フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ペイチェック | トップページ | ■音楽好きBloggerのRing [サイト] »

2004.04.16

■洋楽オムニバス [80年代NW編]

先日も書いたように、私はオムニバスを聴いてから気に入ったバンドのアルバムを買う。ラジオでも流れなかったりするから、まずは耳で確認。

クリアー・カットClear Cut』Rough Trade 1981年
Orange Juice, This Heat, Scritti Politti…
全部いい!(Delta 5とRaincoats以外)。最初にリピートし続けたのはRobert Wyatt、人になんと言われようとも美しい曲だと私は思う。Scritti Polliti「Skank Bloc Bologna」は印象的で素晴らしいのにアルバムはどうして甘ったるいポップスなの?

ピローズ&プレイヤーズPillows & Players』Cherry Red 1982年
Monochrome Set, Tracy Thorn, Ben Watt…
どれもこれもいい!(Kevin Coyne以外)このアルバムを聴くとなんか遠くに行きたくなる、現実逃避ね。この頃のEverything But The Girlは好き。よく見たらライナーのライターはFools Mate編集長でトランス・レコード主宰でYBO2の北村昌士。

ピローズ&プレイヤーズIIPillows & Prayers 2』Cherry Red 1984年
Monochrome Set, Everything But The Girl, Felt…
寂しげ~でナチュラルなネオアコ。Eyeless In Gazaはポップで感じがよく、Mourice Deebankは美しいギターを響かせて、Janeの「It's a Fine Day」は印象的。

オールド・プレイフェローズOld Playfellows』Cherry Red 1982年
Ben Watt with Robert Wyatt, Marine Girls
心に染みる歌声、しんみりするアルバム。ベンとトレイシーはお似合いで本当に良かったと思う。だけど、Everything But The Girl最初は良かったけど、だんだん明るくなってゆき、もう私はついて行けなくなった。

Nipped In The BudNipped In The Bud』Rough Trade 1983年
Young Marble Giants, The Gist, Weekend
The Gistもいいけど、やっぱりWeekendが好き。けだるいと言うよりも憂鬱なボサノバ。

ザ・ノーマル・ノイズ・オブ・I.R.SKROQ Presents THE NORMAL NOISE OF I.R.S.
International Records Syndicate 1984年
Go-Go's, R.E.M, The Alarm…
ロサンゼルスのインディペンデント・レーベル。DJが入っていて、ポップで明るいPunk/New Wave。この中で気に入ったのはR.E.MとLet's Active。

インタストリアル・レコード・ストーリーThe Industrial Records Story』Illuminated Records 1984年
Throbbing Gristle, Cavaret Voltaire, Clock DVA…
作家のウィリアム・バロウズの語りが入ってる。初期の何冊かしか読んでないけど、訳分かんない小説でしたね。この中で買ったのはLeer and Rental。
いつも思うんだけど、実験的な音楽とかノイズ系とかやってる人は自宅のソファでくつろぎながら「あぁ、いい曲だ」としみじみ思いながら自分のアルバムを聴くんでしょうかね?

夢物語Lonely Is An Eyesore』4AD 1987年
Colourbox, This Motal Coil, Cocteau Twins…
そりゃもう陰鬱な世界。オーストラリアって明るいイメージなんだけど、Dead Can Danceはどうしてこんなにも暗いんでしょうね、ダ~イスキ。映画「薔薇の名前」とかウルトラQのオープニングのイメージで。

Doing It For The KidsDoing It For The Kids』Creation 1988年
Felt, Primal Scream, My Bloody Valentine…
全体的に暗めで未完成なネオアコ中心(Primal Screamもよ)。Momusが入っているから買ったつもりだけど、New Order風でがっかり。この中で気に入ったのはPacificとEmily。

Indie Top 20 Vol VIIIndie Top 20 Vol VII』Beechwood Music 1989年
Pixies, The Stone Roses, Wire…
未完成な感じがするけど、ポップでとっつきやすい。しかし、これと言って強烈な印象を与えるバンドも無く、リピートするほど聴きたくなるわけじゃない。Daniel Daxの変わりように愕然、つまんないゾ。

*   *   *

『London Beat Club』っていうシリーズもありましたね。
4AD『暗闇の舞踏会はCDで入手済み。

« ■ペイチェック | トップページ | ■音楽好きBloggerのRing [サイト] »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

Rough Trade や 4AD なんて聞いて、なんかとても懐かしくなりました。自分は、Rough Tradeの Sundays がお気に入りでした。
早速CD探して聴いちゃおう。

懐かしいです。「Clear Cut」でのOrange Juice"Simply Thrilled Honey"を聴いてから音楽人生が変わったので、このアルバムは本当に宝物でした。確かRobert WyattはB面ラストでしたよね。"At Last I'm Free"でしたでしょうか…。Momusは「Poison Boyfriend」のあたりが好きでした。

こんにちは。

僕はこういったレーベルでのコンピレーションアルバムって一枚も持っていません。ただ、EBTG好きなので紹介されていたCherry Redのものは買おうと思ったことはありました。この記事を見て、欲しくなっちゃいましたので、amazonのウィッシュリストに入れておきました。紹介有り難うございました。

みなさん、コメントありがとうございます。
“Sundays”聴いてないんですよ。当時知人にも「サンディーズ知らないの?」と言われました。その頃日本のインディーズを聴いていて、あちこちのライブに行っていた時期なので、洋楽をあまり聴かなくなっていた時期だと思います。
知人が言うほど(たった一人のNewwaveを話せる人)なので、とてもいいバンドなのでしょう、聴いてみます。

クリアー・カットのOrange Juiceいいですよね。あのヴォーカルのもやっとした声好きですよ。1枚アルバム持ってます。

あ、うっかりel Record上げるの忘れてた。『London Pavilion』のMomusが好きなんだけど、他の曲が今一つパンクっぽいと言うか、何というか。Marden HillやLoui Philippeとかロマンチックで好きでした。

>getsmart0086さん
どのアルバムなのでしょうか? Amazonで「Cherry Red」と検索したら、いっぱい欲しいバンドが出て来て困った…好きな物が多すぎるわ。

PILLOWS&PRAYERS’03(紙)を選んでみました。収録曲数が輸入盤より多かったのでお得だなと思い、これにしました。

Sundaysは僕も好きです。ボーカルのハリエットの声が、僕の心を揺さぶってくれます。

Pillow~紙ジャケ版は1に2が追加された感じですね。Janeは心に残ります(好きか嫌いかは人によるけど)。
Sundaysみんな好きなんですね、これはぜひ聴かなきゃ。

「オムニバスを聴いてから気に入ったバンドのアルバムを買う」

有名だからそのバンドのアルバムを買ってみる。っていうより、やっぱそれのほうが良いですよね?オムバスってけっこう安いし。
ぜったい得ですよね!?

なんか、どっちを買えばいいか迷ってたらこんな言葉に出会えたのでホっとしたんで書き込んでみました。ありがとうございます。

あ、でも今の時代アーティストごとに何曲か
ダウンロードできたりするんですよね~うーん

ラグラグさん、いらっしゃいませ

私の好きな音楽はどちらかと言うと無名バンドだったりします。ラジオでなかなか流れないので、とりあえずオムニバスで聴いてみて、好みだったらバンドのアルバムを買います。

自分好みの音楽を探しているとき、雑誌の批評を読んでアルバムを買ってもハズレの時がよくあるので、オムニバスで一曲聴いて好みかどうか判断するという感じです。

有名なバンドはヒット曲だけ良くて、アルバム全体が良いとは限らないので、オムニバスで充分な時があります。そしてオムニバスで思わぬ拾い物バンドがある時があります(忘れてしまっていた曲とか、目当てのバンド以上の好みのバンドを見つけたり)。

ヒット曲だけピンポイントでダウンロードもいいですが、色々なバンドを聴いて音楽の幅を広げたい時はオムニバスが便利だと思います。

『Pillows & Players』Cherry Red 1982年の記事を読ませていただいてライナーが北村さんだと知り、ずーとそれと同じものをさがしておりますがみつかりませんもしわかりましたらどちらから出ている盤なのか教えていただけましたら幸いです。ごめんなさい。どうぞよろしくお願いいたします。

nerineさん、コメントありがとうございます。
こちらはアナログの日本盤です。押入れの奥にしまってあるので、後日探しだして確認します。
手持ちコレクションのHPを作ろうと思っているのですが、遅々として進みませんので、ブログの更新記事としてこの盤のみ詳細を書く予定です。
もう少々お待ちくださいm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/450450

この記事へのトラックバック一覧です: ■洋楽オムニバス [80年代NW編]:

» ジェーン「IT'S A FINE DAY」 [音楽四方山話]
以前、Hello Nocoさんのブログでチェリーレッドレーベルのコンピレーション [続きを読む]

« ■ペイチェック | トップページ | ■音楽好きBloggerのRing [サイト] »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ