フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■THE PALE FOUNTAINS | トップページ | ■ハードディスク増設 »

2004.03.11

■洋楽の中の日本語 [ヘドバとダビデ]

先週の金曜に用事があって出かけた際、何故か手には朝見たチラシがしっかり。ビックカメラでハードディスクが安く、つい買ってしまった。この機会にとデータの整理をしていたら、同じデータが3つも4つも…小心者なので、消えるのが怖くてたくさんコピーを保存してしまうのよ~
今日はもう消える心配の無いようにCD-Rに焼く作業していて、暇だったのでCDを聴きながら横になって音楽雑誌を読んでいた。まるで子供の頃のよう…
実家にヘドバとダビデ「ナオミの夢」というレコードがあり、音楽を聴きながら考えた「洋楽で日本語が入ってるのってナンダ?」

バッド・フィンガー「ノウ・ワン・ノウズ」
 ♪誰も知らな~い、知らな~い、なんて素晴らしいんでしょ~

ブルー・オイスター・カルト「ゴジラ」
  臨時ニュースを申し上げます。ゴジラが銀座方面に

クイーン「手をとりあって」
 ♪手をと~りあって、このま~ま行こ~

クラフトワーク「電卓」
 ♪僕はオンガクカ、電卓カタテニ

キング・クリムゾン「待ってください」
 ♪待って~く~ださ~い

スリッツの「大地の音」の日本語バージョンを最近ラジオで聴いた。
誰かの歌で「とうきよ~ とうきよ~ I Love You」とかいうのがあったなぁ。タイトルは「Tokyo」なんだけど、バンド名忘れちゃった…

« ■THE PALE FOUNTAINS | トップページ | ■ハードディスク増設 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ビーチ・ボーイズの「思い出のスマ浜」
「すまはぁまぁ・・・」その後が出ない。
それからディス・モータル・コイル「死んだ女の子の歌」(CDが
ちょっと行方不明)「私は裸、いつも孤独・・・」
あと、マーク・ゴールデンバークの『鞄を持った男』の中に
ちらっと出てくる曲があったんですよねー。
「私の名前が」とかゆってた気がするんだけど・・・定かではな
い。

デヴィッドボウイの「Let's dance」か「Never let me down」のどちらか忘れたんですけど、日本盤にボーナストラックで入っていたような気がします。

あれっ、結構たくさん日本語使われてるのね。
洋楽CDが売れないらしいから、オムニバスで「日本語で歌われている洋楽」アルバム作ったら売れるカモ?

ヴァレンシアが「タンゴはたまらん。ほんまにたまらん。」と大阪弁で歌っています…

こういうのは空耳?
お邪魔しました!

ベン・フォールズ・ファイブの「Song For The Dumped」の日本語版「金返せ」も良いですよ。

これまで挙がっている中では、個人的にはhello nicoさんが書かれていたクラフトワークの「電卓」が好きかな。

>cupieさん
this motal coil『blood』の「Bitter」ですね。
 ~私たちには成すすべも無い 夢の無い夢
   私たちは裸 いつも孤独

>モコマキさん
一瞬、信じてしまいましたよ~

>getsmart0086さん
「金返せ」聴きたい! 王様のノリですね。

>getsmart0086さん
>「金返せ」聴きたい! 王様のノリですね。

確か、バンドのメンバーがメジャーデビュー前に日本にいたらしく、その時東京の女性にひどい目に遭わされた経験があり、その体験談として「Song For The Dumped」を作ったらしいです。日本版のアルバムを作るにあたって、歌詞を日本語にアレンジしたバージョンも収録し、それが「金返せ」らしいです。

日本人としては、嬉しいのやら悲しいのやらって感じがします。

そういう裏話があったのですか、カナシー

確か、ベン・フォールズがFMラジオ番組に出演した時、視聴者が書いた詞に曲をつけて歌ったことがあって、好感を持ちました。

『blood』見つけて来ました。
「I COME AND STAND AT EVERY DOOR」とつながっているから
そちらかと思ってしまっていましたが「BITTER」になっていたんで
すね。「I COME・・・」の歌詞というか、詩についてネットで
話題になった事があって、長崎に住む友人も子供の頃の教科書に
載っていたと言っていました。曲の方も日本人がカヴァーしてい
た事があったようです。「LATE NIGHT」のオリジナルは
シド・バレットだと知ったのはシドを聴いてから知ったりして。
この曲も大好きです。

あ、なんかヘンな日本語↑許して(笑)。

私も一つの曲だと思っていた。

「Late Night」ホントだ~ 同じ曲だ。今まで気づかなかったよ。アルバム『Syd Barrett』を持っているんだけど、「シー・エミリー・プレイ」「バイク」の雰囲気を期待して買ったらガッカリ。あんまり聴いてなかった…

こんばんは、ベタ過ぎて皆さんが紹介してない曲をひとつ。
カルチャー・クラブ「The War Song」。
「せんそーはんたーい、せんそーはんたーい」
邦題も「戦争のうた」。
時節柄、今もう一度世界中でヒットさせんといけんね。

カルチャー・クラブのアルバムは1枚くらいしか聴いた事が無いので、知りませんでした。
私も「戦争反対」です! みんなそうだと思いますけどね。ヒットさせたいですね、ラジオにリクエストしてみるとか…

「LATE NIGHT」は『MAD CAP LAUGHS』に入っていますが
素敵な曲なので機会があったら聴いてみてね。
私はシドはもう、どこを切ってもシドという感じが好きなので(笑)。
「GIGOLO AUNT」を聴くとなぜかモンティ・パイソンのノリを思い
出すの。

ええと、昨日はスタジアムでスティクスの「ミスター・ロボット」が
流れていました。「ドモアリガットミスターロボット♪」

おお、ウッカリ! ヒット曲を忘れていました。
「♪ドモアリガット ミスターロボット
  ヒミツ ウォ シリターイ ~
  with parts made in Japan~」
ロボット開発はアニメと共に世界に誇れる日本の技術となってきましたね。

「Late Night」「Gigolo Aunt」ともに『Syd Barrett』に入ってます。でも、モンティ・パイソン見たことないのよね。

ジョン・レノンも日本語で歌っているらしいけれど、私は聴いたことが無い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/288410

この記事へのトラックバック一覧です: ■洋楽の中の日本語 [ヘドバとダビデ]:

« ■THE PALE FOUNTAINS | トップページ | ■ハードディスク増設 »