フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■うんぐぁ | トップページ | ■ジャックス『レジェンド』 »

2004.08.20

■ジャックス

ジャックスの世界 ジャックスの奇蹟
ジャックスの世界』(1968)
ジャックスの奇蹟』(1969)

今日は渋谷に用事があったので出かけた。
タワーレコードがいつの間にか東急ハンズの前から無くなっていて、つぶれたのかと思っていたら別な場所に移動していただけだった。この場所って前HMVだった所じゃなかったっけ?
というわけで、店内についフラリ。
廃盤になったCDを探していただけだったんだけど、目についてしまった“ジャックス”。
私がアナログ『レジェンド』を買った当時は何も無かったのに、今じゃこんなに出ているのかとつい買ってしまった…

子どもの頃「時計をとめて」くらいは耳にしたことはあったんだけど、「堕天使ロック」をラジオで聴いてやられた、かっちょいー(死語)。
グループ・サウンズ全盛時代において異色のバンドだったらしい。
「からっぽの世界」の歌詞がスゴイ、今こんなのラジオで放送したら“ピー”。曲のタイトルも「薔薇卍」だって、アナクロさがたまんない。
アンダーグランドな雰囲気が“Ill Bone”に共通するところかな。

かなり以前、川崎市に住んでいた時、早川義夫氏が経営する書店に自転車で行った。でも、恥ずかしくて声をかけずにすぐ出てしまった。今もあるのかな、あの小さな書店。

« ■うんぐぁ | トップページ | ■ジャックス『レジェンド』 »

音楽 1960年代」カテゴリの記事

コメント

それは相当渋谷に行ってなかったと言う事ですね。
移転したのはもう何年も前ですよ。という私も最近は全く
行かなくなりましたが...
東急ハンズの前のタワーの場所は思い出がありまして、
10年程前タワーの下にあったBOSSというお店で結婚式の
2次会をやったんです。音が出せるお店で新郎の私はやりたい放題。
「Exiles」「The Great Deceiver」「Starless」なんかを演奏しました。
結婚式の2次会には全くもって似つかわしくない曲ですね。
すみません...あまりの懐かしさにくだらない事を書いてしまいました。

ジャックスおよび早川義夫は数曲しか聴いたことがありませんが、いいバンドですよね。特に早川義夫が書く歌詞は独特の世界がありますね。10年くらい前にジャックスの再評価があったので、若いバンドの中にも彼らの影響を受けている人達は多いような気がします。グループサウンズではなく、詩人ロックという感じがします。ちょっと、ドアーズに毛色が似ているかも知れません。

>francofrehleyさん
渋谷の東急ハンズに行く度にタワーレコード無いなぁ~と思い続けていたんですよ。先日、HPで場所を知りましてやっと行きました。おお、何年ぶり。
新郎自ら演奏ですか、面白いですね。親戚とかいたらビックリしていたのではないでしょうか。

>getsmart0086さん
ライナーを見ていたら、ドアーズやヴェルヴェット・アンダーグラウンドと比較されていました、雰囲気はそうですね。学生運動、フォーク、アングラってイメージでしょうか。
1985年にアルバムを初めて聴いた時、あまりに暗くて売れなくて当然と思いました(歌詞もヘンだよ~)。つのだ☆ひろが参加していた事が意外。

スターリンが「マリアンヌ」をカバーしてジャックスが脚光を浴びたそうです。

つのだ☆ひろが参加していたんですか、それは全然知りませんでした。ところでスターリンって随分前に解散しているんですよね。

セカンドの時にドラマーが脱退してつのだ☆ひろが参加したそうですよ。レコーディングだけだったのかしら。

あまりパンクは得意な方じゃないので、スターリンの事はよく知りません。友達がライブに行った時、学校の教室みたいな所で演奏したので、机や椅子を投げたりしてめちゃめちゃだったらしいです。

今まで誰かに言いたかったのですが、つのだ☆ひろって「メリー・ジェーン」一曲のヒットで今もテレビに出演している、息の長い人だと思うのですが、いかがでしょうか?

1980年代前半頃は、パンク~ニューウェイヴで洋楽に開眼した世代が1960年代後半~70年代前半に遡ってそのルーツを探る、というような動きがありました。僕もその流れでドアーズやヴェルヴェッツ、カン等を聴いたりしていましたが、日本の文脈ではジャックスの再評価もそういう感じでした。

当時あまり情報がなかったジャックスについて、スターリンの遠藤ミチロウ氏がカヴァーしたりメディアで取り上げたりしたのが大きかったと思います。

少なくとも僕が物心ついた当時は、ジャックスについて頻繁に言及している人は遠藤氏しかいませんでした。

僕はそれまで洋楽中心でしたが、ジャックスを聴いて、古い邦楽にもすごくいいものがあるということを知り、その後は邦楽も真剣にチェックするようになりました。

つのだ☆ひろ氏についていえば、後期ジャックスの他、初期のサディスティック・ミカ・バンドにもいたことがあるし、ドラマーやスタジオ・ミュージシャン等の活動が中心の人という印象があります。

>遠藤ミチロウ氏がカヴァー
「マリアンヌ」ですね、スターリンはほとんど聴いた事ないんですが、情報だけは仕入れてました。

「堕天使ロック」を聴いたのは渋谷陽一のラジオで次の日の「アナログ」記事によると1980年のようです。その前にも「サルビアの花」等を聴いてましたが、単なる暗いフォークグループとしてジャックスを捉えていたので、ビックリしましたよ。
最近ではモップスにノイズ曲があり、とても驚きました。

>つのだ☆ひろ
先日、会社でサディスティック・ミカ・バンドの事を話していて、彼の名前があがりましたよ。色んなところで名前を見かけますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/1232400

この記事へのトラックバック一覧です: ■ジャックス:

« ■うんぐぁ | トップページ | ■ジャックス『レジェンド』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ