フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■UK Progressive Rock 青本 | トップページ | ■Mashmakhan »

2004.10.12

■Ain Soph

昨日、10月11日(月)19時~ 吉祥寺Star Pine's Cafeに“アイン・ソフ”を見に行った。

当日予定外の事があり、行くのをやめようかと思ったけれど、25年以上好きなキャメルの曲が聴けるチャンスは滅多にないゾ、と意を決して出かけた。30分以上遅れて到着、もう演奏は始まっていた。
流れてくる音楽はフュージョン、結構好きなので良かった。特にキーボードがいいね。
フュージョンでは無く、プログレとされているのは明るい曲とは言えないところカナ。フリージャズっぽくもあり、アドリブかと思うような演奏だけれど、息が合っているのは相当練習を積んでいるのだろうね。
でも、正直言ってインストばかりで段々眠くなってきてしまった…

そんなところへニット帽をかぶった“リチャード・シンクレア”登場!
あ~ぁ、カメラ持って行けば良かった…
Camelの『Rain Dances』から「Uneversong」と「Tell Me」を紙を見ながら歌った。涙が出たワ、これホント。

行って良かったよ、Sさんどこにいたの? もしかして…

« ■UK Progressive Rock 青本 | トップページ | ■Mashmakhan »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

アイン・ソフ&キャメル行ってきたんですね。行きたかったなー。

キャメルは初来日公演観に行ってますが、そのときの来日メンバーにリチャード・シンクレアが入ってました。その後2回目に来日したときにはやはり大好きなHappy the ManのKit Watkinsがキーボードで参加していたと思います。ただこのときは残念ながら観れませんでした。

私は7日にキリング・タイム&小川美潮を見てきました。複数のバンドが出演するため持ち時間約30分と短かったのですが、大好きな両者、特にキリング・タイムのライブ体験は初だったので念願叶い、また演奏も素晴らしくて大感激でした。

私はブログに書いたように、道に迷って開場時間に遅刻でした。(おバカ)
結局、後ろの席の真ん中辺りに座っていました。
リチャード氏は、本当にホンの少しゲスト参加といった感じでしたが、
短くても内容には満足でした。

翌日は昼から勤務があったので、帰りはすぐに帰りました。
どちらにせよ、今回は時間に余裕はなかったですね。
15,16日のグレイ&ピンクには、性懲りもなく参上しますが。

>しかし、さん
Camelいいですねー、こちらの方がずっと見たいですよ。
小川美潮はチャクラの人ですよね、懐かしー。キリング・タイムは知りません。

>Sさん
私は座るように勧められたのですが、よく見えるから1階の一番後ろで立ってました、疲れた~(店に着くまで走ってたし)。リチャード・シンクレアは感じが良かったですね。

う~ん、もしかしたら物凄く近くにいたかもしれませんね。
後ろまでは注意がいっていませんでしたし。
さて今からリチャード&デイブ・シンクレア氏を見に行く為に出発します。
もしかしたらアルスノヴァのハロウィンイベントで遭遇するかも。

>リチャード&デイブ・シンクレア氏を見に行く
ライブレポート楽しみにしてます、行ってらっしゃい。

>アルスノヴァのハロウィンイベントで遭遇
まだ行けるかどうかハッキリしてないのですが、また直前に是非を宣言します。宣言して自分にプレッシャーをかけないとなかなか行動を起こせないんですよ。情けない…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/1663871

この記事へのトラックバック一覧です: ■Ain Soph:

« ■UK Progressive Rock 青本 | トップページ | ■Mashmakhan »