フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■英国ロックの深い森 1976-1990 | トップページ | ■クリムゾン・リバー2 »

2004.05.29

■英国ロックの深い森 1955-1975

Deep Forest of British Rock 1955-1975英国ロックの深い森
1955-1975
和久井光司 監修
レコード・コレクターズ増刊

1976-1990編が良かったので、書店に注文してみた。
はやる気持ちを抑えつつ自宅へ帰りページをめくると「全然知らないゾ」

マニアックすぎる…

名前は知っていても、聴いたことが無いバンドも多い。
マーク・アーモンドと言ったらソフト・セルでしょ、でもこの本では別人。ボンゾ・ドッグ・バンドってレッド・ツェペリンのドラマーのバンドではないのね。ビル・ネルソン、ニック・ロウってこんな以前から活動していのかぁ。ペンタングル、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイターに2ページさいてくれている所がうれしい。
この本を読んで久しぶりに聴いたのは“Duncan Brown

Planet Earth『Planet Earth』(1986)
彼の記事さえ目にしたことがなくて、この本で初めてグラム・ロックをやっていたと知った。
たまたまラジオで耳にした「American Heartbeat」、この曲が入っているアルバムを探すのには苦労した。悲しげな歌い方のポップスなんだけど、プログレ風フュージョン曲も作っちゃうシンガーソングライター。
すでに彼はこの世にはいないらしい、センチメンタルに浸ろう。

« ■英国ロックの深い森 1976-1990 | トップページ | ■クリムゾン・リバー2 »

音楽 1970年代」カテゴリの記事

コメント

私もこの2冊欲しくなりました。
私はソフト・セルのマーク・アーモンドが出てきた時は驚きました。なんとグループ名と同じ名前の人がいるなんて!(笑)
ジョン・メイオールのバンドにいたジョン・マークとジョニー・アーモンドが結成したユニットなので、ふたりの名前を合わせて“マーク=アーモンド”ですからね。「復活」なの良いアルバムがありました。ジャズ、ブルース、ロックが上手く融合されたグループです。
ミスター・ビッグなども同じ名前のグループが時期的にはズレているのですが同じグループがいるので紛らわしいです。

ウ~ン、さすがイルカさんは何でも知ってる!
本に載っていたミスター・ビッグは何年か前にヒットしたバンドだとばかり思っていたのですが、別なバンドだったのですね。グランジ・ロックのバンドとは違うニルヴァーナも載ってます。
チリ・ウィリ&ザ・レッド・ホット・ペッパーズなんてバンドもあったのですね。

nicoさん、こんにちは。
この2冊は私も持っています。そして私の場合は、1955-1975編の方が圧倒的に馴染みの深いアーティストが多く、ニューウェーブ編は知らないものばかり、という感じです(笑)。

ダンカン・ブラウンは私も大好きです。「Planet Earth」はLPで持ってます。ピーター・ゴドウィンとメトロというグループもやってましたね。きっとこれもお好きなタイプじゃないかと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000070A2/

>そして私の場合は、1955-1975編の方が圧倒的に馴染みの深いアーティストが多く、
尊敬してしまいます、すごい!

ダンカン・ブラウンを知っている人にやっと出会えました。メトロ聴いてみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/671748

この記事へのトラックバック一覧です: ■英国ロックの深い森 1955-1975:

« ■英国ロックの深い森 1976-1990 | トップページ | ■クリムゾン・リバー2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ