フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■洋楽の中の日本語 [ヘドバとダビデ] | トップページ | ■ボウリング »

2004.03.13

■ハードディスク増設

本体    マイパラ君

ケース:星野金属 Paradox(ベアボーン)
CPU:Pentium4 1.8GB
メモリ:512MB
HDD:80GB
OS:Windows XP Home Edition
2002年3月11日製作
これに、買って来た内蔵ハードディスクをつけた。

HDD IDE    外付
MAXTOR
120GB 9,880円
チラシにあったヤツ
     外付HDD  2001年購入
40GB 28,800円
IEEE1394(iLink)だけど遅い~
ずいぶん安くなったものだ。

本体    BIOS    Windows XP
プライマリのスレーブがあいて
る。ジャンパピンをスレーブに
してフラットケーブルと電源を
カチッと音がするまで差し込む
   スイッチオン
初期画面でDeleteを
押してBIOSを起動、
HDD認識確認
   立ち上がった!

XPはFDISKしなくて済むからいいなぁ~
ディスク管理1    ディスク管理2
スタート→プログラム→
アクセサリ→管理ツール→
コンピュータの管理で、
ディスク管理を選択
取り付けたHDDがディスク1
     右クリックでフォーマットして
パーティションの分割・統合、
7つのドライブができた

さて、これからアナログ盤、カセットテープ、ビデオテープをパソコンに取り込むゾー、と思った矢先にラジカセ、カセットデッキが動かなくなった。ウォークマンもずっと前に壊れている。
カセットテープどうしよう~ヽ(´Д`)ノ

« ■洋楽の中の日本語 [ヘドバとダビデ] | トップページ | ■ボウリング »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

iMacと違って意外にゴツいウインドウズマシン!
一時期、貴重なアナログ音源だけでもMacに取り込もうとしたが、すぐにめげました。音質調整したり、曲ごとに切り分けたり大変で。

がんばってください。

やはり、そうですか。今までフリーウェアを色々使ってMP3に変換していたのですが、聴くだけならまだしも、保存版としてアルバムを残しておくなら、それなりのソフトを購入しなければダメですよね。
今のところ、TDKの「Audio Magic」が自動で切り分けてくれて、ヒスノイズもカットしてくれるらしいので考えてますけど、色々機能を追加する為に別ソフトが必要らしいので、悩んでます。
でも、アナログ盤を置いている真上の棚がもう歪んでいつ落ちてくるかわからない状態。壊れる前に実家に持っていかなくちゃ。

いや、このウインドウズマシンは、ゴツくなくて小さくてデザインもいい機械ですよ〜。なんと言っても高級な星野金属工業ですし。

最近はこの会社が流行らせた超小型マシンも増えてきましたけれどね。もっとも、小さくなっても発熱量と冷却の空気量は変わらないので、かえってうるさいようですけれど。

私も、マシンは星野のケースで組んでいます。(マックとウインドウズ両方使っています。)

マイクロタワーだったら圧迫せずに、増設が出来ると思っていたけれど、中が狭くPCIスロットにカードを挿しづらく、ケーブルがからまってます。
G3やG4は中が広くてシンプルで良かったなぁ~とつくづく思っています(中身の割りにケースが大きかった)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/294645

この記事へのトラックバック一覧です: ■ハードディスク増設:

« ■洋楽の中の日本語 [ヘドバとダビデ] | トップページ | ■ボウリング »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ