フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■お金にならない仕事その2 その後 | トップページ | ■Headphones Remote »

2004.04.05

■80'S全米ヒット・チャートNO.1

先日、NHK BS2「80'S全米ヒット・チャートNO.1」を見た。
ラジオが入りにくい所に引っ越したのと当時台頭して来たラップやハウス等が苦手だったせいか、90年代の洋楽がスッポリ抜けているので、80年代の方が身近に感じ、『80'S HIT』というCDを見るとつい手にとってしまう。TVではa-haやWham!、Madonna等いつもの顔ぶればかりだったけど、気になったアーティストをピックアップ。

EurythmicsRobert PalmerDire Straits
Eurythmics
当時、ツーリストからグループ名が変わって戸惑った。アニーがロボットみたい
Robert Palmer
当時、彼よりも後ろのお姉さんに憧れた
 
 
Dire Straits
未だに何故流行ったのか理解できない曲。英語圏ではないせいか?
 
The PoliceU2David Bowie
The Police U2David Bowie
いつ見てもかっこいい!

全然関係ないけど、今日ラジオを聴いていて、Janet Jackson『Just A Little While』のイントロでドキッ! 歌が始まってガッカリ…いつもの事なんだけど騙された気分になる。
イントロのギターがSweet『Love Is Like Oxygen』に似ている。

« ■お金にならない仕事その2 その後 | トップページ | ■Headphones Remote »

音楽 1980年代」カテゴリの記事

コメント

hello nicoさん、曲の紹介ありがとうございました。

僕もDire Straitsの「Money for Nothing」は何故流行ったのか分かりません。オマー・ハキムのイントロのドラムと曲がマッチしてないし、グルーブも全然違うので、何だかノリ切れない感じがします。

西洋人は、YMOの「Solid State Suvivor」にロックを感じるらしいので、やはり感覚が違うのかもしれません。

Robert Palmerの後ろのお姉ちゃん達は色気出し過ぎで、目の毒です。

見逃してしまいました...
でも、ディジタルBSでベスト・ヒット・USAを見ているから、まあいいかも。

このころのU2は良かったですね。このボウイは、チャイナガール?ポリスは、これよりもキング・オブ・ペインが好きです。

後ろで美人のおねーちゃんが踊るといえば、やっぱりロキシー・ミュージック。でも、日本ではあんまし人気無いみたいですから、クリップはかからなかったでしょうね。

うちはディジタルではないので、ベスト・ヒット・USA見れません、残念。
「レッツ・ダンス」です。ボウイ自身はこの曲が嫌いなのだそうです。私は「スターマン」が好き。

ロキシー・ミュージックはかからなかったです。『アヴァロン』『マニフェスト』とか好きだったんですけどね~。

U2の「ディスコテック」を見た時は「エッ!」と思いました。やはり初期の方が好きです。

ロバート・パーカーは去年他界したそうで、知りませんでした。このMVの後ろのお姉さんに憧れて化粧したら、目の周り真っ黒のパンダになってしまいました。日本人顔ののっぺりした顔にはこういう化粧は合わないな、と自覚しました。

ダイアー・ストレイツ「マネー・フォー・ナッシング」はビーとかブーとかの音が耳に残り、曲に山がなくて聴いてていい曲と思えないんですよ。

追加:
今日、ボウイがビッテルのCMに出ていました。カッコイー!
http://www.vittel.jp/2_fun/pop_tv.html
子どもの頃、ボウイの写真の方を先に見ていたので、TV「ヤングミュージックショー(?)」で歌を聴いた時、もっとキレイな声で美しい歌を歌っているのかと思っていたので、心の中の王子様像がガラガラと音を立てて崩れました。結構ショック、でもすぐ立ち直りました。

ダイアー・ストレイツは好きです(笑)。
私はマークのぼそっとした歌い方とギターがいいんだろうな。
ノイズ系が気にならないのはやはり過去の体験からかもしれません。
言葉のような感覚に思う時もあって。
雑誌の『ポンプ』に「悲しきサルタン」をラジオで聴いていた兄弟と
アナウンサー(DJとはちょと違ってたような)の見解の違いという
のがあって、おもろかった(笑)。
「マネー・フォー・ナッシング」はモントセラト島のセッション
でもスティングもいて素敵でした。

そう、私はあの投げやりな感じの歌い方とビーブー言うギターが苦手なのです。でも、イギリスでは評価が高いそうですね。「マネー~」のレコーディングにはスティングも参加していたとか…
「悲しきサルタン」の逸話は分からないので、差し支えなかったら、詳細をお願いします。

ダイアー・ストレイツに1票!
「Love Over Gold」と云うアルバムはすんごく好きです。
淑やかに始まるシンセオーケストレーションから、随所に哀愁のギターや感涙のピアノが散りばめられています。14分の曲があっという間です。他の曲も結構ピアノ等が良いので、このバンドにしたら異質のアルバムかも。
このアルバムしか印象に残っていないけど。

ダイアー・ストレイツに2票入りましたね。
私は「悲しき~」「マネー~」くらいしか知らないので、アルバムを聴けば良さが分かる(かもしれない)という事ですね。「Love Over Gold」のサンプルを聴きましたが、歌がうまいのか下手なのか判断つかないのは同じでしたが、確かにイントロの雰囲気は良かったです。

nico様、こんばんは。
ダイアー・ストレイツ3票目入れていいスか?
「Money For Nothing」も含めて、アルバム「Brothers In Arms」は自分的には相当評価高いです。
まあ確かにノイズにまみれてるし、ふてくされたオッサン風ですけど、「Why Worry」とか意外にいい曲多いです。

HMVのサイトでダイアー・ストレイツのレビューを読んで根強い人気を感じました。レンタルCDを借りて聴いてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/401126

この記事へのトラックバック一覧です: ■80'S全米ヒット・チャートNO.1:

» David BowieのTin Machine ~ ロックが どうかしましたか?(パクってます) [”Mind Resolve”]
        ブログっていうのは、 ”WEB ” と”LOG”というコンピューター用語が合わさった言葉らしいけど 今世紀初頭の、この”流行りモノ”は日本国内にとどまらず、むしろ、 海外のユーザーの、その盛り上がり方はハンパじゃない。 例えば、今や自分でネット・バンク... [続きを読む]

« ■お金にならない仕事その2 その後 | トップページ | ■Headphones Remote »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ