フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■私の愛聴盤 | トップページ | ■WOWOWのデコーダーが »

2004.06.02

■Le Orme

フェローナとソローナの伝説『Felona E Sorona』(1973)

最近何かとよく聴くのがこのアルバム。
PFM『Chocolate Kings』、『Asia』、Caravan『In the Land of Grey and Pink』…どのアルバムを聞いても、その間にはレ・オルメをかける。
このバンドの他のアルバムはたいして印象に残らなかったけど、このアルバムだけは何故か何度も聴いてしまう。

やっぱ大げさな所がいいのかな?

最初に聴いた時、イントロが「日本のプログレバンドにこんな感じの曲があったなぁ」と思った。イタリアのバンドらしく曲調が様々と変化し、抑えた感じのヴォーカルも夢見るようでいい。

会社で電卓を叩いていたら、ふと頭に「Sospesi nell'incredibile」が浮かんで来た。家に帰ってそうそう、また聴きまくっている。

« ■私の愛聴盤 | トップページ | ■WOWOWのデコーダーが »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

これ、私も好きです。イタリアンロックも。
イギリスのロックとはまた異なる、ヨーロッパ的な感じが何とも言えないですね。

音楽はすきなんですけど、このジャケット苦手なんですよ。写真を多少修整しました。
「大げさ」と書いたのですが、本当は「クサイ」と書きたかったのです。ワザとらしい、大仰ですね。でも言葉を変えるとドラマチックで気に入ってます。

フェローナ&ソローナですか。彼らの名作ですね。私はこれ持ってませんが、何故かUomo di Pezza, Contrappunti, Verita nascosteの3枚持ってます。Uomo di Pezzaのライナーではたかみひろしさんが「これを聴いたピーター・ハミルは、カリスマ・レーベルへ彼らを紹介し、全編の英訳詩を担当し、英語ヴァージョンを創った。」と書いてます。

『包帯の男』ですね、今聴いてます。そして初めてライナーを読みました。英語の方も聴いてみようかなと思うのですが、まずはこのアルバムを気に入らなくては…
今でも現役というところが素晴らしい(HPで初めて知りました)。音楽を聴くのは好きなのですが、あまり知識が無くて恥ずかしいです。色々教えてくださいね。

今でも現役とは知りませんでした。しかも公式HPがあるなんて・・・(イタリア語なので全然わかりませんが、(^^;)

当方のブログでも近々コレクションを紹介したいと思ってます。こちらこそよろしくお願いします。

現役なら来日をする可能性もありますね、楽しみです。
コレクション期待してますよ。1000枚以上保有とのこと、私が持っているアルバムと重複していてもおかしくないですね。
よく音楽評論家が自宅で雑誌のインタビューを受けていたりすると、背景は壁一面のアルバムというのを見ますが「しかし、」さんの自宅もそんな感じなのでしょうか。

イタリアンプログレ良いですね。
PFMが一番好きですが、他にも好きなバンドが
たくさんあります。最近プログレ関係のブログを
始めました。是非いらして下さい。

>francofrehleyさん
お越しいただきありがとうございます。
プログレがお好きとはうれしいです。私の周りに誰一人として聴く人がいなかったので、こんなにプログレを聴く人達がいるとは…世の中広いですね。私もPFMが好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/695342

この記事へのトラックバック一覧です: ■Le Orme:

« ■私の愛聴盤 | トップページ | ■WOWOWのデコーダーが »