側参照)ばかりだけどジャケットが私を呼んでいたので買った。

何か重苦しい物がのしかかってくるようなゴシック・ロック(ダーク・ウェーヴとも言うそうだ)。

特にアレンジもしていないのもあれば、結構明るく演奏されていたり、ケルト風あり、聖歌あり、もちろんヘヴィでダークなメタル仕様盛りだくさん、それに美しい女性コーラスがからまるのよ! たまらん…
ジャケット通りの憂鬱さを与えてくれるお気に入りアルバム。

Disc1
1. In the wake of adversity - Arcane
2. Spirit - Persephone
3. Cantara - Danny Lilker
4. Bylar - Ataraxia
6. Mesmerism - Faith & The Muse
7. Summoning Of The Muse - Hortus Animae/Liz Kristine Espenaes
8. Cardinal Sin - Amber Asylum
9. Oman - Grido
10. Spirit - Anathema
11. The Lotus Eaters - Helena Iren Michaelsen
12. Avatar - Ephemeral Sun
13. The Wind That Shakes The Barley - Sarah Jezabel Deva

Disc2
1. Fortune Present Gifts Not According To The Book - Black Tape For A Blue Girl
2. American Dreaming - Jarboe
3. Black Sun - Antimatter
4. In Power We Entrust The Love Advocated - The Gathering
5. The Obiguitous Mr. Lovegrove- Nightfall
6. Anywhere Out Of The World - Darkwell
7. In The Kingdom Of The Blind The One-Eyed Are Kings - Ulver
8. Desert Song - Akrabu
9. How Fortunate Is The Man With None - Noekk
10. Enigma Of The Absolute - Imperial Black
11. The Protagonist - Secrets Of The Moon & Nostalgia
12. Windfall - Monumentum
13. Summoning Of The Muse (Deconstructed) - Subterranean Masquerade

届いて思ったのは紙ケースとCDセット部分の接着が雑ではがれそうだよ。
微妙にタワレコのと曲が違うのはどうしてかな?
他にもこんなトリビュートアルバムもあるのね。

最近の録音なので音に厚みが加わり、さすがにファンなだけあって「俺ならこう演奏する」という意気込みが加味され、元になっているDCDの影が薄くなるかなと思っていたけれどやはりDCDの独特の世界は別格だった。

Dead Can Dance 1981-1998
1曲目FrontierからLabour of Loveの流れが素晴らしい。

« ■The Lotus Eaters(ネオ・アコ) | トップページ | ■ラジオ7 »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

DCDのトリビュートなんてのがあるのですね、知りませんでした。しかしマニアックですね。

昨夜、家内のダンスの素材探しにこれはいかが?とDCDのCDを引っ張り出してみたら6枚も持ってました。久しぶりに聴いてみようと思っています。

>マニアックですね。
いいえ、皆様の足元にも及びません。私は周りの人とちょっと違う音楽を聴いてるだけです。

DCDがダンス素材になるとは、どういう踊りなのでしょうか? 今のダンス・ミュージックやヒップホップに合わせるようなダンスかと思っていました。

>DCDがダンス素材になるとは、どういう踊りなのでしょうか?
モダンやジャズです。DCDは却下となり、その後も延々曲探しに付き合わされ、結局マンハッタントランスファーの「Why not?」という曲を選んでいました。

DCDだから前衛的な舞踏かと密かに思ってましたが、普通のジャズ・ダンスという事ですね、イメージできました。
マンハッタン・トランスファーなんて書かれちゃうと懐かしくてベスト盤を買いたくなって来た、レベル42なら持ってるんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/2575614

この記事へのトラックバック一覧です: ■The Lotus Eaters(ゴシック・ロック):

« ■The Lotus Eaters(ネオ・アコ) | トップページ | ■ラジオ7 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ