フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■文庫の価格 | トップページ | ■ラジオ [Kylie/Gwen/O.C.S...] »

2004.11.30

■朝と夜と [Sleepytime Gorilla Museum/As One]

以前、朝はラジオを聴いてから家を出ていた。確かNHK FM「朝のポップス」だったかな?
朝はボーッとしてるから、ピリッとした曲の方が良かった。たまたまヘヴィメタなんかかかると「今日も一日やるぞ!」って気がした。

だから、今も朝はハードな音楽をCDウォークマンにセットして出勤している。

Sleepytime Gorilla Museum
Sleepytime Gorilla MuseumGrand Opening and Closing』(2001)
アヴァンギャルド・プログレ、過激なAnekdotenという感じで良いナ。後半は感覚的な音でダレる、メロディがある方が好きだわ。でも、帰り道に聴く事になるから、まぁいいか。
他のところでザッパやアート・ベアーズに例えられているのだけれど、私聴いてないのでよく分からない。

夜はパソコンをしていても邪魔にならない、しっとりと落ち着いた音楽を聴いている。

As One
As OneOut of the Darkness』(2004)
クラブ・ミュージックですナ。前半打ち込みが単調だけど、4曲目は美しい女性のボーカル。7、10曲目はおしゃれなソウル。3曲目を聴きながらハードボイルド小説を読むと雰囲気が出そう。
最後の曲はハービー・ハンコックのカバーだそう、元聴いてないのでよく分からない。

さぁーて、このCDでも聴きながら怖ろしげな言葉で飾り立て、くどくて読みにくいホラー、マイケル・スレイドの『グール』でも読むか。本棚のコヤシを減らさなきゃ~

追記:
『グール』1993年初版で上下巻それぞれ550円、今は819円もするのね。

« ■文庫の価格 | トップページ | ■ラジオ [Kylie/Gwen/O.C.S...] »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/2108018

この記事へのトラックバック一覧です: ■朝と夜と [Sleepytime Gorilla Museum/As One]:

» As One - Out Of The Darkness (Ubiquity Records:URCD158) [Tokyo Experiment]
Amazonで詳しく見る Ian O\'Brienと並ぶUKのエレクトリックソウルの双璧、As OneことKirk Degiorgio。Ian O\'Br... [続きを読む]

« ■文庫の価格 | トップページ | ■ラジオ [Kylie/Gwen/O.C.S...] »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ