フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■CLIE | トップページ | ■地下鉄への入り口 »

2004.01.26

■ドニー・ダーコ

image1b
ドニー・ダーコ』(2001)アメリカ

今日ラジオでTears For Fearsの「Mad World」が流れた。
その途端、背筋の寒気とともに思い出したのは
映画『DONNIE DARKO』

人にすすめられて見たのだが、事前の知識が全く無かった為、
“青春映画”⇒「グローイン・アップ」かよ。
“ウサギが出て来る”⇒不思議の国のアリス?

変なタイトルだなと思ったけど、とりあえず見てみた。
最初の飛行機のエンジンが落ちる所からひきつけられた。
17歳の少年ドニー・ダーコに、ウサギが告げる
「世界の終りまで、あと28日と6時間42分12秒」
そして破壊と混乱が少年に訪れる…

悲しい映画、でも涙は出ない。
私の好みは偏っているので、人にすすめられる物は別な世界がひらくかもしれないと、とりあえず見ている。苦痛な物が多いけれど、趣味さえ合えば素晴らしい。大好き、この映画。

« ■CLIE | トップページ | ■地下鉄への入り口 »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

この映画見てみたいです。知らなかったなあ。
リンクされていたサイトの緊張感走る音もたまらない。
上司は一定の音がずっと鳴るのはダメでCT(でしたっけ)は
ダメだと言ってたのですが、んーもしかして大丈夫かなと
思っていたり。
音楽も好きな曲が流れていますね。
気にかけておこうっと。

>CT(でしたっけ)はダメだと言ってたのですが、
何ですか?
私も連続する音(ノイズ)苦手です。耳障りなのと、ホラーなゲーム(バイオハザード、サイレントヒル)を思い出して怖くなってしまう。でも、相反するけどそういう音楽(Swell Mapsとか)を聴いてしまう。
ドニー・ダーコの日本サイト
http://www.donnie.jp/
この映画は賛否両論のようで、分かりやすい映画が好みの方は全然ダメなようです。一応、私の好みは偏っているので他の人にはおすすめしませんヨ。

あ、頭部のCTスキャンではなくて身体全体のMRIですね。
暗い閉所で一定の音が続くのはなかりしんどいようです。
私がわりと平気なのはやはり大昔の実家に工場があったのが
大きいような気がします。
そうそう、日本語のサイトものぞいて挙げられていた
『メメント』がやはり気になっていた映画だったのですが・・・
ご覧になりましたか??

お久しぶりです。
「DONNIE DARKO」、は自分の趣味に合いそうな感じがするので見てみたいな、と思いました。
ちょうど、同じ時期にblogを始めたみたいなので、「hello nico world」には親近感を感じたりしています。(^^)

>MRI
ノイズのある狭い所でじっとしてなければならないのはつらそうですね。うちは海沿いで曇りの日に霞がかかります。その中から工事の音が断続的に鳴り響くと「サイレントヒル」の世界で怖い。でも、このゲームのオープニングが大好きで映画になるのが楽しみ♪

「Donnie Darko」は破壊と書いたのですが、本当は別な表現をしたかった。でも、ネタバレになるのでやめました。

「メメント」は現在が過去という具合で頭の中を総動員、最後まで緊張して見ましたが、期待していただけに結末に納得がいかなかった~。「逃亡者」のように片腕の男を期待してはいけませんよ。目新しい手法の映画ではあります。

やっと、ドニーダーコを見つけて借りてみました。
素直に面白い映画でした。
意外とあっさりと見れました。
面白いストーリーだし、展開も早いし、媚びてない感じも良いですね。
そうなっちゃうんだ!?
って、いうエンディングもGOODです!

北斗の拳でしたね。
もう一度見ると違う見方になるそうです。
「Mad World」を聴きたくてCDを買ったのですが、違うバージョンでがっかり。
やはり「ドニーダーコ」のサントラじゃなきゃ、あの曲は聴けないみたいです。また「ドニーダーコ」が見たくなったのですが、あいにくビデオを消してしまった。DVD買おうか悩んでます(あ~無駄遣い)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/138371

この記事へのトラックバック一覧です: ■ドニー・ダーコ:

» 映画鑑賞感想文『ドニー・ダーコ』 ドリュー・バリモアお誕生日おめでとう! [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『Donnie Darko』を観たよ。 監督はリチャード・ケリー、製作総指揮はさるおが大好きなドリュー・バリモア。 出演は、ジェイク・ギレンホール... [続きを読む]

« ■CLIE | トップページ | ■地下鉄への入り口 »