フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■うんぐぁ_昨日書き損なった分 | トップページ | ■江戸川乱歩展 »

2004.08.21

■The Moody Blues

今回はムーディ・ブルース編、彼らってR&Bグループだったんだね。

セヴンス・ソジャーン
Seventh Sojourn』(1972)

考えていたイメージと違っていて、田園ロックに入っていた「When You a Free Man」以外は男性コーラスグループという趣でボニー・ジャックスが ♪パフ ザ・マジック・ドラ~ゴン と歌い出しそう、ぬるい感じ。
私、ぼのぼのは好きだけどほのぼのはちょっと…
気を取り直して別のアルバム。

デイズ・オブ・フュチャー・パスト
Days of Future Passed』(1967)

オープニングからして妖精が出てきそうな感じ、ムムムまたほのぼのかい。オーケストラとの共演曲は脇に置いといて、サイケな曲は良かったなぁ~。でも、私プログレが聴きたいんですけど。
「サテンの夜」は悲しげな歌声にコーラス、さすが名曲。でもベスト盤にすれば良かった…アルバムジャケットのデザインが好みだったのよ。

« ■うんぐぁ_昨日書き損なった分 | トップページ | ■江戸川乱歩展 »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

ムーディースは、プログレ的にはやっぱり『To our children's children's children』とか『Every good boy deserves favour』あたりがよろしいのではないかと。

ほんと、ムーディー・ブルースはジャケットも素晴らしかったですね。特に好きなのは「童夢」です。少年の目がなんとも言えません。それにLP の時はあのザラザラの紙質で良い紙を使っているなと思いました。CD では表現できませんね。音楽も1曲目の"PROCESSION"から「これは凄いことが始まるぞ!」と思わせるようなオープニングです。

『童夢(Every good boy deserves favour)』有名なアルバムですね、未聴です。やはりみんなが良いと言っている物は良いのですね。
『Seventh Sojourn』のライナーを読んでいて、前作は素晴らしかったけど、このアルバムのライナーを書きたがる人は誰もいなかったと書いてありました、ちょっとカナシー。

私もいまいち乗れないムーディー・ブルース... といっても、そんなに聞いていないです。ジャスティン・ヘイワードとジョン・ロッジが組んで作った、「ブルー・ジェイズ」は好きです。今度、『童夢(Every good boy deserves favour)』も聞いてみようと思います。

私が選ぶアルバムを間違えたのでしょうね、彼らはアルバムによって曲調が変わるとどこかに書いてありました。やはりベスト盤が無難だったようです。その前に『童夢』を聴いてみなきゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/1245511

この記事へのトラックバック一覧です: ■The Moody Blues:

« ■うんぐぁ_昨日書き損なった分 | トップページ | ■江戸川乱歩展 »