フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■未知との遭遇 | トップページ | ■Cowboys International »

2004.06.29

■King Crimson_Beat Box内訳

キング・クリムゾンは活動歴が長いので、1st~9thまでを第1期で、この3枚が第2期というらしい。じゃ、今は何と言っているんだろう? 第1期内には前期やら中期やらもあるみたい。

そしてこの3枚は特に不人気だそうだ…分かる気がする。『クリムゾン・キングの宮殿』や『レッド』の衝撃はどこに行ったんじゃい!

ディシプリンビートスリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアー
Dicipline
(1981)
Beat
(1982)
Three of a Perfect Pair
(1984)

だいたい1曲目に「エレファント・トーク」を持ってくるかい、オイオイと突っ込みたくなるわ。確かに印象的ではあるんだけど、この曲を聴くと全然雰囲気は違うけどYESの「クジラに愛を」を連想する。
「セラ・ハン・ジンジート」を聴いた時もアフリカ音楽にでも傾倒してるのかな~。当時はエイドリアン・ブリューが入ったお陰でクリムゾンがトーキング・ヘッズのようになっちゃった、と思った。
そして「ザ・キング・クリムゾン・バーバー・ショップ」は私のクリムゾンじゃない…と思った。
ま、全体的にフリージャズとは違う複雑なリズムでインダストリアル・ミュージックに近かったりもする。

だけど、好きな曲もある「フレイム・バイ・フレイム」「待ってください」「ハートビート」「スリープレス」…。うっ、こ、これは『ザ・コンパクト・キング・クリムゾン』に収録されている曲ばかりじゃん。
ザ・コンパクト・キング・クリムゾン
『The Compact King Crimson』(1991)

好きな曲満載のお得なベストアルバムは『新世代への啓示』
新世代への啓示 image260.jpg
『The Young Persons' Guide to King Crimson』(1976)
これの裏ジャケイラストが好きなのよね。

来月は絶対「太陽と戦慄 BOX」を手に入れるゾ!

« ■未知との遭遇 | トップページ | ■Cowboys International »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

バーバーショップは、ベースのトニー・レヴィンが作った曲で、ステージの演奏を提案してロバート・フリップに拒否されたという噂が...

噂だとしても、コンサート(行った事はないけど)で演奏されたら耳をふさぎたくなるでしょう。
クリムゾンらしく、ヒネリが効いていたら良かったのに~
この曲が好きだという人がいたら「あなたクリムゾンファンでは無いわね」と疑いたくなります。

これほどのファンだったんですね。
ビックリ!

まぁ、俺も人生の1曲って言われれば「21世紀の・・・」だけどさ。

俺もBOX買おうかなぁ・・・
でも今月はマイク・タイソンのDVDボックス買っちゃったからなぁ・・・

どうも最近はクルマ用のCDしか買ってない。
実はさっきTVで宣伝してた、アホな50年代ロックのベストCDが欲しくなってる。

うーーーむ、人生最高のバンド、King Crimsonのボックスを買うや否やと迷う週末。

クリムゾンで一番好きなのは最初に耳にした「エピタフ」です。でも、いまだにBOXが買えなくて、カセットテープのままのアルバムが多いです、情けない。
プログレ五大バンドで一番好きなのはクリムゾン、次はイエスという感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/862659

この記事へのトラックバック一覧です: ■King Crimson_Beat Box内訳:

» クリムゾン・キングの宮殿  キング・クリムゾン [雨の日の日曜日は・・・]
私の場合、10代の頃、過剰なエネルギーを持て余して聞いていた音楽がいわゆるハード [続きを読む]

« ■未知との遭遇 | トップページ | ■Cowboys International »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ