フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ラジオ [ソウル] | トップページ | ■The Typing of the Dead »

2004.09.10

■分かりやすいロック [Starz/Goblin/chrome]

スターズをネットで調べたら、B級バンドと書いてあった。
そう言われればそうかもしれない、私が好きだったのは分かりやすいポップなハードロック、有名なバンドとはちょっと違うかも。

愛のシャウト 愛の出発
Starz「Sing It, Shout It」(1977)シングル
The Babys「Isn't It Time」(1977)シングル

Level Headed 天使の反逆
Sweet『Level Headed』(1978)
Angel『White Hot』(1977)

映画館で「戦場のメリークリスマス」「ラストエンペラー」とか見ているのが苦痛だった。「ヒドゥン」や「マーズ・アタック」なんかの方がよっぽど面白い! 分かりやすい方がいいじゃない。

プログレも分かりやすいのを聴いてたな。

サスペリア2 夜明けの口笛吹き
Goblin『Profondo Rosso』(1975)
Pink Floyd『The Piper at Gates of Dawn』(1967)

ノイズも分かりやすいのを聴いてたよ。

Red Exposure Nine Months to the Disco
Chrome『Red Exposure』(1980)
Glaxo Babies『Nine Months to the Disco』(1980)

« ■ラジオ [ソウル] | トップページ | ■The Typing of the Dead »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

The Babys は日本での扱い方が悪かったですね。
ちょうどその頃、BCR、バスター、フリントロック、ハロー、デッド・エンド・キッズなどアイドル系が人気があってので、それに便乗させようとしたようですね。グループ名とジョン・ウェイトの顔からそう判断したのかもしれませんが、全米では成功したのに日本ではダメでしたね。78年、79年と来日もしているのですが・・・
でも、良いグループだと分かっていた人にとっては今でも語り継がれるグループなんですよね。

いたいた。スターズ、ベイビーズ、あとREXとかPiperなども同類で扱われていなかった?

Chromeは同じもの持ってます。あとThrobbing GristleとかTuxedomoonとかよく聴いてました。あとはOMD、Depeche Modeといったテクノ系ね(当時は別名エレクトロ・ポップって呼んでたね。)。この頃からプログレから一時疎遠になったんだなぁ。

>イルカさん
フリントロック、久しぶりに聞き(?)ました、その名前。ロゼッタ・ストーンっていうのもありましたよね。顔が全然一致しないんですけど。

私はラジオがメインだったので、曲を聴いて気に入るとレコードを買いに行ったので、ルックスってあまり気にしないんですよ。何度も聴きたいからレコードを買うのであって、ジャケット見る為に買う訳じゃないですから。
The Babysはフォリナーに近いかな、アイドルバンドの音楽とは違うのに…CDが欲しくなってきました。

>しかし、さん
フォリナーは売れたのに、これらのバンドは今一つですね、B級? 地味なの大好きです。

私は80年前後くらいからプログレを聴くのあきらめました。ラジオでかからないんだもん。
クロームやグラクソ・ベイビーズを聴いた時「世の中にはこんな音楽もあるのか」と思いました。う~ん、ノイジー。
クロームを久しぶりに聴いたのですが、今聴いてもかっこいい。当時は愛聴盤でした。

Piper、Tuxedomoonを知りません。

Piper思い出しましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/1400133

この記事へのトラックバック一覧です: ■分かりやすいロック [Starz/Goblin/chrome]:

« ■ラジオ [ソウル] | トップページ | ■The Typing of the Dead »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ